2004年10月16日

初めて開放感を味わった

あちこちのサイト関連で既にご存知の方もいると思いますが
ここ2ヶ月くらいずーっとやっていたミックス作業が遂に一段落しました。

これまで曲を作っていたときは、最後の2mixに落とし終わったとき
必ず「やったー」という気分があり、一仕事終えたぞ、という充実感があり
開放感があったものでした。しかし今年になってそれがまったくない。
いくつも仕上げているにもかかわらずです。
その原因は、自分が最終ミックスにまったく満足していない、
ということから来ていたのでした。
確かに船橋時代とは環境は変わりましたよ。
でも今の場所では既に「ToME」のリミックス&リマスター版を仕上げています。
アレには不満はありません。
じゃあなんで今回は何度やっても満足できなかったんだろう。

まず今回からフルでHDDレコーディングですね。
楽器によってはまったくアナログが介在しないものもある。
つまり楽器の音自体の周波数レンジというかダイナミックレンジが
今までのアナログ介在とは比べ物にならないのです。
あとは、今までのモノマルチからステレオマルチに替わった。
つまり各楽器の音をステレオで録音できるようになってしまった。
それでPANの配置とか良く判らなくなってしまった。
楽器同士のバランスとか各楽器の音色とか、どうすれば良いのか
なかなかつかめなかった。
そんなところが原因じゃないかと思います。

あとは常に至近距離で轟音を発しているパワーMacG4のファン!
これがやかましいんだよ!
ちょうど良い感じの低音の周波数域と被ってるんだよね。
で、Bassとかが聴こえにくいわけさ。

そんなこともありーで、なかなかこれだというところにたどり着けず
何ヶ月も悩んでいたものと思われます。

で、なんとか昨日、それが
「これならいいか」といえる部分までできたのですね。

これは以前からそうなんだけど、必ずしも完璧に仕上がったわけではないんだ。
でも、満足できるレベルってのがあるわけ。
満足していないときは「これ、なんか変だね」と言われると超凹むわけだが
満足した場合は「なんか変じゃない?」と言われても「そうね」と言える。
つまり「それは知っているよ、折込済みなんだよ」って感じになるわけです。
余裕ができると言うか。

とうわけで、やっと次へと繋げるラインができたってとこかな。
今あるところでDLサービスしてますけど
近日中にネットラジオのストリーミングでも流しますので
是非聴いてください。
もちろんお知らせはここでね。楽しみにしていてくださいませ。

| | コメント (0)

2004年9月11日

To ME

To MEサンプルCDRの増産作業で久々に聴くことになったので、
ついでに最近の新曲を続けて聴いてみた。
新曲だけ聴いてると、どうしても分析モードで聴いてしまって
粗ばかりが目立ち、凹みまくりなのだが
続けて聴くと、耳がちゃんとリスニングモードで聴いてくれて
新曲もなかなか楽しんで聴けたので、まぁまぁ安心したところだ。

とはいうものの、まだまだ世界を構築してるって感じではないなあ。
何かが足りない感じがするのである。

HDDレコーディングになってから実際の音が完成するまで
ちょっと時間が掛かりすぎたかも知れない、とか反省することもあるのだが
やっぱりこうしてみると、音作りは難しいのだ。
前のマルチ 8トラック時代の音が凄く馴染んでただけに
今回のなんだか良く判らない違和感は、原因がつかめず気持ち悪い。

それにしても「冷たい夏」の再構築は素晴らしいね。
マルチからMacに移動して、おんなじ音空間を再構築したんだよな。
あれをやらなかったら、HDDレコーディングのこととか
全然判らなかっただろう。やった甲斐があったわ。

僕の作る音空間の印象のほとんどは
実はMP5の音なんじゃないかと思ってる。
あれの空間エフェクト系(ディレイとかリバーブ)の音というか
広がりって独特だから。多分に頼ってた部分は大きいね。

どっちにしろ、Mac内部エフェクトは
CPUパワーが足りないので多用することができない。
だから外部のMP5にセンドしたほうが
スペック的にもやさしいような気はするんだがな。

まぁ、俺的スペクターサウンドはMP5だったということかもしれない。
まんま「ゴールドスタースタジオ」というユーザーセッティングも入ってるし。
関係ないけど「ヘッドリー・グレインジ」というセッティングも作ってあるんだよな。
これは Zeppelin がレコーディングで使った、お城の大広間の音だ。

MP5は電池切れという大事件を過去起こしたことがあって
未来永劫信頼できるって機材でもないんだが、
まー次の電池切れの日が来るまでは、
使ってみても良いかも知れないな。

| | コメント (0)

2004年8月27日

再起動

新しい曲の Bass の録音が今朝の作業ですべて終わった。

どの曲もそうなんだけど
自分の曲の録音でいちばんヤマなのは
Vocal と、この Bass なのだ。
どっちも自分の期待するレベルがとてつもなく高いので
プレイバックを聞くと、とてつもなく落ち込む。
ヘタクソにもほどがあるよな、と。
特に録音した当日だと耳が疲れてるからね。
何度聞いても酷いプレイにしか聴こえないんだな。

かといって、いつまでも
これにこだわっているわけには行かない。
それでは先に進まないからだ。
なので、これの借りは次以降の曲の録音で返すしかない。

日々どん底の連続よ。もう。良いことなんてひとつもないね。
本当に最高だと思うのは出来上がったときの一瞬だけ。
その為に生きている。

もう歩き始めてしまったから
目的地にたどり着くまで歩き続けるしかないってことね。

とりあえず、気分を冷ますために旅に出てこよう。
ホントの旅じゃないけどね。ちらっと近郊散策。

で、とりあえず頭と身体を再起動。

| | コメント (0)

2004年7月 7日

テイクの選択

自分自身で歌を録音するときに
いちばん苦労するのがこれなんだね。
テイクの選択。

上手く録れたときは、歌っていても
「あ。これOKだ」とわかるのだが
どれも一長一短な場合、誰かに
選択を委ねなくてはならない。

その「誰か」ってのは、誰でしょう。
それは数日後の自分自身だ。
一人でやってるので、これはしょうがないのだ。
誰も良いとか悪いとか言ってくれない。
そんな甘いもんじゃないのだ。
自分の歌のテイクのジャッジを自分が行う。
自分で自分を切り捨てていくんだ。
どんなに可愛くてもダメなものはダメ。

どれも一長一短で決められなかった場合
同じラインを二回歌って両方残す。
で、メインと思われるほう(使える部分が多いほう)の
トラックを OKテイクのトラックにして
使えなかった部分に、別テイクの同じ箇所の
使える部品を貼り付けていく。

アナログ時代には、この作業は
その部分だけの録り直しとか
リミックス時の選択で対処してた。
HDDレコーディングではコピペできるから
あらかじめ数テイク録っておいて
あとからファイルを並べ替えられる。
だから、ずいぶん楽ですね。面倒だけど。

もちろん一発オーケー!なら、編集の必要も無いし
それに越したことは無いのだが、一人でやっていて、
それはちょっとかなり無謀ですね。
素直に、任せられる部分は任せたほうが良いと思う。
その為の「コンピューター」なんだからな。

というわけで
その並べ替え作業がだいたい終わった。
録ったばかりの時は、いろんな声が入り乱れていて
聴いていても「これ、大丈夫か??」ってな感じだったが
ちゃんと取捨選択が済み整理されると
「おーーーー」って感じに曲が甦る。

デモからここに来るまでの間が長いんだよね。
デモは人に聴かせられるが、その後の途中段階は
とてもじゃないが聴かせられるものではない。
で、やっと聞かせられるくらいになってくるのが
この辺なんだ。
ここでやっと「ふぅ〜」っと一息つけるわけ。

あと残っている作業は、前に書いた
キーボード系のオーヴァーダブと、その後の最終ミックス。
いよいよ佳境となるわけです。

| | コメント (0)

2004年6月20日

コーラス 追加録音終了

というわけで終わりました。
これで、一応だけど
考えられる全ての声の録音が終了。

あとからまた追加することもあるかもしれないけど
とりあえずは、しばらく声を出すことはないと思います。

やはり一昨日の計画は無謀だったのか、
後半は、かなり端折ってた様子がある。
今日聴き直してみると
本当はもっと歌わなきゃいけないのに
無きゃ無いでも良い、というパートは
録らずに済ませたりしてたね。
それは、面倒くさかったというよりは
あまりにもたくさんのパートをいっぺんに録ったため
そこまで気が廻らなかったものと思われます。
要するに、気分的&のど的に
「歌はおなかいっぱい」モードだったんでしょうね。
だから、自然に「もういいや」となっていた、と。


今日の追加分は痒いところに手が届くような
絶妙なフォローパートとなった模様。
一昨日は無理だと思ってやめた超ハイトーンパートも
今日はあえてチャレンジャーとなって歌いました。
これは、この後に歌う予定が無いからできることだねぇ。
だから限界音出した。超音波だわ、これ。
頭の血管切れそうだったもん。危ない。
出来るのは今だけだな。たぶん。

で、しっかりバックアップとって
明日からは編集作業です。
それが暫定的に整理されたあと
いよいよ白玉系装飾楽器のオーヴァーダブに移る。
つまり、オルガンとかそんな楽器を入れるわけです。

これも本職じゃない私にとっては重労働。
キーボード系の伸ばす音って
センスとかが、もろに出るからなぁ。
ヴォイッシングや音色の選択センスですね。

来るその日のためにいろいろ予習をしておこう。

| | コメント (0)

2004年6月19日

Vocal 録音のキモ

昨日は一日中ハモリを録音していました。

以前にもどこかで書いたんだけど
リードヴォーカルを録ってるときは
だんだん身体がへたってくるのに対して
コーラスを録音しているときは逆に
歌えば歌うほど声が出てきて、
だんだん冴えてくるというのが不思議であるな。

始めの予定では
昨日一日でハモリの全てを録ってしまおうという
いささか無謀な計画だったんだけども
ほぼそれは達成されたといってもいいかな。
ともかく、朝10時から夕方4時まで
休憩挟みながらではあるけど、歌い続けたんだよ。
着ていたシャツとか汗だくだったもんな。
これは持久戦というか、体育会系であるな。
腹筋とかも使うから腰や腹なども痛くなる。
本当に身体が資本だわ。

さて、一応OKというところまで
考えられる全てのフレーズを録音したのだが
やはり時間を空けてプレイバックしてみると
過不足はあるもんだよね。
なんか、主旋の上に付けてるハモリが多いな、
とか、いろいろ粗が見えてくる。

これも以前とは違って
チャンネルの制限がないから
もう録れるだけ録りまくって
あとから選ぶってことが出来るわけ。
でも、慣れてないとやはり
そこに甘えてしまうところもあって
結局今回のように、どれもグッと来ない、
なんてことにもなりかねないわけで。
システムがどうあろうと、
やはり練らなきゃいけないものは
練らなきゃいけないのだなぁ。

というわけで
明日不足分を付け足すことになるな。
その後は地獄の編集作業が待っている。
地獄だけど楽しい作業。
宅録マルチトラッカーの真髄だもんな。

| | コメント (0)

2004年6月16日

歌える自分を誇りに思う

昨日も一日Vocal録り。
サビを歌い直そうかと思ってやってみたが
前回と変わらんので、ストックにした。
その後歌詞を変えたワンフレーズだけを
延々歌いなおし、テイク1000くらい(笑)やり直した。
何やってんだオレは。
まぁその前後の歌い方と合わせなきゃいけないんで
しょうがなかったんだけど。

前の機材はマルチで8chだったから大変だったけど
もうチャンネル不足に悩むことはない。
その代わり、決定が先延ばしされてしまって
無駄に時間がかかるという難点もある。
たとえばいくつもテイクを録って
どれをOKにするか決めかねている場合
全部ストックにしておいて
後から良い部分だけ繋ぐという編集が出来る。
たったワンフレーズでも実は1000テイク(笑)から
良い部分だけ抽出したもの、ってこともあるわけ。
これは時間があればいくらでも出来ることで
「これで終わり」と決定するのは自分の意思のみ。
もうチャンネルがないからこれでOKにするしかないな、
…みたいな限界とかがないからね。
だから、厳しいっちゃぁ厳しいかもね。

その後最後のサビにかぶさる
追っかけメロディを重ね録りし、
これで一応メインVocal部分は終了した。
今日はその録った部分の選択と編集。
これは一人でやる場合、日を改めないと駄目です。
耳が選べません。

明日からは待望のChorusに入ります。
これは楽しいですね。
元々バンドでずーっとハモってた人間なんで
メインにハモリを重ねるのが、
オレのキモであるといっても良い。
でもまぁ楽しいといっても
録音している間だけの話で
プレイバックすると、なんかアレなんだけどね。

今までの流れを見ても思うけど
自分は、歌えるってことで
自分自身を支えているってことが
よーく判る。
歌わなきゃいけないからこそ
節制するし、自己管理するし
体調、体力、全てその為に調整されているわけ。
風邪とか引けないわけだし。
歌わなくていいなら、もっと
遊び三昧、放蕩三昧、不摂生三昧でしょう。
楽しそうな毎日だなぁ。

今の自分は、自分が歌手であるという自負や
自己暗示(笑)が支えていると言ってもいいのだ。
こんな自分でも、それがあるおかげで
今までどれだけ救われたか、助けられたか。
すばらしいことだねぇ。感謝しないとね。
誰に?親とか神にですかね。
まぁ誰でもいいけど。ありがとう!

|

2004年6月13日

The Lost 木曜日?

いやー。木曜日。すごかった。
なんだろなって感じで
最悪の事態の連続技だった。
さすがに凹んだけどね。
まぁーこれが今年一番ヒドイ日だと思えば
これ以降はこれほど落ち込まないだろうということで。


さて。
昨日今日とVocalの録音をしたわけだが
OKなのかNGなのか、どうも良く判らないのだ。
録音した直後は、とかくなんでもわからないものなのだが
全てを自分で判断しなきゃいけないのはなかなか辛いものだ。
前に清原に例えたけども、
今回もそれに準えるとするならば
まぁなんとか抜けて三塁打くらいって感じだろうか。


僕の曲はメロディラインが難しいといわれる。
自分でもわかってるんです。これ。
でもな。ついつい動きまくってしまう。
作るときは仮歌とか鼻歌でしょ。
だから平気なんだけど、
本チャンはしっかり歌わなきゃいけないから
大変なんだ、これが。
作曲家が別に居て俺が歌うだけの歌手だったとしたら
「こんなの歌えねえよっ!」と切れてしまうだろう。
でもな。相手は自分だから。
こないだも書いたけど、自分の挑戦に
自分が応えて勝たなきゃならないわけさ。
ピッチャーの自分が投げた球を
自分が打ち返さなきゃならないみたいなもん。

だからこそ大変だけど面白くもある。
人生、苦とかなけりゃつまらないじゃん。
老いとかにも、これからは
打ち勝っていかなきゃいけないじゃん。
声は肉体だから、必ず朽ちるんだ。
落ちる人工衛星だね。
落ちるのは止められないが
それを先伸ばすことは出来る。
その為にがんばるわけだ。
ぼーっとしてるわけにはいかんのだ。

よしゃっと。

|

2004年6月 6日

SansAmp

ギターも Bassも同じ経路から
ライン録音するので、両方 Sansampという
アンプシミュレータを通して録音されます。
当たり前だけどBassとギターのセッティングが違うから
双方の楽器を交互に録音したりするのは
セッティング変えるの面倒なのでできれば避けたい。
ので、過密スケジュールになる、と。

実は同じ会社(Tech 21 NYC)から出ている
Bass用のもあるんだけど、
結局買わないまま10年過ぎてしまった。
まぁこれからは Macのプラグインを
使うようになるかもしれないし。
要らないんじゃないかなという気もする。
便利なら買うかもね。

弦楽器の録音は大変だけどやっぱり楽しい。
ヘタクソだけど。
バンドっぽい楽しさが残ってる部分だからかな。
なんでも一人でやってしまうポールや
トッドラングレンのことをあまり良く思わない人もいるけど
かっこよくできるのなら、全然OKだと思う。
これは一人バンドなのだ。

てなわけで弦楽器 Days は、ひとまず終了。
これから Vocalの録音に入ります。
これは自分との戦いなんだわ。
バッターボックスに入る清原みたいな気分です。
まだ俺は打てるか、
あのボールを打ち返せるのか、
それは遠くまで飛ぶのか、
すべて賭けでもあるし、戦いでもある。
自分自身との勝負。
メロを作った自分自身の期待に
自分自身が応えて
より以上のものを提供しなければならない。
こればっかりは、自分で
「出来る」と信じるしかないのだわ。

ま、ちょっと作戦を練っておこう。

| | コメント (0)

2004年6月 4日

えぴー

最近エピフォンのカジノで録音してるんだけど
いろいろいじると良い音になってくる気配ね。
これ、セミアコなので生音が大きくてね、
大きな音が出せない家録音に向いてないので
(アンプを通した音が判りづらい)
使用を避けてたんだけど、ヘッドフォンで
いろいろいじってみると
なかなか良い音がすることが判明しましてね
ああこれなら使えるわねーと思ったというわけです。

私は元ドラマーでして
ライブはピアノ弾き語りでして
ああそれなのに、DrumsとPfは打ち込みで
BassとGuitarsは弾かなきゃいけないという
なんだかネジレたことになってるんですな。
BassもGuitarsも(pfもですけど)
決して上手い訳ではないんで大変なんですけどね。
人に任せるのが嫌なんでがんばってるわけです。

録音始める前は「えーこんなのできないよぅ」
とか思うんだけど、なんとか無理やり形にするのね。
それがまた大変だけど面白くもあり。

Guitarはゾーンが広いので適度にOK出せるんだけど
Bassは人のプレイにOK出すのが難しい。
前に一度、録音で相手に何度も駄目だしして
お互い切れかかったことがあり
それ以来、たとえ下手でも自分で弾こうと思った。
邪魔にならず、しかも良いラインで、というのは
本当に難しいです。

あと思いのほか重要なのが音色なんですな。
これは練れば練るほど良くなるんで
本物のプレイヤーみたいに聞かせるのは
音色造りにかかってると言ってもいいかも。
これがまた面倒なんだわ。
音が出たらとりあえず弾きたくなっちゃうから
テストだと思ってベコベコ弾いてるうち、
それで満足ってなってしまう。
音つくりやタッチは、本当に
研究すればするほど良くなるんですね。

エレキ楽器は生楽器にはかなわない、と
以前言われたことがあって、
そのときも猛然と反論したのだけど
エレクトリックギターの繊細なタッチは
本当に素晴らしい。
研究しても損はないですって感じかな。
フレージングもね。時間が許す限り。
やればやるだけ成果が現れるものだろうな。

ポールはカジノがお気に入りのようで
彼がレコーディングで弾いてるエレクトリックギターは
多分ほとんどカジノなんじゃないかと思う。
彼のは特注でアームとかブリッジとか
換えてあるみたいだけど(左利きだし)。
今回の録音でカジノ弾き込んでみてわかったんだけど
やっぱり徐々に「あの音」になってきます。
ウキウキするよね。買ってよかったな。

しかし、あれ
けっして弾きやすいとは思わないんだけど
ポールも良く使ってたなぁ。
よほど音が好きだったんだろうか。
本来のギタリストじゃない人の耳っていう
なんか独特の視点みたいなものがあるんだろうな。
それが所謂「臭さ」である、と。
勉強になりまっする。

| | コメント (0)