2016年12月25日

ミルクセーキ 2016 楽曲大賞(的なもの)。

xmasみなさま。メリークリスマス。

さて今年も「第5回アイドル楽曲大賞2016」の季節がやって参りましたが、2016年のミルクセーキはシングルリリースがなく、アルバムだけだったので、投票はご遠慮させて頂きました。
しかし、それもなんだか年末の風物詩として味気ないので、個人的に、そのミルクセーキのアルバム「だからミルクセーキは食べ物だってば!」楽曲の中から、シングルにはなっていないアルバム曲の解説をしたいと思います!(シングル曲のコメントは一番下)


cherryその前にまずはおさらい。試聴して買えるサイトなど。

MilkShake「だからミルクセーキは食べ物だってば!」Amazon
MilkShake「だからミルクセーキは食べ物だってば!」iTunes
MilkShake「だからミルクセーキは食べ物だってば!」ハイレゾ版
MilkShake「だからミルクセーキは食べ物だってば!」そのほか定額など全部

なお、言わなくてもご存知かと思いますが、僕がすべての曲を作っていますので。笑。


★というわけで各曲の解説

♪1:OverTure~It's MilkShake! / MilkShake(Vo.SHIZUKA)
ミルクセーキを始めるにあたって、運営 SHIZUKAさんがラジオ番組をやることになったのですね。じゃあテーマソングが要るだろう、ということでササッと作ったのがこの曲でした。そして SHIZUKAさんにササッと歌ってもらい完成。演奏入り、インスト、アカペラ(Perfume風)の3種類を渡し、どれも好きに使ってくださいと言いましたところ、アカペラバージョンはライブオープニングのオーバーチュアに使おう!ということになって、今に至ります。アルバム制作の際、これを1曲目にしたいということで、編集ミックスを丁寧にやり直しました(それまでは丁寧ではなかったのかというツッコミを待つ)。
なお、演奏入りのバージョンは、長崎名物の「氷菓である」ミルクセーキをイメージして、アイスな感じのキーボードがフィーチャーされています(Qlair を意識している)。

Shinjukumilk


♪3:イジヤゼ / MilkShake
これを新曲公開したとき「コレは本当に唐川さんの曲なの??」とザワザワしたというハードなチューン。しかし私のことをよくご存知であれば、私が屈指の「LED ZEPPELIN & ジミー・ペイジ」マニアであることは自明の事実ですし「キターーーー!」的にお喜びの方も多いかと思います。
この曲のギターは自分が弾いてるのですけど、「Led Zeppelin」というよりは「カヴァデール・ペイジ」時代を意識しています。ドラムもそうですね。これは90年代サウンドなのです。これをロゥファイな70年代サウンドにするのは僕的には違ったのです。もっと突き刺さるような人工的な音にしたかったんですね。そういう攻撃的な音だから、シズカさんが書いた「長崎弁」の歌詞とのマッチングがよいのではないかと思います。
ご存じの方もいるかと思いますが、この曲は僕自身の曲に元ネタがあります(Cold But Cute 収録 Ashikei Giirl)。そちらは大阪弁のラップ風になってるのですね。それをシズカさんに渡し「この大阪弁をそのまま長崎弁に変えたらカッコいいのではないかい?内科医?小児科医?」と提案したところ、それはよい!ということになりミルクセーキの曲になりました。
なお、元ネタのバージョンにはサビがありません。なのでサビを新たに作りました。そのモチーフもカシミール(Led Zeppelin)ですよね。カシミールと言えばハリウッド版ゴジラ。折しもシン・ゴジラ公開の2016年。タイムリーだったかと思います。

さらにもう一個、追加トリビア。実はこの「元ネタ」曲にサビを付け加えればおもしろいアイドル曲になるかも、と言ったのは、某有名アイドルグループのプロデューサーでした。その話はここでは書けないので、知りたい方は是非!僕の門前仲町ライブ にお越しくださいな!笑。(次回は2017年1月18日)


♪7:Flyaway / MilkShake ケイ Solo
作詞作曲しています。
これも僕自身の曲のカバーとなります。これで3度目くらいのリメイクじゃないかなあ。やっと「イメージ通りの」アレンジとして仕上がりまして本当に満足ですし、反響もそれを表すかのように大好評だったので本当に嬉しかった。
ケイのことについては、いくらでも言うことはあります。聴きたい方は是非、僕のライブへ(笑)。
この曲で特筆すべき点は「コーラス」です。もちろんケイ自身に全部歌ってもらいました。実は彼女から「ハモリがとても好きでカラオケなどでもよくハモってる」という話を以前聴いてたのです。まあ彼女の話を聞くまでもなく、僕自身が「ハモラー」でしたので、彼女独特の「ピッチ感」は「ハモリをやっていなければ身に付かないようなもの」だと直感的に思っていたので、それを聴いたとき「なるほど!」と思いましたよね。なので、この曲のレコーディングは「遂にケイのコーラス録りを実現できる!」という高揚感でいっぱいでした。
レコーディングの時に譜面はなかったです。その場で「こうやってみよう」「こんな感じで上に足そう」というように進めて行きました。それでもすぐ出来るはず、と確信してたからです。むしろ彼女の方からも「こういう感じ?」「これいいですね」というように、互いに構築していけるだろうと思っていました。
カバーですが、元ネタにはなかった「3回目のAメロ」が新たに付け足されています。この部分の歌詞は今回、僕が新たに描き下ろしたのです。いろんな女子が僕の曲を歌ってますけど「当て書き」って実は初めてだったかもしれない。なんか不思議な感覚だった。これについてどう思ったか、ケイには聴いてません。怖いので聴きたくないw

12370910_10207900419849482_51886271


♪9:Shi・shi・n / MilkShake
運営シズカさんから具体的に「こういう曲が欲しい」と言われて作った(はず)です。最初のバージョンはどんどん転調して上がっていったのだけど、ちょっとメンバーが歌うには無理があったので、普通に戻した。
今回の他の曲もそうだけど、シングルではなくアルバム曲、ということで、好きなことが出来た曲でした。ドラムの音は椎名林檎みたいにしたいとか、オルガンを入れてハードな歌謡曲みたいにしたいとか、そういう思いがそのまま実現できたので、いまライブとかで聴いても自分で「うわー、これカッケー」と思う曲ですw なんかこれくらいハジけてないとね、と。特に新木場の現場では感動したな。こんなかっこいい曲はないぜ、とか思ったもんなw もうこういう点は僕はいつでもスーパー自画自賛ですので。自分の曲を自分が好きじゃなくてどうする、みたいな。
サビの最後、決めのメロディはエミが歌ってます。エミの「エモーショナル」な歌唱がドンピシャでハマってます。この曲の振り付けはエミ自身が行ったのですが、ココの部分は「中森明菜さんみたいに、こう指をこうしてキメて」みたいに、レッスンのとき二人で話し合ったのを覚えてます。
中森明菜、ということで、これはつまり「マイナー歌謡」なのね。マイナー曲って意外になかなかカッコよくするのは難しいのだけど、これは成功したと思う。素晴らしいです。


riceballというわけでアルバム曲の解説。いかがだったでしょうか。
ミルクセーキも活動して3年。去年は汐留があり今年はお台場があり、いっそう飛躍できましたが、いっぽう、初期メン含む4名の卒業、という節目もありました。もちろん僕も寂しいですが「新時代ミルクセーキ」は来年もまだまだ続きます。そして、それにふさわしい新機軸楽曲もどんどん書いていく所存ですから、みなさま、是非これからも期待して待っていて頂ければ幸いです。

そして楽曲大賞、来年は上位進出を狙って再びエントリーできるよう頑張りマスク!

では!らたまいねん!

Milkshinkiba


cherry過去の楽曲大賞コメント。
*2013版
*2014版
*2015版


追伸
*「Shi・shi・n」を製作中に「ボカロP」samfreeさんの訃報が届きました。追悼の気持ちを込めて「Shi・shi・n」ギターメロ部分のコードは「ルカルカ☆ナイトフィーバー」のサビとほぼ同じ進行で作ってあります。
僕はもともと「踊ってみた」が大好きで、愛川こずえさんのルカルカも何度見たかわかりませんし、個人的にずいぶん勉強させて頂きました。ルカルカがなければミルクセーキのプロジェクトに加わることも、ひょっとしたらなかったかもしれません。改めて「本当にありがとうございました」と今ここで伝えたいと思います。

| | コメント (0)

2016年12月23日

20th Anniversary 非圧縮リマスター3部作!

Cbc2016
ミルクセーキ唐Pの原点!
cherry 20周年アニバーサリー「無圧縮 リマスターシリーズ」3タイトル完結!
ハイレゾを最大限に活かすためリミッター無しの非圧縮マスタリング!


note moraクリック♪
note e-onkyoクリック♪
note レコチョククリック♪
*試聴もできます。
*通常版も配信中です。


sunというわけで「20周年記念・リマスター」シリーズが今回のリリースで無事完結しました。
まずはおさらい。今までの2作!解説をしっかり読んで下さいね(笑)。

無圧縮ひつじSongs! 」(e-onkyo mora)。
無圧縮 to You」e-onkyo mora)。


というわけで、今回は第3弾「無圧縮 Cold But Cute」です。厳密に言うと、今回だけ20周年ではないですが、ツイッターでのアルバム告知で言ったとおり、今回は「湾岸船橋スタジオ・レコーディングの集大成」リマスターだった、ということでよいのではないかと思います。

ジャケット写真にあるとおり、当時私はホテル勤務をしていました。ドラマー&バンド活動を辞め、ホテルの仕事を毎日しながら自宅で作品を作り貯めていたのです。
同僚のホテルマンたちはみんなノリの良い人々で、とてもありがたいことに、僕のそういった活動にも興味を示してくれたので、出来た作品を「カセットアルバム」のような形で頒布するようになりました。いま振り返って考えてみても、この「同僚というリスナーが居たこと」「その彼らからのフィードバックがあったこと」というのが、実はとても重要だったなと思います。それなしではここまで作品を作り続けられたかどうかわかりません。本当に感謝します。
旧版「Cold But Cute」は、そんなホテル時代の3年間に、友人知人同僚たちに頒布した作品の中から抜粋した選曲となっているのですが、今回は、当時の頒布作品「ほぼ全曲」をボーナス・トラックとして追加収録しました。
そういうことなので、これらの追加ボーナストラックは初公開なのではなく、当時の知り合いがみんな持っていたものです。そういう意味では僕にとっても、また当時のみんなにとっても、凄く懐かしいのではないかと思います。

聴くと分かる通り、それらの中には、今となれば「習作」扱いされるべきものもあるかと思います。また、後にアレンジを流用したり、後年リリースした曲の元ネタ的な作品もあります。そういうこと含めて全てが「90年代・湾岸船橋」時代の記録だと考えたのです。

今回の最終トラックでボーナストラック「湾岸船橋 1993 Club MIx」を収録したのは、そういう理由です。当時入手したばかりのデジタル・マルチトラック・レコーダーに「ナマの雷鳴」やら「前衛的ピアノ」「フィードバックギター」などを録って遊ぶ、というのは、まさに街の外れ湾岸地域での一軒家だから出来たことで、それらの混沌としたミックスこそが、当時の湾岸船橋スタジオ風景そのものなのです。


sun20周年リマスター3部作でやりたかったこと。

そのひとつは何度も言ってますとおり、当時仕上げたままの「非圧縮マスター」を使用すること。
それプラス、当時完成させた「全てのミックス済み作品」を公開する、というのも大きな目的のひとつでした。つまり「湾岸船橋」時代の活動歴を「まるまる」リリースする、ということです。
これはどういうことかというと、いうなれば「僕の遺言」です。知人に頒布したり、レコード会社や音楽事務所に送ったり、そのように外に向けてバラバラと放ってしまった90年代の僕の曲を、全てもう一度まとめて、発信元のマスターから再放流したかった、ということなのです。こうして再リリースしてしまえば、今後は、最新でベストな状態の全作品が世界中の何処かに必ず残ることになります。僕の手元から失われたとしても、僕自身が消えたとしても、世の中の何処かには残る、それでいいのだと思ったのです。


sunまとめ

music今までの作品の詳細解説となります。
無圧縮ひつじSongs! 」解説。
無圧縮 to You」解説。


music20周年シリーズのマスタリングについて
「無圧縮」というポリシーがあったため、コンプレッサー、リミッター等は通していません。
そのため、他アーティストの曲と混ぜて聴くと、音量が小さく感じられる場合がありますが、それは当作品の仕様となります。


sun「無圧縮ひつじSongs!」を聴いた皆様からの反応まとめ!
http://togetter.com/li/976598


music非圧縮リマスターについて〜ラウドネス・ウォー(音圧戦争)とは

昨今のリマスターについて、一部から非常に批判の多い問題が一つあります。それは「音圧戦争(音圧競争とも言う)」です。

僕がこれらのアルバムを録っていた1996年当時、レコーディングやCD制作について「一般人が」出来ることは大変限られていました。全て手作業だったため、同じミックスを再現することは不可能でしたし、一度ミックスして「2MIX マスター」を作ってしまうと、それを加工することも非常に難しかったのです。せいぜい、コピー時にレベルを調整するとか、その程度しかできません。なので、例えば今のように「少々不揃いでも最後のマスタリングで綺麗に揃えればいいや」など後回しには出来なかったのです。なので、2MIX製作時に「完成版に近い状態のもの」を作らなければなりませんでした。そういう意味で、今回のアルバム曲は、全曲、マスタリングが不要なくらい、ちゃんと、あらかじめ揃えてMIXが作られているのです。
今回のリリースにあたって、それをそのまま活かしたいと。つまり、当時しっかり練って考えられていたダイナミックレンジやレベルなどを、そのまま加工せずにリリースしたいと考えました。そのまま、ということは、リマスターしない、ということです。音圧も上げず音色も加工せず。そもそも、それで大丈夫なように作ってあるのだから、余計な作業は要らないのだ、ということです。そうして「圧縮しない」マスターが、どんだけダイナミックレンジがあるのか、そこを是非、聴いて欲しいと思ったのです。

音圧がなく迫力がない、と言っても、それは同じ音量で比べるからで、普通にヴォリュームを上げていけば迫力ある音になりますし、むしろ、その強弱が豊かなダイナミックレンジや奥行ある音像に、初体験の方は新鮮な感触を覚えるかもしれません。


musicデジタル変換について

*レコーディングで使用したマルチ。→TASCAM DA88(48kHz、16bit)。
*ミックスで使用したミキサー。→MACKIE CR-1604(*Cold But CuteのみYAMAHA)。
*マスターで使用したテープ。→PCMプロセッサ(44.1kHz、16bit)。
*PCMマスターに施された「プリ・エンファシス」のDRを活かすため24bit 拡張変換。
★結果として20年目にして初の!デジタル44.1kHz、24bitハイレゾマスターが完成!

| | コメント (0)

2016年10月18日

「無圧縮 to You」20th アニバーサリー!

Toyou20thミルクセーキ唐P の原点! cherry 20周年アニバーサリー第2弾!「無圧縮 to You」リリース!初の「真性デジタル・リマスター」版。当時のオリジナルPCMマスターからデジタルデータを直接24bitトランスファー。そのマスターをハイレゾで最大限に活かすためリミッター無しの非圧縮マスタリング!幻のトラック2を復活 & ボーナストラック4曲収録!


note moraクリック♪
note e-onkyoクリック♪
note レコチョククリック♪
*試聴もできます。
*通常版も配信中です。


sunというわけで「20周年記念・リマスター版」第2弾!となります。第1弾である「無圧縮 ひつじ Songs!」と同じく、非圧縮リマスターとなっておりますので、ハイレゾ環境をお持ちの方は是非ともハイレゾでお楽しみいただきたいと思います(前回詳細記事)。

今回のアルバム「to You」の特徴としては、なんと言っても「カバーされた曲」の多さがあります。初のメジャーシングルとなった「米倉千尋 / 夢見る Blue Moon」を始め、長崎アイドル・ミルクセーキの「日曜日は大キライ!」。そしてミルクセーキの歌姫ケイの「Fly Away(Flyaway〜両者のタイトルの意味は異なります)」のオリジナルバージョンが収録されており、カバーとの比較を楽しめます。また、他にもカバーを予定している収録曲があり、「どの曲だろう?」などと期待しつつ楽しむのもありかと思います。
このように、他の人にカバーされた楽曲が多い、ということは、当時の標準的J-POPに沿った楽曲になってきたということがあるのだと思います。これは今回自分でも改めて全体を聞き返して、如実に感じたことでした。前作「ひつじ Songs!」と今回の「to You」との違いは、JPOP商業的に成り立ちうるかどうか、ということだと思ったのです。
そうなった理由として、前回の記事でも言及しましたが、「ひつじ Songs!」をきっかけに、音楽関係プロダクションやレコード会社の方々とご縁が出来て、所謂「趣味的ではない」「プロフェッショナルで的確な指南」を受けたことがかなり大きいのです。その結果として、当時のJ-POP音楽市場に於ける「商品レベルとしての楽曲完成度」というものを、かなり意識することになった、ということでしょうね。

sunもうひとつ特筆すべき点があります。それは技術的なことになりますが、前作のアルバム制作で得た「レコーディング&ミックスのノウハウ」を、当作で進化させ昇華できた、ということです。
今回のリリースでは、リリース当時カットした楽曲を、敢えて「幻のトラック2」として復活させたのですが、この「トラック2」を含めた流れでアルバムを聞くと、全体的な緊張感が、全く違ってくることに気づきました。前述したとおり、当作は楽曲レベルが揃ったため、そちらについ耳が行ってしまうのですが、楽器演奏やミックス、ということについても、その進化がハッキリと感じられるのです。そういった点は、非圧縮リマスターであることで、よりいっそう伝わるのではないかと思います。
また、僕自身の「歌のレベル」も前作と全く違うのですね。それまで「ダブルトラック(重ね録り)」中心だったヴォーカルが、今回のアルバムでは、シンプルにシングルで歌い通している曲が多くなっています。完璧に歌い倒すんだ!という僕自身の気迫がビンビン伝わってくるのです。そういった意識の高さも、アルバムの緊張感に繋がっているのではないでしょうか。

sun今回も前回と同じく、初のデジタル変換を行いました。レコーディングやミックスの進化、楽曲力の向上なども、まるで当時のようにリアルに感じることが出来ます。復活した「幻のトラック2」を始め、「The Positive Song」のドラムが入ってくる箇所など、スリリングなミックスの生々しさは、デジタル変換でなくては味わえなかったと思います。これこそ、僕が当時スピーカーから実際に聞いていた音そのものですね。素晴らしいです。

sunこのアルバムの特徴として、後半に行くにしたがってアレンジがあっさりしてくる、というのがあります。それは来たるべき「作家時代」を予感させます。アーティストとしてではなく、作曲家の楽曲ストックとしての制作、という流れに変化していくのですね。そんな90年代の終わり、そして20世紀の終わりの僕の流れを感じ取っていただければ幸いです!


music今回のマスタリングについて
「無圧縮」というポリシーがあったため、コンプレッサー、リミッター等は通していません。
そのため、他アーティストの曲と混ぜて聴くと、音量が小さく感じられる場合がありますが、それは当作品の仕様となります。


musicボーナストラック解説

sunTr.02 20年前、リリース直前に外してしまった「2曲め」を今回復活。
これを含めた「8曲収録」が本来の「to You」の姿であり、完全版となります。

sunTr.09 Positive Song のアーリーデモ。アレンジが全く違う。サビ以外のメロディも異なる。
着目点は演奏と歌とミックス。ギター&ピアノが左右に各2個ずつ&Bassが完全リンク演奏されている。

sunTr.10 Tr.2の別ミックス。当時マッキー卓でアナログミックスにも関わらず、正規ミックスとほぼ変わらない。その再現力の高さと、僕の卓越したフェーダー操作が聴きどころである(違いは間奏のみ)。
*当時どちらを使用するか迷って、結局MIX2を選んだわけですが、その後、収録そのものが没になったわけで、当時の心境を窺い知ることが出来ます。更なるブラッシュアップを試み、次作でリメイク。「等身大 Memories」として生まれ変わり、やっと満足できる完成度となりました。

sunTr.11 次作収録「エバグリ」初期デモ。サビのメロディが違うほか、全体にミックスが「to You」寄りである。

sunTr.12 2012年制作。マルチトラックのソースから DAW でリミックスした「夢見る Blue Moon 2012」。現代の技術で MIX することにより、元の録音状態がどうだったのか確認できる。また当時と現環境での、音の解像度の比較のために収録した(これのみ 48/24)。
*当時この曲のミックス中に機材が故障し、作業が途中で止まってしまいました。つまり20年前のミックスは完成ではなかったということです。それを2012年に「満を持して」やり直したということになりますね。エンディングに追加されたコーラスなど、やっと正しい完成品にすることができました。16年後のリベンジだったわけです。


musicパーソネル
sun参加メンバー / いません!全部ひとりです。
sunPhoto by ヒロヒロユキ
sunDesign by souhaku(2016)
sunDigital Transfer by pontion(2016).


sun「無圧縮ひつじSongs!」を聴いた皆様からの反応まとめ!
http://togetter.com/li/976598


music非圧縮リマスターについて〜ラウドネス・ウォー(音圧戦争)とは

昨今のリマスターについて、一部から非常に批判の多い問題が一つあります。それは「音圧戦争(音圧競争とも言う)」です。

僕がこれらのアルバムを録っていた1996年当時、レコーディングやCD制作について「一般人が」出来ることは大変限られていました。全て手作業だったため、同じミックスを再現することは不可能でしたし、一度ミックスして「2MIX マスター」を作ってしまうと、それを加工することも非常に難しかったのです。せいぜい、コピー時にレベルを調整するとか、その程度しかできません。なので、例えば今のように「少々不揃いでも最後のマスタリングで綺麗に揃えればいいや」など後回しには出来なかったのです。なので、2MIX製作時に「完成版に近い状態のもの」を作らなければなりませんでした。そういう意味で、今回のアルバム曲は、全曲、マスタリングが不要なくらい、ちゃんと、あらかじめ揃えてMIXが作られているのです。
今回のリリースにあたって、それをそのまま活かしたいと。つまり、当時しっかり練って考えられていたダイナミックレンジやレベルなどを、そのまま加工せずにリリースしたいと考えました。そのまま、ということは、リマスターしない、ということです。音圧も上げず音色も加工せず。そもそも、それで大丈夫なように作ってあるのだから、余計な作業は要らないのだ、ということです。そうして「圧縮しない」マスターが、どんだけダイナミックレンジがあるのか、そこを是非、聴いて欲しいと思ったのです。

音圧がなく迫力がない、と言っても、それは同じ音量で比べるからで、普通にヴォリュームを上げていけば迫力ある音になりますし、むしろ、その強弱が豊かなダイナミックレンジや奥行ある音像に、初体験の方は新鮮な感触を覚えるかもしれません。


music今回のデジタル変換について

*レコーディングで使用したマルチ。→TASCAM DA88(48kHz、16bit)。
*ミックスで使用したミキサー。→MACKIE CR-1604(アナログ)。
*マスターで使用したテープ。→PCMプロセッサ(44.1kHz、16bit)。
*PCMマスターに施された「プリ・エンファシス」のDRを活かすため24bit 拡張変換。
★結果として20年目にして初の!デジタル44.1kHz、24bitハイレゾマスターが完成!

| | コメント (0)

2016年4月14日

「無圧縮 ひつじ Songs!」20th アニバーサリー!

Hituji20thミルクセーキ唐P の原点! cherry 1996年リリース「ひつじ Songs」20周年アニバーサリー・バージョン遂にリリース!初の「真性デジタル・リマスター」版。当時のオリジナルPCMマスターからデジタルデータを直接24bitトランスファー。そのマスターをハイレゾで最大限に活かすためリミッター無しの非圧縮マスタリング!20年目のエンディングトラックを追加した完全版!


note moraクリック♪
note e-onkyoクリック♪
*1年間限定だったため当作の配信は終了
無圧縮のこり2タイトルはコチラ


sun10年ひと昔と申します。では20年はふた昔となるのでしょうか。そして今この記事を読んでくださっている皆様、20年後の自分、というものを想像したことがありますでしょうか。
僕の実質デビュー・アルバム「ひつじSongs!」が完成して、なんと今年で20周年となります。自分の中で「卒業制作」と位置づけて制作に入ったアルバム。ラスト2曲の「君が好きだよ Song」そして「それぞれの夏休み」がレコード会社の方々の耳に留まり、僕はメジャーで作家デビューすることができました。つまり、このアルバムがなければ、今現在、こんなことをしていない、ということになるのですね。
いま僕自身が、こんな20年後を想像できましたか?と言われると、正直わかりません。でも、作品そのものについては、今も当時も素晴らしい物を作ったという自負があります。もちろん「自分比」ですけどね。
ということで、20年経ち、もういちどシビアなリマスターを施して、当時の完成度とやらを検証してやろうじゃないか、と。そんな想いから、20年目の再リマスター、しかも「初のデジタル変換!」というスペシャル仕様でハイレゾ配信のみ!という、記念すべきリリースとなりました。


music今回のデジタル変換について

*レコーディングで使用したマルチ。→TASCAM DA88(48kHz、16bit)。
*ミックスで使用したミキサー。→MACKIE CR-1604(アナログ)。
*マスターで使用したテープ。→PCMプロセッサ(44.1kHz、16bit)。
*PCMマスターに施された「プリ・エンファシス」のDRを活かすため24bit 拡張変換(*)。
★結果として20年目にして初の!デジタル44.1kHz、24bitハイレゾマスターが完成!
(Digital Transfer by pontion.)


music今回のマスタリングについて

今回は「無圧縮」というポリシーがあったため、コンプレッサー、リミッター等は通していません。また、オリジナルの質感を活かすためイコライジングもしていない。全体的に、ピーク直前となるレベル、4デシベルだけ上げた。またフェイドアウトに問題があるトラックが幾つかあったので、そこのみ修正しています。


music20年目のエンディング曲を、ボーナストラックとして追加!
これは今回作ったものではなく、当時からすでに存在していたものです。したがってマスターも当時のものです。元々このトラックをアルバムエンディングとして予定していましたが、リリース直前になって「やっぱり蛇足ではないか」と感じ削除しました。今回はそれを「20年目の句点」として復活させ、完全版としました。


music参加している人(Thanks to)
Guitars by Umada(Tr2・Tr4・Tr7) / Chorus by Kayo(Tr7・Tr10)
Photo by ヒロヒロユキ / Design by souhaku(2016)


sun聴いた皆様からの反応をまとめました!
http://togetter.com/li/976598


noteちょっと長めのヒストリー

「ひつじ Songs!」のマスターは「PCM」という、当時でも非常に珍しいフォーマットで録られていました(業務用としてはCD用のマスタリングとして標準規格でしたが、民生用としては使っているヒトはほとんどいなかった)。
このPCMというのは、DATの前身と言える規格で、90年台にはDATにほぼ置き換えられ、僕のようなPCMを使ってる一般人は居なくなりました。つまり、これを再生できるのはもう自分だけ、という、絶滅寸前希少動物のような存在になっていたのです(僕がDATに乗り換えなかった理由はまた次の機会に)。

*参考資料
PCMプロセッサー
Wikipedia
http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/etc/pcm-501es.html


さて御存知の通り、CDやMD、そしてDATというデジタルメディア再生機には、当たり前のように「オプティカル」「コアキシャル」と言ったデジタル出力があります。これを使用すれば、古い音源だったとしても、現在でもデジタルのままパソコンなどに取り込んで劣化なしで変換ができます。
ところが、僕の使用していたPCMには、デジタルデータでありながら、デジタルアウトがついていなかったのですね。いまの常識で考えると不思議ですが、当時は、デジタル信号を出力する、という用途が日常的になかったので不必要だったのです。後々、僕の旧譜をリマスターする際に、この事実が大変なネックとなりました。
2006年、最初のリマスター版をリリースするとき、この「デジタルデータなのにデジタル変換できない」という壁にぶち当たり、マスタリングエンジニアとも方法を模索したのですが、結局、アナログで取り込むしかない、という結論になりました。というわけで、2006年リマスター(今まで売っていたもの)は、PCMを「アナログでアウトし」PCに取り込んだマスターなのです。


その後も僕は、このPCMデータのデジタル取り込みについて諦めませんでした。デジタルなんだから、デジタル出力する方法があるはずだ!という一途な思いで、方法を探り続けていました。ちょうどその頃からインターネットが盛んになり、いろんな情報が読めるようになりました。そうして日夜ネットサーフィン(死語)に励んだ結果、大変重要な情報を得ることになったのです。
それはなんと「デジタルアウトが付いているPCMの存在」でした。これは僕の持っていたPCMプロセッサの後継機種でして、民生用PCMとしては、コレが最終型でもありました。当時の僕は、そういう機種の存在をまったく知らなかった。驚くべきことでした。

*後継最終機種
http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/etc/pcm-553esd.html


さっそくこの機種についての情報を集め始め、入手可能なのか、スペックはどうなのか、などいろいろ調べていったのです。そうして情報を集めた結果、以下の様な事が分かりました。

まず、機種そのものはネットオークションなどで、必ずしも「入手困難というわけではない」こと。

もうひとつ(ココが重要!)当時のPCMシステムは「音質向上のため、録音時に「エンファシス」という加工がされ、再生時にそれをディ・エンファシス(デコードのようなもの)するという行程がある」ということ。そしてデジタルアウトを使用した場合に限り、なんと!ディ・エンファシス「されずに」アウトされる!

つまり、この後継機種を僕が入手したところで、加工された音源を「ディ・エンファシス」できる環境がなければ、元の音質のままのデジタル変換にはならない!という事がわかったのです。…こうなると途方に暮れますね。どうやら自分の手に負えるような案件ではなさそうだ、というように、一気に絶望感が大きくなってきたのでした。

それでも諦めきれず、これに関する情報はないものか、なんとか方法はないのだろうか、と引き続きネットを丹念に検索し続けたところ、とある「超マニアックなオーディオに関する掲示板」にたどり着いたのです。その掲示板の、過去10年間に渡る過去ログのなかに、なんと!PCMのデジタル変換に関する話題を発見!そして!その中の投稿者のお一人が、「ディ・エンファシス」について、それが可能な環境を持っている、と書かれていたのです!

その方の投稿にはメールアドレスが掲載されていました。10年前の掲示板。そこに記載されているメールアドレス。果たしていまも有効だろうか。しかし、もうコレしかツテがないのです。僕は一縷の希望を託して、ダメ元でそのアドレスにメールを送付しました。すると!なんと返信が!!10年前のアドレスが生きていたのです!

その方(pontionさん)は音響関係&電子回路の設計者で、なんとプロの方でした。これは心強い。お任せ出来そうだ、と一気にテンションが上りました。
pontionさんに、いままでの経緯、現在の状況や希望などを説明し、現在でもPCMデジタル変換の環境をお持ちであるなら、ご協力いただけないだろうか、とお尋ねしたところ、テープも機材も古いため保証はできないが、それでよければお請けしましょう!というお返事をいただきました。そうして遂に!20年来の「デジタル変換」という希望が叶うことになったというわけです。

このような長い紆余曲折を経て、アルバム完成から20年目の初!デジタル変換、24bitディエンファシス版が遂に完成したわけですね。


musicラウドネス・ウォー(音圧戦争)

もう一つ、今回のマスターでやってみたいことがありました。
昨今のリマスターについて、一部から非常に批判の多い問題が一つあります。それは「音圧戦争(音圧競争とも言う)」です。

僕がこのアルバムを録っていた当時、レコーディングやCD制作について「一般人が」出来ることは大変限られていました。全て手作業だったため、同じミックスを再現することは不可能でしたし、一度ミックスして「2MIX マスター」を作ってしまうと、それを加工することも非常に難しかったのです。せいぜい、コピー時にレベルを調整するとか、その程度しかできません。なので、例えば今のように「少々不揃いでも最後のマスタリングで綺麗に揃えればいいや」など後回しには出来なかったのです。なので、2MIX製作時に「完成版に近い状態のもの」を作らなければなりませんでした。そういう意味で、今回のアルバムの11曲は、全曲、マスタリングが不要なくらい、ちゃんと、あらかじめ揃えてMIXが作られているのです。
今回のリリースにあたって、それをそのまま活かしたいと。つまり、当時しっかり練って考えられていたダイナミックレンジやレベルなどを、そのまま加工せずにリリースしたいと考えました。そのまま、ということは、リマスターしない、ということです。音圧も上げず音色も加工せず。そもそも、それで大丈夫なように作ってあるのだから、余計な作業は要らないのだ、ということです。そうして「圧縮しない」マスターが、どんだけダイナミックレンジがあるのか、そこを是非、聴いて欲しいと思ったのです。

音圧がなく迫力がない、と言っても、それは同じ音量で比べるからで、普通にヴォリュームを上げていけば迫力ある音になりますし、むしろ、その強弱が豊かなダイナミックレンジや奥行ある音像に、初体験の方は新鮮な感触を覚えるかもしれません。

Karajimbeam95Karajimbeam16b
95年末のロン毛髭面写真 & 20年後の同じく記念写真w


★ということで長々語ってまいりました。シャーロック・ホームズばりの調査力と根気で、陽の目を見ることが出来た「20年目の真性リマスター」。是非とも、みなさまも味わっていただきたく存じます。そして、瑞々しい僕の作品のなかに、例えば現在の「ミルクセーキ仕事」の原点を見てみていただければとても嬉しいです!

Hunabashi96


*「プリ・エンファシス」について。
元のPCMデジタルデータに「プリ・エンファシス」という、デジタル量子化ノイズ除去の処理が施されている。今回のデジタル変換で、このデータを「ディ・エンファシス」。エンファシスによる「量子化ノイズの改善」を活かすためには下方向のbit拡張が必要になる。元の16bitのままではエンファシスのDレンジ拡大効果が100%活かされないため24bitで変換しなければならない(エンジニア pontionさんの説明より)。


sunおまけ!

「それぞれの夏休み」 コーラス overdub 1996
「ひつじ Songs」ラスト曲「それぞれの夏休み」に、KAYOと自分のコーラスを重ねていま­す。

| | コメント (0)

2007年10月23日

iTunesでアルバム・リリース!

Babybabyminijacke

ニュー・リリースのお知らせです。

アルバム「BABY BABY featuring GIRLS!」が
10月4日、iTMSよりリリースされました。

(ご購入は こちら をクリック♪)。

女性ヴォーカルの方とコラボした曲を集めたコンピレーションです。
収録曲は10曲(9トラック)。
偶然ですが、ほぼ製作順に並んでいます。

曲の解説を書いておきます。

*自由になるわ feat. yuuka
ユウカさんのVocalを録ったのは、なんと1993年です!当時は全然別なアレンジのオケに乗っていました。その時は自分の未熟さで完成できず(ユウカさんすいません)、自分の曲「真冬のエスキモー」として転用しました。でもやっぱり、やり残した仕事は悔いがずっと残るのですよ…。
どうしても完成させたかったので、Mac導入を機会にリメイクを決定。ヴォーカルはデジタル 8ch マルチ・レコーダで録ってあったので、デジタルのままMacに移動し、別なアレンジのオケを創り直して乗せました。機材試験の意味もあったので、HDDレコーディングの利点を駆使しまくりました(そういえば初回レコーディングも 8chレコーダと音源の試験かねてた気がする…)。僕も少しハモってましたが邪魔なので、ほとんど消した。アコギとグロッケンは友人W氏のロジックで重ねた。つまり、このアコギは打ち込みです。

長崎でFMの番組制作担当になった際、これのインストをテーマ曲にしました。ユウカさんのリードヴォーカルを抜いて、そのかわりピロリーナさんのスキャットを入れました。反応が良くて嬉しかったです。


*holiday feat. takumi(作詞も)
*ふたり feat. takumi(作詞も)
たくみちゃんです。これこそ女心!みたいな乙女な歌詞を付けてくれて、ほんとに素敵になりました。特に「ふたり」のほうは切々と訴える感じがキュンと来ます。ぜひ聴いてください。


*等身大メモリーズ feat. リンリンコリンズ
難しい曲ですが、独特のウィスパーヴォイスで世界観を創っていただきました。レコーディングで初めて聴いた時、凄く新鮮でした。同じ曲がこんな風に印象が変わるのだ、と。
僕のオリジナルとはメロディを1箇所変えてあります。サビに行く直前のドミナント部分、つながりやすいように2音だけ変更したのです。良くなったと思いますよ。(リンリン"SOPHIE"さん


*ドライブ feat. naho onda
タレントの恩田菜穂さんです。これも僕のオリジナルとは全然印象違います。女の人が歌うとこうなるのねえ、と…。菜穂さんは裏声の取り方が綺麗で、自分とどこか似ている部分がありました。
コーラスアレンジはビーチボーイズ風で。ギターソロは僕が弾いてます。2テイク弾いて良い方を使えばいいと思ったんだけど、2個とも使っちゃえってことになって2つのソロが同時に鳴ってます。


*くじら日和 feat. Pirolina (作詞 Pirorina)
ピロリーナさんが店長をされている鯨肉のネットショップ「くじら日和」のコピー文を、そのまま曲にしたものです。CMジングルみたいで良いです。


*BABY BABY feat. Pirolina (作詞 piro / kara)
アイドル用の仮歌として録り始めたんですけど、せっかくならこのままリリースしちゃおう、ってんで公開になりました。これの歌はものすっごく難しいです。ジェットコースターメロディです。アイドルにこういう超絶技巧な曲を歌わせる、っていうのはよくあるんですけど、これは本当に大変だったと思う。最後までちゃんと歌ってくれたピロリーナさんには、心からお礼を言いたいです。


*ひろ 3/4 feat. Pirolina (作詞 Pirolina)
派遣会社インテリジェンスのCMタイアップとなった曲です。TVで流れています(東北地区)。これはピロリーナさんとの初コラボ曲です。なので感慨もひとしおですね。創り始めた当時は、まだ僕は東京に居たので、長崎在住のピロリーナさんとのやり取りはメールや電話でした。歌詞と歌のイメージを伝えてもらって曲を付け、それを電話口で弾き語りしてOKもらったり、というように作業を進めました。アーティストの全ての萌芽は処女作にある、と言いますが、これもまさにそうだと思います。ピロリーナさんの歌詞と歌がなければ、こうなっていないのです。素晴らしいです。(シングルカットもあり)


*春のコート feat. SWAN
長崎と繋がりが出来て、他の方にも曲を書くことになりました。実はこの曲は歌う候補が3名居たんです。結果的にSWANさんになりましたが、ほかのバージョンもやってみたいですね。
SWANさんの歌い方は「遅れるほどではない絶妙なタメ」というものがあって、「え?テンポ変わったっけ?」と思ったほど、デモと表情が変わりました。癒しのシンガーと言われる理由が判ります。僕は、崩して歌うフェイク唱法が嫌いなのですが、こういうのなら逆にオススメしたいくらいです。
これの歌詞は「好きな人、というのは自分の心の傷でもあるんだ」という観点で書いた。好きな人と出会う、ということは自分の心の傷にまたひとつ気付く、ってことでもある、と。


*Flyaway with ピロリーナ
この期に及んで、僕の歌など要らないですか?でも、自分の歌がないってちょっと淋しかったので(笑)。これの解説はここに詳しく書いてますので、お時間ある方はぜひどうぞ。


以上です。


なお、現在のところiTunesオンリーの発売となっております。


そういったことも含めて、ぜひぜひみなさん、
どうかどうか買って聴いてみてください!

バラで買えますからね!150円!
ストリートミュージシャンじゃないですけど、カンパのつもりで!笑

ぜひともポチっとクリックでお願いします m(__)m


ご購入は こちら をクリック♪

(試聴できます!→BABY BABY sampler♪

|

2007年3月 2日

To ME

詳細と購入のページへ
http://itunes.apple.com/jp/album/to-me/id263632151
発売日:03.06.21  価格:¥600(税込み)

さてTo MEですが。
感想も詳細も今まで散々語って来たので語ることないです。

アルバム復活に至るまでの詳細解説。
http://homepage.mac.com/marco_/remaster2003.htm

その感想。
http://karakawa.cocolog-nifty.com/egm/2005/06/to_you__to_me__271a.html

しかし付け加えるならば。


★Ever Green MAN
いまだに人気者。もう判ったよ。認めます。はい。
良い曲ですので永遠にやり続けますから許してね笑。

★等身大 Memories
「等身大メモリー」としてりんりんさんのカバーバージョンがあります。今ストリーミングで流しています。近日他所でも公開するかもしれません。


★冷たい夏
★Drive To 1996
このふたつはビーチボーイズに対するオマージュ。元ネタはCool Cool Water と Drive In です。後者エンディングは思いっきり大瀧大先生です。その後者は「ドライブ」として恩田菜穂さんのカバーバージョンがあります。これもストリーミングで放流中。


★少年の10月
これも良い曲です。はい認めます。永遠にやり続けます。



僕の中では「祭りのあと」な雰囲気とシャッフルが多いことから、ビーチボーイズの「ワイルドハニー」みたいな位置づけですねん。つまり今だから良いと思うけど当時は半分どうでもよかった。
このアルバムは家に眠ってたデモを掘り起こしてリリースしたんですよ。だからホンのご挨拶つもりだったのです。ワイルドハニーだし。
それが評判が良いので本人もびっくりしまして、結果的にライブ活動再開に繋がるわけですよね。そして今がある。すごいことだよな。

異次元からやって来たあなたとあなたとあなたと、そしてあなた!(本人なら自分のことだと判るはず)。感謝しまくり。

| | コメント (0)

2007年3月 1日

to You

詳細と購入のページへ
http://itunes.apple.com/jp/album/to-you-1/id263633714
発売日:96.07.20  価格:¥500(税込み)

ということで次です。

前作「ひつじ Songs(このタイトルはもちろんペットサウンズを意識したのだ)」の予想以上の出来に自分でショックを受けて、特に最後の2曲、「君好き」と「夏休み」の世界から逃れられなくなってしまった。それでも曲は創り続けなくてはならなくて。しょうがないのでその2曲の世界をそのまま継承してアルバム全曲創りました。それが当時の僕にとってはあまりに重く、ということで「to YOU〜!」と聞き手に丸投げしてしまった。その反省があったから次作は「to me」 なんだよな。


★夢見る Blue Moon
極めて判りやすく影響元を提示した曲。出だしのもろビーチボーイズからサビから。展開部のナイアガラも。判りやすく創るとスタッフ受けがいいんだって知った。喜ぶのはお客さんではないんです。スタッフなんです。でもそのスタッフさんが居なければ売り出すことは出来ない。心を掴むなら身内から、です。
ということでめでたく米倉千尋さんのシングルになりました。

前から言ってるのですが、イントロのコーラスがエンディングにない理由。それはマルチレコーダDA88の不具合です。エンディングのコーラス録音途中に止まってしまった。しょうがないのでそこまでのミックスで公開したのです。エンディングで聴こえるウ〜という唄は仮歌なんです。


★The Positive Song
ここで初めて僕は完全無欠のバラードが創れたという気がしました。これの完成は以後の大きな自信になりました。
ピアノはデジピとエレピとプロフィット600をMIDIで繋いで3個同時発信させて録った。打ち込みではないです。一発鳥です。クォンタイズなし。すごい。


★Fly Away
Emuのヴィンテージキーズを買ったらメロトロンのフルートが入ってて、気持ちいいんでづっと鳴らしてたらこのアレンジができた。メロトロンなしでもバッキングはじゅうぶんキモチイイですが。不評な(笑)歌詞は少女マンガの世界を思い出して書いた。
コーラスはポールとリンダのように男女混合のつもりで譜面まで書いたのに実現できなかった。そのリベンジを去年やっと果たしたのです。
http://karakawa.cocolog-nifty.com/egm/2006/12/flyaway__822b.html


★P.S. 渚にて
それぞれの夏休みのあと、曲がまったく書けなくなってしまって。リハビリのために書いた曲ですね。この曲だけでなく、アルバム全体にいえるのだけど、言いたいことを躊躇せず言い切るようになった。だからこそあとから聴くと、こっ恥ずかしいことこの上ないけど、だからこそ唯一無二の世界を構築しているのだと思う。若さとは何にも躊躇しないこと。そんな感じですね。


★悲しみの Monica
これも元のテイクはカッコよかったのにDA88の不具合で、初期バッキングトラックは破損してしまった。もーー!リメイクしたけど二度と同じには弾けなかった。Bassとか。
まあでもじゅうぶんカッコいいです。歌詞は女の人が男に向かって言った言葉。当時よく恋愛相談を受けてて、その女性が言いたい気持ちを代弁してあげたのです。
モニカっていうのはアントニオーニの映画によく出てくるモニカ・ヴィッティのこと。つまりこの曲のテーマは愛の不毛。
ギターソロはフランジャー。Emuのモデュレーションシンセが効果的。好きな曲です。


★日曜日は大キライ!
これはカーディガンズやね。Wonder氏のテレキャス久々登場。ウィリッツァーも活躍。ストレートな曲でこれも人気あったなー。歌えないけど。歌詞は高校時代の思い出、アンド、女の子好きな男子なら誰でもあるある!と思うような経験を歌った唄です。


★Blue Planet In My Heart
みんなに言ってるんだけど、これが出来た当時、僕はこの曲は遺作にするから、とまわりに言ってた。本当に満足した。

実はマルコポールのジャケットはこの曲のイメージで撮ったんだ。つまりこの曲は当初マルコポールに入れるつもりだったって事。そう言われてみればあの写真ってこのイメージじゃないですか?

最近気付いたのだけどこの曲のAメロのコードって、ポルナレフのマリルーを意識したんだと思う。良く聴くと判ります。気付きにくいですけど。名曲。


ボーナストラック
★それぞれの夏休み 〜 海 Version(BFM提供曲)

これはDL販売のみのボーナスです。
徳島のBFMというFMラジオ局があって、昨年そこの釣りの番組のテーマ曲となりました。本来どこにも収録されてなかったんだけど、せっかくなのでこのアルバムのDLオンリーのボーナスにしました。
これをその番組のテーマ曲にしてくれたBFM山口さん。彼の熱意がそれを実現させたのですよ。すごいと思った。創り手として本望。感謝の言葉がないくらい。


ということで、同じ気持ちのまま短く走り抜けたアルバム。海岸沿いにある短いトンネルのようなアルバムですね。今回ボーナスを加えてみると、頭と最後がはからずも同じタイプの曲になって、ほんとに通り抜ける前と後みたいな感じがする。どっちも海なんだけどね。そこに居る自分の気持ちが変わったって感じ。館山とか七里ガ浜を思い出します。そして軍団のビーチ部もね。良い夏でした。ありがとう。っていうアルバム。

| | コメント (0)

2007年2月28日

ひつじ Songs!

詳細と購入のページへ
http://itunes.apple.com/jp/album/id263636741
発売日:96.02.23  価格:¥700(税込み)

ということで解説でもしてみようと思い立ったわけです。

★僕は僕らしく
海賊盤でポールの「Come And Get It」のデモを聴きました。それをハローグッドバイのエンディングみたいに派手にして、スペクターサウンドにしたらどうなるだろう、と思って創ったのがこれです。Drumは打ち込みだけど、オカズのタムは指でパッドをたたいてる。なのでこんな風にバタバタなんですね。ついでにマーチングスネアも叩いてます。4回重ねてる。
この時のレコーディングに使ったレコーダーは8トラック(DA88)。楽器数は30個くらい!ピンポンしまくり千代子ですよ。
これの歌詞も「へい獣」系。同じのの繰り返しですね。全楽器演奏は私。

★Season Of Glass
これはジョンレノンと山川恵津子さんの作風を合体した作品。個人的に大好きな曲。メロディだけならメジャーなのにコードが全部マイナーというトリックの曲。あと、イメージとしてはポリスのシンクロIIを意識した。間奏のギターはレノン風バリバリの私。エンディングのニキニキ風ソロはoRa氏。


★普通の愛について
最近こういう曲創らないから新鮮よね。普通に爽やかな曲だね。カーディガンズというか。ギターはh-wonder氏に借りたフェンダーテレきゃス。綺麗。コーラスが入ってるのでアカペラミックスも創ってあります。


★お約束の結末
このバッキングトラックはビーチボーイズのサーフズアップを意識したんだと思う。ヘビーにしたかったんだ。言いたいことを全部ぶつけた。自分が言われてるみたいで辛くなった、とある人に言われた。
最後の炸裂ギターはoRa氏やね。かっこええ。
このアルバムで一番最初に録った曲。


★少年のつぶやき
最後にアルバムとして曲を順に並べた時、「お約束の結末」があまりにもへヴィー過ぎて救われない感じがした。なのでそれを中和する曲を入れなければ、と思った。それで創った。どっちも言いたいことなんだけど、こっちはやり終わって憑き物が取れたって感じがするよね。良い対比になったと思います。
こういう系列の曲は時々作ります。「永遠のプラトニック」とか「となり」とか同系列。


★君が壊れて行くようだ
Bassのリフから発展させた曲。楽器全部やってる。打ち込みのドラムパターンがカッコいいです。山本直純氏の「新オバケのQ太郎」のテーマを参考に打ち込みました。本当です。
これの歌詞もすごいよね。理想郷なんかない。ってな。当時は相当怒ってたらしいよ。自分。


★君は君らしく
米倉千尋さんの「ストロベリーフィールズ」の元曲。プロデューサーの佐藤さんは、この曲のサビとそれ以外の部分のコード感が違う、ということにちゃんと気付いてて(僕もそれを意識して創ったから)、その発言を聴いた時「へ〜」と感心しましたね。さすがプロのディレクターです。

タイトルはポルナレフの曲から。アレンジは今聴くとジョージハリスンだねえ。スペクターサウンドの。
歌詞はちょっと女々しいというか幼いです。そこが青くていいですが。
これの最後のギターソロもoRa氏。曲の出だしがブリティッシュなのに、このソロで最後はカリフォルニアへ飛ぶ。


★おまえたちにはわかるまい
これはジョンレノン。重い内容を重い感じでやったけど実際のコードはメジャーセブンだという、これもなかなかトリックな曲。好きです。


★「君が好きだよ」 Song
僕の「Silly Love Song」ですね。「きみが好きだよ〜♪とかくだらない歌歌ってるんだろう?」と父に揶揄されたことに腹を立てて、じゃ、そういうタイトルで創ってやるわい!と創った曲。このサビが僕の作風の真髄。つまり同じメロディの連続→しかしコードは変わる、というスタイルです。この路線を今でも極めようと追いかけてるわけです。僕の曲のほとんどはそうできてるはず。そしてその基本はヘンリーマンシーニのムーンリヴァーなわけです。深い。
もうひとつこの曲に込めたメッセージがあります。それは僕の音楽仲間へのオマージュ。この頃もう会わなくなってた友人とかどうしてるのか不明な昔のバンド仲間とか居た訳ですよ。そんな彼らがこの曲を聴いたら「あーーからかわさん!」と一発で判るように、と思って創った。構成もせりふとかのSEも全部そう。彼らに対する「オレは元気だよー」というメッセージだったの。

そんなこの曲は、USEN440のインディーズコンテストだったかなんだかそんな番組の週間1位になりました。GJ!


★それぞれの夏休み
名残惜しかったけど、「君好きソング」と「少年のつぶやき」が出来たことで、アルバムを終わらせる時が来たと思った。エンディング曲として初めから録音した曲。ストリングスアレンジはラフマニノフみたいにしたかったので録音の前にピアノコンチェルトのCD買ってきた。あの最後のメロがそうですね。あと全体のイメージはエリックカルメン。だからラフマニノフなんだよ。
これのコーラスに参加してるKAYO。一発録りだった。びっくりした。練習はしてたらしいけど、それでも一発オーケーってのがね。当時はショックでした。ホントにOKで良いの?っって言われたけどやり直す理由がない…。自分なんてまだまだ歌が下手なんだなあと落ち込んだです。
エンディングは映画の最後のエンドロールを意識した。真っ黒の画面でスタッフの名前やクレジットが流れてく。

そうそう。「毎日が夏休み」という映画を見て創った曲です。これ。いい映画だったねー。


以上です。

これが完成したのがちょうど今頃。2月。
多摩ニュータウンのパルテノン多摩のてっぺんで多摩センター駅方面を見下ろしながら全曲をプレイバック。「これでいい!」とOKを出した。ここから人生が変わったんだよなあ。忘れようにも一生忘れることの出来ない、卒業記念アルバムやね。

参考記事。
http://homepage.mac.com/marco_/sugina.htm

| | コメント (0)

2006年1月18日

ベスト盤「マルコ.ポール」インフォメーション

再入荷しましたのでお知らせです。
まだ聴いていない方は、これを機会に是非どうぞ!


収録曲です( ♪ が付いてる曲は試聴できます)。

01. 僕は僕らしく
02.「君が好きだよ」Song
03. P.S.渚にて
04. 日曜日は大キライ!
05. それぞれの夏休み

- Bonus Track
06. 少年のつぶやき
07. 夢見る Blue Moon


CD販売コーナーは こちら です。
マルコ.ポールを購入する
ショップへは上のジャケット写真をクリック!


この「マルコ.ポール」というアルバムは、
1999年のソロライブ活動に伴って製作されたベスト盤です。
2枚のオリジナルアルバムから選曲されています。

2曲がボーナストラックになっている理由ですが…

「夢見る Blue Moon」については、
米倉千尋さんが既にリリースしていたため本編に入れなかった、
「少年のつぶやき」については、
本人の希望でムリヤリ入れた(笑)から、です。

当初の予定曲数は5曲だったのですが、
ボーナスということなら良いだろう、と。そういうことでした。
いろいろ「大人の事情」があったんです。


このCDは昨年「かりんのひとりごと」でも紹介されました。
記事は → こちら

かりんさん、ありがとうございます!


マスタリングもとっても良い音に仕上がっていますので
是非この機会にCDで聴いてみてくださいね。


追記。
muzie:重岡大介のブログ さんでもご紹介いただきました。
記事は → こちら

ありがとうございます!


またリリース情報がありましたら
こちらでお知らせします。

これからも頑張ります。
みなさんよろしくです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)