2011年8月 1日

音楽について「語る」と言うこと

過去ログも佳境になってきている。ちょうど半年くらい前に、とある「強力な出会い」があったからだね。

この土地に来てからというもの、たくさんの「音楽家」に会ったけども、ちゃんとした音楽の話が出来たためしがなくて、こっちには、そういう話が出来る相手なんか居ないんじゃないか、と半ば絶望してた4年だった。そんなこと思ってた時に、すごい偶然で出会えたので、これはもう運命だったとしかいえないだろうな。

ということで今回は、作曲家ツツミさんの事を語っている。


ツツミさんはウタダをすごいって言ってたらしい。僕はどうだったか?と尋ねられたので、単純に歌をコピーして歌おうと思って出来なかったので、難しい悔しいと思った、と応えた。

ツツミさんは完全に仕事と割り切り「自分の音楽」というものをした事がない、言っていたらしいのだけど、僕が聴くと全部ツツミさんのメロでコードなんだよなあ。それを「計算で」やっていたと言うなら、じゃあなんで全部好みだったんだろう?という疑問がわく。僕の好み=大衆の好みだったってこと?

ぜんぶ狙って、あのコードとメロだったとすると、それはそれですごい。「気持ちいいから」ではなく「これが受けるから」やってたってことだよね。ポテンシャル高すぎだよね。

僕は自分が気持ちいいことしかやってない。そういう意味では僕は、職業作曲家が計算で生んだ音楽を気持ちいいと感じ、再現して浸ってるってことでしょ。結果的に、自分は気持ちいいが作品として職業的に成り立ってもいる、という音楽になってると言う、不思議なことなわけだな。面白いよな。

そうすっと、以前ここで言った、作家の気持ちにリンクする、というのも勘違いって事になるだろう。ただの片思いだ。でも表面上は違いが判らないのだ。

まあただ「気持ちいい」にも種類があるからね、音として気持ちいい、仕事として完成度高くて気持ちいい、人が簡単に演奏出来ないの書いてざまみろと思って気持ちいいw とか。どれでも「気持ちいい」ことにはかわらん。

話変わって、レノンブライアン流派、マッカ筒美流派、というのがあるって話があって、それは拓郎流派と陽水流派との違いにも通じて、というような、暗号のような会話もした。

ツツミさん、拓郎のこと一目置いてたらしいのだけど、それは同じ流派だったからか、違う流派だったからなのか、ぼくらは意見が分かれた。


意見が分かれた、で終わりになってるけど、この後ちゃんと本人の話を発見して結論が出てる。私も意地悪だから、ここには書かない。読んだ皆様で考えてみてはいかがでしょう。笑。

作曲と言うものは、もちろん仕事でもあるけど、ある種の美学だと思っていて、それはある領域まで達することが出来た者だけが、楽しむことの出来る「至高の嗜み」みたいなものなんだよね。優れた職人芸であり、計算しつくされた仕事であり、極めて数学的なものである。声を出して何かの啓示を待ってたところで、いい音楽など出来やしないのだ。

もちろん私だって、まだまだ極めてない領域。今後も目指し続けるんだよ。もちろん。

|

2011年6月28日

非実在アイドル

過去ログは、ちょうど半年前のが現れてくる仕組みなので、自分が半年前に何を考えてたのかが思い出されておもしろいのよね。最近、ココにわざわざ転記することが多いってことは、ちょうど半年前頃、興味深いこといろいろ考えてたって事だと思うので、そこ含めてなるほどと思ってる。

で、今回の分は年末のアイドルイベントについていろいろ書かれてある。


今回の件ではいろいろ反省もした。あと、なぜ僕は女性ヴォーカルに歌を歌って欲しいのか、そもそもそこをもう一度考え直したらどうなのか、ということも思った。

僕の曲はおなのこ向きだと言われてたし、実際おなのこが歌ったほうが人気があると思ってた。でもそれはもう5年も前の話で、今は僕がセルフカバーで歌っていて、その僕のバージョンがちゃんと浸透してて人気もある。ならば、今さらそこに拘らなくてもいいんじゃないか、と少し思ったのだ。

あと今回、東京のリカちゃんを迎えて、彼女のオケと楽曲がすごいしっかりしてたので、ヴォーカロイドの台頭もあるし、5年前と違って僕の出番も無いし、それでじゅうぶんだしって思った。

なんか、いろいろ気のせいなんじゃないかって気付いたんだな。僕のすることはもっと違うんじゃないかって。

今毎日うたれんしてるでしょ。もう完全にアーティストでしょ。この期に及んで今さらアイドルとかそういうの無いんじゃないかって思ったんだな。なんか、もういいやって。苦労ばかりして全然報われないのになんで続けてるのかって思ってさ。


僕の曲が女の子ムキだってコトは、以前ココで音源公開した時にも書いたけど、それも良し悪しで、時と場合と条件によるだろう、ってことなんだろう。「アイドル」などという商売をしようと思ってるコは、自分は商品価値がある、と信じきってる部分がカナリ大きいので、そこの対処を間違うと、相手を無駄に天狗にさせたうえ、切れられてしまうので、ちゃんとしなきゃいかんのだ、ってことは学んだかな。まあアイドルに限らないけど、プライドに実力が伴ってない人の扱いは難しいってことでしょう。何処でもどの時代も誰でも。そして私も。ふふ。

まあそんな流れで、みんなヴォーカロイドに走った気持ちもよく判ります。笑。

|

2011年6月16日

無理解の空しさ

ちょっと昔のポスト見てたら、こんなのが出てきたのでメモとして残しておく。


昨日ステージのあと、ある方と偶然会い深い話をしたのだが、僕の作風とアーティスト性について実に的確に言うのですごいびっくりして、自分の活動や考え方は正しいんだなと自信がついた。

21世紀に入って、僕に迷いが出たのは、マルコポール(ベスト盤)の時にすごい叩かれたのが原因だったわけなんだけど、別に僕のやり方は間違ってない、と言ってくれたのはカナリ大きかったな。そうして到達する考えがまたしても「普通の人は放っておけ」であった。うん。負けへんで。

マルコポールの時に辛かったのは、同世代とそれ以上の人たちからすごい叩かれたことだった。別に若いヒトや普通のヒトに叩かれても叱咤激励に思うだけだけど、同世代には共感して欲しかったから、それをまったく得られず「いい年して何やってんの?」的な言われ方をしたことには本当にショックを受けた。

おまえらこういうの好きだったじゃないか?どうしたんだよ??っていう感じ。あと、メジャーリリースのあとだったのに、いつまでも芽が出ず夢を追って足掻いてるのね…、みたいな哀れみ直言すらあった。この経験以降、同世代以上の人々とは一切付き合わないようになったのよね。

全員にあまり反応なかったなら自分の実力不足だと思える。でも1世代下とか若いコにはすごい喜んでもらったんだ。だから、硬化した心と耳には僕の音楽は響かないんだって、なんか世代に対する絶望感みたいなこと思ったのよね。

まあその叩かれた経験もマイナスばかりじゃないよ。その後、どの方向からどんな叩かれ方をしても大丈夫なように耐性ついたから。これはアーティストとしてとっても重要なことじゃないかなあ。

Zeppelin研究もスペクター極悪人論文もそのためにある。自分の周りに要塞を構築したわけだよ。てめえらなめんなよ、が全ての原点。今ラジオ二つやってたりするんも全部同じ。全方向からの攻撃に備えてるわけだね。

その深い話をしてくれたヒト、ストンズと僕を比較してたのが結構面白かったなあ。80年代頃ヒヨったりワンパターンな事を揶揄するヒトもいたが今はそんな人いないでしょ?って。僕のことも、そういうことでしょ?と言ってたんだね。うむ。

しかもその人は僕と同世代だった。同世代で同意見のヒトに出会えると、すごく心強いね。



いい話だな。
オレにはオレの「一芸」があるんだよ。
負けてたまるかバカやろう。って感じだね。

|

2010年12月13日

表現規制についてまとめ。

この件については、非常に複雑で深い話題なので、今ここで具体的に何か書くより、過去いろんな人と交わした会話などから、流れで見て振り返って俯瞰で見て、そんでもう一度じっくり反芻してみたいと思ったので、なのでまず引用で記事にします(* は私の発言)。


2009年11月

id:ululun
勝間さんって「ウェブはフラット」は幻想であり、それを打ち崩したいと願っているのかもしれない。
あるいはウェブが「馬鹿と暇人」のものである事に耐えられない人なのかも、という仮説を取り敢えずメモ。

*上記へのレス
うるるん氏良いこと書く。ここ最近の僕のスター頂きぐあいの傾向から感じたんだけど、勝間とか梅田望夫とかってネットや世の中をクリーンにしたいと思ってる人なんだよねって。
僕らみたいに何か書いたりする人の基本はどんな表現でも存在を認める、ってことじゃん。それは清濁も。だから彼らみたいなお代官みたいな人はどうにも受け入れられない、優生思想みたいに思ってしまうのよね。
その危機感はねデジャブなんだよ。つまりこの僕自身も高校の頃とかそうんな風に思ってたことが有って、あとになり、すごい危険な思想だって気づいたんだよね。
前にここで、望夫はロックじゃなかったってことだな、とポストしたことが有ったが、その意味は今気づいたねw
(スター云々というのは、僕が表現に規制を設けることについてどうなの?的なブコメすると、ある一定の傾向の方々から星がつくことに気づいて、ああそうか、こういうこと思って同意する人は、こういう表現に関して日頃から気にしてる人だからなのか、と。そういうことでした)。


*最近のブクマから感想。
なんか最近[デジャブ]ってゆうタグを付ける事が多いなって気付いてる。10年ネットやっててブログ書いたりしてると、同じような議論は繰り返すだろうし、僕自身同じようなエントリを書いたことも何度もある。そうすると「え?またこの話題?もういいよーぅ…」ってなる。よくない事だってわかってるけど、なる。
何でそうなるかっていうとね、その時にみんなで散々議論したはずなのに、そこから数年過ぎて、結局何も変ってないから。なーんだ、って。あんなに一生懸命話したのに、朝生と一緒で、朝になればみんな家に帰って話が終わりなの。
そういうこと何年も観てきて、ああまた?それで数年経ったらまた同じだね、って諦めの境地みたいになってる。
ただひとつ思うのは、話題は一緒だけどね、話してるメンバーは違うってこと。メンバーが違ってるなら、いつかは、こんな話題でも先に繋げて行ってくれる人がいるかもしれない、って。まあだからね、僕も揶揄はするけども、否定はしないんだ。頑張ってほしいって思ってる。
ブクマ関連でいうと、ちょうどこないだ、清水選手が、メダル取れなかった人に向けて書いた文があったけど、他にもイチローもそうだけど、スポーツ選手でああいった事言える人は説得力ある。影響力もある。翻って音楽家や作家など、ああいうことちゃんと言える人いるだろうか?っていつも思う。著作権周りの議論だって表現の自由の話だって、それ突き詰めれば、産むほうの人の不甲斐なさから来てるんじゃないかって(もちろん自分含めて)思うのね。
そう考えると、僕らずいぶんサボってきたじゃねえかって思う。快楽におぼれて、もしくは忙しさにかまけて、ずいぶんそこ端折って生きてきたんじゃないかって。義務も果たさないのに、何かいう資格なんかあるのかって。そんなこと思った。
ブクマじゃどっちも随分と捨て鉢なこと書いたけど、その実、けっこういい話だなとは思ってるんだ。今回こそはポシャらないでよね。って祈ってるから。


2010年3月
*id:y_arim氏への質問
たとえばね、きみの母がきみに対して発した言葉のうち、どれかいくつかは聴かずに済めばよかったって思うことはない?それでもきみの母親が言葉を発する自由は最大限尊重したい?普通に質問したい。
答えたくなければ答えなくてもいいです。

id:y_arim 時間的余裕がなくて、端的にしか答えられないけれども。 聞かずにすめばよかったどころか年がら年中母をぶっ殺したいと思っているけれども、まあ無理だわな。そのうちたがが外れて実行に移すかも知れないけど。 ただ、母と対決する権利も自由も、他者に「あらかじめ奪われたくない」。ましてや公権力になどくれてやるものか。これほどの苦しみも憤りも絶望も、すべてぼくだけのものだ。苦しみ、憤り、絶望する自由をぼくから奪うな。そう思ってる。

*上記へのレス
時間のないところ本当にありがとう。僕は勝手に貴方と親との関係を自分と親との関係に準えてるところがあって、なので聴いてみたいと思った。とてもよくわかった。そのとおりだね。
僕はどこか、それらの対処を他力に頼ろうとするところがあった気がする。その次の「親の管理欲(参照)」コメントも含めて、とても興味深く読んだ。子供にとって親は巨大なものだ。きっと自分に代わって誰かがそれを管理して統制してくれるって言ってくれたら喜んで同意しただろう。その意味も分からずに。

yuhka-unoさんのコメント

今回の一連の表現規制問題で、色んな人の色んな意見を見ているうちに、これまでその人の人生の中で最も脅威だったものが「性暴力」だった人は、この条例を肯定的に捉えていて、最も脅威だったものが「親の管理欲」だった人は、この条例を否定的に捉えているという傾向があるのかな、と思いました。
 
だから、どちらの立場の人も似ているのだと思います。
どちらも、自分が脅威に感じているものをなんとかしたいと思っているんですね。

*上記へのレス
興味深く読みました。僕も「親の管理欲」が脅威だった人間ですが、先に書いたように、考えは少し違います。でも「自分が脅威に感じているものをなんとかしたいと思っている」ということについては、そうのような気がします。脅威には脅威で対抗する以外ない、という考えなのかもしれません(規制派の人は)。


*id:y_arim 氏の屈折について思う
僕にとっての村西監督のような存在が、id:y_arim 氏にないことがあれよねっていつも思うよ。監督は僕を開放してくれたし救ってくれたし、彼からもらったものは本当に多い。たかがAVという人もいるかもだけど、その「たかがAV」で人生救われた人間(おれ)がいることだけは、絶対今後も語り継いでくから。


*僕のブコメに対する id:font-da さんからのレス
僕がこの件に冷淡なのは、では今まで作家側は何をしたの?っていう理由に尽きる。それこそ白ポストから何十年経ってるんだ?って言う。こういう危機感あって初めて動くんじゃ遅いと思うね。

font-da; ですね。おれが動いたのも「規制が不正である」からであって、作家・消費者の自由を守るためではないです。彼らに問題がないとも思わないです>id:maicouさん


*クラブジャズのヒトと話した感想から
音楽の世界も、クラシックだけじゃなくて今やジャズやロックについても「伝統を重んじる」人々が多い。それらの音楽をする人々の年齢が総じて上がってるからだよね。
下の世代はそれに辟易してる。押し付けや表現の制限、型に嵌められることにウンザリしてる。ぶち壊したい、自分ならではの表現をしたい、そして「それもジャズである」「ロックである」と主張したい。と。
僕も同じことを常々思っているので、そこはとても共感した。いまちょうど表現規制問題で盛り上がってるけども、この音楽に関しての問題は明文化はされてないけども、「威圧感」という見えない力で押さえ込もうとしてるのだから、似てる気もする。
ただ、ぶち壊したいとかただそれだけの衝動で音楽をしようとするとハードコアのパンクのようになってしまって、それは遠回りのような気がする、っていうのが僕の考えなので、いや、ただ壊せばいいなら、言うだけ言って終わりならそれでいいけど、その後まで続いていく何かを築こうとするなら、もうちっと別な表現方法模索したほうが結果的に壊して創る事になるでしょって思うから、結局僕のいいたいことは一貫していて、表現規制もその優先順位とかも、産むほうの人が自主的にすべてしなければならないってことなんだよねっていうことなんだ。それが表現したい人の義務でもあるでしょって。


*自分の当初(一番上)の意見を振り返っての感想
あの当時の僕(11月。これ書いた時点は3月)は、表現に規制?ふざけんなって思ってたんだね。これ以前もブコメでも何度も書いてたんだろうね。長年そう思ってたね。ではなんでいきなり今回だけ冷淡なのだろうか。これはひょっとすると、こうやって自分が昔から一生懸命言っていたのに、結局誰も取り合わず、今頃になって危機感持って慌ててるさまに、心から落胆したからなのかもしれない。その落胆って他人に対してもだし、無力だった自分に対してもだし。結局いくら頑張ってもダメなものはダメ、変るときは変わってしまうし、規制されるときはされてしまう、っていう破格の無力感から来るのかもしれないね。


*先日12月の会話から
*kara; 表現規制。書く側が調子に乗って際限なくエロ描写エスカレートさせたんだから自業自得だ、と思う私は、訓練された表現というものが好きなんだと思う。僕は最初から「表現は規制されるもの」という前提があり、そうされないよう努力精進したい、という発想。でも反対派は規制そのものがひどいと。歩み寄りは無理かもね。(12月04日)

noelさん; 表現は規制されるもの。。。うーん そういう考えもありですね。ただ、権力によって規制されるべきものなのかな?というのもあり、今回の場合、条文がいくらでも過大解釈できる曖昧な表現なので、そこは問題かと思います。極端な話、「源氏物語」も規制の対象になりうる、とマイミクさんがtwitterでつぶやいてたわ
noelさん:できれば表現者側が、際限なくエスカレートしないで、karaさんのように自ら規制、というかわきまえをもってくれるのが、いいのだけど、そうではない人、作品(都知事自身の過去の作品にもあるらしいけど)が溢れた結果の話なんだものね。

*kara; そう。まさに「わきまえ」です。残念ながら「わきまえない」のは好ましくない表現者な場合が多い、僕らは同業者として、それはどうなの?と疑問を呈する義務があったはず、でもしなかった、結果がこう。なので自己批判でもあるのですね。

*kara; 賢い人なら、権力というのは常にそういうものだ、と判ってたはずです。でも放置したんですね、理由はそれぞれいろいろあるでしょうけど。だから、それに対する罰なんだと思うのです。表現というのはそんなに簡単なものではない、という事が言いたいのです。
日本では神も父も私たちを見ていませんよね?だから自分は自分自身で律しなきゃいけない。それを怠ったという事です。表現者の体たらくが招いた自業自得、というのがいまの僕の正直な気持ちなんです。
でも若い子には罪はないです。これから何かを表現しようとする若い子に対して、僕ら先に走ってたものは何が出来るでしょう。考えなくてはいけないですね。僕は別に「諦めてる」わけじゃないんです。(

noelさん: そうだね、わかりやすい言葉で丁寧に答えてくれてありがとう^^「わきまえ」はあっても、表現の自由という言葉におされてか、質の悪い表現方法にたいして、他の表現者たちも、何も行動しなかった、という責任ね・・うーん、この意見についてはどう思うか、 tweetしてたマイミクさんにも聞いてみたいわ。彼も物書きとして生きているから、表現者としての意見なのでね。
noelさん: 引用「権力は常に「人々が何を信じてよく、何を信じてはならないか」「何を愛してよく、何を愛してはならぬか」をあらゆる狡猾な方法で強要してくる。人々の内心を支配下に置くことこそ、権力の権力たる基盤だからだ。宗教のモラルも性愛のモラルも、お上に管理監督されるものであっては絶対ならない。」 引用「ともかく、恣意的な運用がいくらでも可能な、こんな曖昧な文言の並んだ不気味な条例を、かりにも「信教の自由」を尊重すると叫ぶ政党の議員たちが平然と賛成に回るということが、私には理解できない。」 引用します「日本人は、権力に管理監督してもらってあたりまえと思っている人が大杉。未成年との性交渉がNGなら、『源氏物語』も『1Q84』も発禁になるよ。」 以上、twitterからコピペでした。表現の発信者としての責任をkaraさんが思うように、そうした「行きすぎた表現」を買ってきた、あるいは自分には関係ない、と行動をおこさなかった受け手の側の、つまり私達の責任もあるわね。

*kara; 平然と賛成に回るということが、私には理解できない←これは判りやすいですね。私も同感です。しかしこうなるまで放っておいたのは誰なんです?とも言いたいのですよ。今頃焦っても遅いじゃない?と。事なかれで放っておいて、事が起こると焦るのも日本人の特徴じゃないですかと言いたいです。

noelさん: そうですね。私たちの責任を放っておいて議員さんは酷いと「だけ」言うのはどうも違う気がする、となんだか釈然としないんですよね。長々と書いたのに、ありがとう。うーん、そうやね。批判だけなら誰でもできるけど、自分の責任は?っていうことだよね。だから、売り手は売れるから作る、というなら、買い手の責任もあるしなー・・自分は買わないから、関係ない、じゃなくて、ね。

*kara; 続きですけど、誤解はして欲しくはないのですが、僕は比類ないエロ研究家なので、そういった表現に携わってる人は好きだし尊敬してます。でもそれは「18禁」という枠内あってのことなんで、一般誌とかそういう部分でエスカレートさせた一部の輩の罪は膨大だと思いますよ。それを煽った人もですよね。

noelさん: ツイッターのTLを見たら、一晩中いろいろ議論になってました。ジャン・コクトーの話や、表現の自由と流通の問題とか。それぞれの立場や考えを、冷静に話し合うのは、自分の見過ごしてきた問題に気付かされるね。双方「絶対自分が正しい」と決めつけないなら、歩みよりは可能なんだけどね。本来、「わきまえ」の問題の筈だったのに、権力で取り締まらないといけない、というのが社会全体の未成熟さの現れか、とも思いますね。

*kara; そうですね。僕は今回の問題で、表現者側があまりにも過去の自分達の責任を無視して規制反対をことさら強調することについて問題提起したかったんです。僕だって自由で居て欲しい、でもその前に考えて欲しい事がある、という感じです。

noelさん: おかげで、私自身は、たくさんの事、考えられたよ(^^)ありがとう。 とっても大切な問題提起だと思うわ

*kara; いえいえ。こうしてちゃんと絡んでくれたからこそ僕も真摯に話せました。


*12月11日~13日の考えまとめ
僕がこっち来て、ことさら表現規制とかネガティヴ要素の否定について言うようになったのは、それをしていかないと、自分まで「低レベル」に成り下がるという恐怖があるからだと思う。つまりね、それくらい「恐ろしい土地」ってことなんだよ。
半年前にあるアーティストさんを担当するようになってから、それまでの考えが一気に変わった。それまで僕は何でも許容する主義だったの。それが正しいと思ってたし、今でももちろんそうなの。でも、こっちでそれを言ってると、魑魅魍魎インチキ商売がどんどんのさばってきて、純粋素人とかを騙すようになるの。だから、自分はどう思われてもいい、ともかくカッチリと自分の価値観を提示して、絶対基準を設けて、何でも強く言い切る。そうしないと、この土地で勝っていけないんです。

前も書いたけど、東京から来た人は最低でもこの国のスタンダードを知ってる。知ってることと与することは違うよ。しかし、「知ってる=常に提示しておく義務がある」と思ってるから。本物のアーティストは悪口陰口言われながらも、絶対妥協せず自分を貫き通すものだし、素人と自分は違う!と常に自分に言い聞かせ、律してるものでしょう?美や芸術にはまず最初に絶対価値があって、個別間差異とかそういうのは、それをクリアした上で次なんだ、と。

何度も言うが、最終的には僕は、そこに規制は設けたくない。でもココに居るうちは声高に言っておかないと、うるさいジジイみたいのが居ないと、みんな流れてっちゃうからさ。その役を僕もやりましょう、ということなの。それは絶対価値を身体に染み込ませてるプロだから示せることじゃん。だからそれしないと、サボってることになるの。判ってる人はそれを常に見せておくのが義務。それで子供たちが育っていくんだ。

例えばこないだ、某菅野さんについて話してた作曲家さんが居たが、つまり彼女のパクリについて、同業者としていくらなんでもそれはやりすぎだろと思う部分があり、ああいうヒトが友達なら困るし引く、というような事を言っていた。僕もそう思う。

あと僕の場合の例だけど、あるメジャーの女性バイオリン奏者のCDをたまたま聴いて、素人かと思うくらいの音程の悪さに、やっぱり引いてしまった。

そういう場合ね、その人たちに対して、あんたは間違ってると思うが、あんたが表現する自由は最大限守る、などという寛容な気にはなれないよ、はっきり言って。それは何故かというと、その本人もさることながら、それを許して金儲けしている輩が少なからず居るからなのだ!

そう考えた時に、やっぱり僕はそこはズバズバ言っていかなきゃけないと思うわけさ。半年前から言ってるけど、表現する側がそういうこと考えてこなかったことのしっぺ返しなんだよこれは。しかも、その被害は当事者じゃなく、これから表現しようとする若者が被る。そうすっと、簡単に何でも反対と言っていいものか、僕は迷う部分なんだよね。

今ちょうど歴史的発掘音源についての議論を読んでたところなのだが、それについて印象的な出来事が数年前にあって。

その歴史的音源について、僕は聴いた時、瞬時に「これはAだ」と思ったのよ。それなのに他の皆が「いやBでしょ」「私はCのように思う」と主張し始めて揉めたのよね。でも明らかに「A」なのよ。だから僕は「Aだ」と主張したのに、お前はおかしいだの、ならばその根拠を述べよだの言われたわけ。そんなの今まで経験になかったことなんで、根拠って言ったって聴いてそのままそうだから言ってるだけじゃないか!って涙目になって途方に暮れてたらさ、そこに同業のヒトが登場して、「自分もAだと断言する。根拠は自分の耳。」と言ってから、「みんな勘違いしがちだが、筋力や視力などと同じように耳の能力にも個人差があり、例えば誰もがどんなに頑張ってもイチローみたいになれるわけでは無いように、それは能力の差ということなのだ。同じように皆が聴こえてると思うことが間違い。自分の耳という判断基準は正しいし、それでかまわないのだ」と言ったんだよね。その発言はものすごく新鮮で、僕は、自分だってそう思ってたくせに、なぜそう人前では主張しなかったのだろう、と悔いたんだよね。それはたぶん自分の中で、与えられた才能と能力はみんな等しいのだから、というような考えがあったからかもしれない、と。

若い子と接するとき、その子は伸びシロがあって、でも今こうなのか、もしくは元々才能はここまでで限界なのか、見極めがとても難しい。だからこそ僕みたいなプロデュース業が重要になってくるのだけど、そういう意味では、僕もその事件までは、的確だったとは言えないんだよね。

何でもかんでも自由にした場合、悪しき前例になる事があるのよね。そこがとても迷う。許すべきか自由を尊重すべきか、僕だって悩むのだ。自分がそうだから、ヒトにもそうあってほしいと望んでいるんだろうね。

そのとき思ったのは、やっぱり自分の中では区別意識じゃなく差別意識があったんだなあと。音楽の能力の違いを特権だと思ってたんでしょ。だからこそ、そこに負い目を感じててはっきり言えなかったんだと思う。

僕は成人する前後辺りまで、ものすごく高慢で嫌な人間で、能力に欠けてるヒトを平気で罵倒したりする人間だった。でも実は、僕自身も先輩どもから罵倒され続けていた。散々ヘタクソとか耳悪いと言われ、ナニクソと発奮して頑張ったわけだ。そんで、自分が頑張って何かを会得するたびに、それについてこない周りはサボってるんだと考え、公然と非難した。お前らも頑張ればいいじゃん、何やってんだよヘタクソ、練習しないからそうなんだよ、と言ってた。もちろんどんどん周りから友人はいなくなった。彼女もその時点で去った。それでも「オレは間違ってない、サボってるお前らが悪い」と言い続けた。いま思えばモラハラの連鎖とも言えるのかもしれない。

そうして数年が過ぎ、自分の状況が落ち着いて良くなったとき、自分に適した友人が新たに出来て、そこで初めてそういう経緯をその友人に話したのね。そしたら「それは言っちゃダメなんだよ。出来ない人は出来ないの。構うことが間違いなの。構うとかえって傷つけるの。だから気をつけないと」と諭されてね。なるほどなあ、って。そんでいろいろ反省して、その後は自粛するようになったんだよね。ところが僕は「適度」って事が出来ない人間だから。そうすっと今度は無闇に寛容なヒトになろうとしてしまって、皇室のヒトの微笑みみたいな、そんな表情で人と接するようになってしまったんだわ。そこがちょうど自分が歌い始めたときとリンクして、爽やか路線って事になっちゃったのよね。

今思うと、その友人が言ったのは、前述の音源研究の時の同業者の考えと同じなんだよね。「能力は違って当たり前。聴こえてない、出来てないヒトを相手に、自分と同じ前提で話すことが間違い」と。

ちょうどさっき、IT系で偉くなった、例えば堀江とか勝間といった人は自分がいかに頭が良いか自慢を主張するので嫌味だ、というのを読んだのだけど、自分も過去叩かれ罵倒され続けた分、今は高みに達して見下してるような物言いだったんだろうなと思う。そうでなくて、嫌味じゃなくちゃんと説明できるような先達になるには、まだまだ修行がいるぞ、と思ったんだな。


------------
2011年1月「追記」

最後のあたりが都条例の頃でした。その後ツイッターで猪瀬氏の発言などが話題になり、ここで僕が言ってることと近いような気もしたのだけど、でもやっぱりちょっと違う。僕は規制反対派だから。

全部読み直してすごい興味深かったのは id:y_arim 氏との会話だった。親に対して思ってる気持ちは僕も彼も似ているのかもしれない。しかし彼は母を拒否するのも戦うのも自分にのみ与えられた権利であり、ヒトに規制されるものではない、と言ってる(よね?)。僕の場合、嫌だった過去を振り返り、当時誰かが親の発言を規制してくれてたら、僕はこんなに辛い人生じゃなかったはずだ、という思いが込められてる。この会話は非常に面白いと、読み返した今、改めて思った。

そうして、そのふたりの会話に付いた id:yuhka-uno さんのレスが結構ツボを突いてて、なるほどと思う。なんらかの被害意識がある人は、過去に戻りそれ自体を規制で(もしくは別の手段で)消してもらいたい、と考え、また、新たに自分と似た被害者を生まないためにそうしてほしい、とも考えるのではないのかな。

あと、このまとめの後半部分で、芸術家の表現について「節操」があってほしい、というようなことを書き連ねてる。明らかにヒドイと思われる節操の無い表現について、それでも表現の自由は認めたい、というような寛容さは僕には無い、ということだよね。

ただ、それは「僕には無い、だから、各自自覚して欲しい」とは思ってるけど、それを「お上の規制で誰かに決められるのは違う」とも思ってる。でも僕が思ってることは、その続きがあって「そうやって過去節操の無い表現をしてきた一部の表現者がいたから、お上に規制されてしまうという隙を与えたんでしょ?」って言ってる。その節操という部分は、誰が責任持って歯止めするのか。そういうこと、もう一度考えて欲しい、ってのが僕の言いたいことだったんだなって思った。

id:y_arim 氏が親と対峙する権利は自分だけにある、と言ったように、そういった節操と向き合う権利は僕らだけにある、ということなんだな。それをお上にされてしまうというような体たらくは、不甲斐ないにもほどがあるぜ、ってことなんだろうな。

また、表現について節操を持って欲しい、という僕の考えなんだけど、僕自身も当時書いててよく判ってない部分があったけど、今回纏めてみて気付いたのは、「節操」というのは、その表現をする本人だけじゃなく、どっちかと言うと「利用してお金儲けをしてる人」に対して言ってるんだな、と思ったのね。

つまり、どんな表現でもそれをするヒトは自由だけど、それを認めるかどうか、それを商売にするかどうかは、別問題じゃないか?ってことだろうね。


この問題は引き続き考えていければいいと思う。何かあったら新エントリーではなく、ココに追記していきます。

| | コメント (0)

2010年9月 5日

感情増幅装置

さっきツイターで、ある人にフォローされて思い出したのだけど、僕がネットの呟き系ツールで毒吐いたりぶつぶつ言うのって、その人が作った裏チャットというものでやり始めたのが癖になったんだったって。

ある海外アーティストのファンサイトの古株メムバーが参加してて、表じゃ言えないような裏話や悪口を言っていた。ちょうど学校の裏サイトみたいなもんだろう。今思えば、僕がちょうどいま裏ツイッターで言ってるような事をみんなで言っる感じ。なので、ああそうだったー!って今すごくデジャブなところ。

その時の参加メムバーとは今はほとんど交流がないし、そのうちの一人とは向こうが喧嘩売ってきたのでキレて、そのまま関係も切れた。

僕はネット上ではよく4~50台の人たちに絡まれるのだけど、その人たちも同じ年齢層だった。よほど合わないか、僕が嫌ってるか、まあその両方なんだろうケド、ともかくダメなんだな。具体的になんなのかよくわからないのだけど、醸し出す空気みたいなものとしか言えないかなあ。

そんな事を今、もろもろ思い出してた。これからは僕は自分に向いてる水をちゃんと泳いで行こうと思う。


追記
そもそもよく考えてみると、いいオトナがそれこそ中学生じゃあるめえし裏チャットでぶつぶついうこと自体どうだったのか、ということもある。とはいえ当時は他に発散する場所もなく、何かをどこかで言わなきゃ、それこそ気が狂ってしまいそうだったので、短期としてはよかったんだと思うの。でもそれで味をしめてしまって、毒吐くのに慣れてしまったのがまずかったんだと思う。

自分の中で芽生えた感情って、そのままだと小さいままだけど、口に出すことで増幅され、共感者が現れることで、更に倍増されてくでしょ。愛も憎しみもどんどん増幅されてくる。そう考えると、やっぱり元凶はあそこだったって気付くのね。少なくとも身近な人と話すだけにしといて、ネットのチャットなんかで吐くんじゃなかった。今はそう思う。

|

2010年3月22日

脱ぐ

というわけで、別な場所に書いてたログをココに結構移動した。おもしろかった。たった半年くらい前のことなのになんだか、違う人?っていうくらい自分が変わっている。過渡期なのかもしれない。
今日の作業で特に興味深かったのは id:kobeni_08 さんと交わした、働く人の権利の話と、ダンナを家に置いて出かけるのに料理作って置いておかなきゃいけない話のやり取りの部分だった。

その会話をしてた頃、まるで玉手箱開けたウラシマみたいに、一気に現実に引き戻されるような出来事が連続して起こって、ちょうどそれとリンクしてそのやり取りがあったんだよね。簡単に言うと未来に絶望、ここで言う未来っていうのは、昔から見た未来、つまり現在のことなんだけども、そういうことなんだね。
その時も書いたように、え?そんなことも知らなかったのか、呆れた、と言われれば返す言葉がないのだけど、実際知らなかったのだからしょうがないのだ。

若い頃は漠然と「未来はきっと良くなる」と信じていたので、そうじゃない現実にはカナリショックだった。特にショックだったのは、労働者の権利のほうではなくて、ダンナの料理のほうの話題だった。本当に「え?いつの話?昭和の話?」って思ったので。そこから今現実に僕が見ている、この地方都市の価値観へ繋がっていき、その直前に起こった40娘との様々なトラブルなどもあって、それまでの交友関係一旦リセット、というところまで辿り着くのだ。

いまのぼくは、そこからすれば随分立ち直っている。失った交友関係のかわりに新しい付き合いも始まったし、ラジオやツアーを通じて自己肯定もできた。当時ほど悲観もしてない。まあ、もう半年も経ってるしね。

僕にとって重要なことはなんでも「済ませる」ってことなんでしょうね。済んだら客観。僕が過去に書いた自分の曲を「いい曲だよねー」などと他人の作品みたいな褒め方をするように、済んだことは全部、誰か別な自分がやったこと、みたいに思えるわけだ。僕はそれをよく「脱いだ服」に例える。今まで着てた服を脱ぐ。そこに置く。そのまま置いて新しい服着て去る。みたいな感覚。僕の曲もそんな感じで存在してる。今後もそうやって進んでいくんだろうな。

| | トラックバック (0)

表現の責任

昨日、クラブジャズの人たちと興味深い話しをした。
音楽の世界も、クラシックだけじゃなくて今やジャズやロックについても「伝統を重んじる」人々が多い。それらの音楽をする人々の年齢が総じて上がってるからだよね。
下の世代はそれに辟易してる。押し付けや表現の制限、型に嵌められることにウンザリしてる。ぶち壊したい、自分ならではの表現をしたい、そして「それもジャズである」「ロックである」と主張したい。と。
僕も同じことを常々思っているので、そこはとても共感した。いまちょうど表現規制問題で盛り上がってるけども、この音楽に関しての問題は明文化はされてないけども、「威圧感」という見えない力で押さえ込もうとしてるのだから、似てる気もする。
ただ、ぶち壊したいとかただそれだけの衝動で音楽をしようとするとハードコアのパンクのようになってしまって、それは遠回りのような気がする、っていうのが僕の考えなので、いや、ただ壊せばいいなら、言うだけ言って終わりならそれでいいけど、その後まで続いていく何かを築こうとするなら、もうちっと別な表現方法模索したほうが結果的に壊して創る事になるでしょって思うから、結局僕のいいたいことは一貫していて、表現規制もその優先順位とかも、産むほうの人が自主的にすべてしなければならないってことなんだよねっていうことなんだ。それが表現したい人の義務でもあるでしょって。

|

2008年8月21日

それを生んでいるのも人間である、という想像力

せっかくの機会なので、この件に付いて記しておく。

これは日本人特有のメンタリティなのかどうか、オレには知る術がないが、確かに、ある時代までは、自分の好きな対象を「貶しながら褒める」という評価の仕方があったと思う。それは例えば親しい友人に対して「こいつはもう変態だからさ」とか半分からかいながら人に紹介する、といったものだ。それは実際は褒めたいのに素直に言えない、というような照れ隠しだったり、親しい仲ならではの遠慮のないやり取りだったりするのだが、そういう価値観って一世代前の感覚だよなあ、とも思う*1

一昔前までのポピュラー音楽評論にも、このような風潮があった。音楽家の、表面上にみえる何かの行動の奇抜さや、作品の中に見出す不整合性などといったものを抽出し、それらを晒しながらも「だがそれがいい」と表明するやり方だ*2

こないだの鬼束さん記事を見たとき、オレは即座にブライアンウィルソンを思い出した。言うまでもない。ビーチボーイズの創立者だ。彼はロックスターとして生きるにはあまりに精神が繊細だった。ゆえに、あのような死ぬほど美しい音楽を生むことも出来たのだが、引き換えに精神に破綻をきたしたのだ。彼の危行は虚実ない交ぜにされまことしやかに語られた。数々の文献を読み返すと、それらの原因は、回りの無理解にあった、と今になって判る。繊細な芸術家であるが故の発想や危行(と呼ぶのも好きじゃないが)を、正面から向き合い理解しようとせず、「さすが天才は考える事が違うわ」と、ある種、紙一重的に扱い、決め付けることで、こちら側への侵食を阻止する。それは実質的に受け入れ拒否でもある。それによって、どれだけその相手がダメージを受けるか。また、その決め付けは、自身の思考停止でもある。考える事が難しいから、「こうである」と決めることによって、その先の深追いをやめてしまうのだ。

一般的音楽ファンにまで、それを背負わせる必要はないと思うし、音楽などもっと気軽に楽しむべきものだ。しかし、音楽に携わったり、それにまつわるメディア、という、クリエイターに極めて近い位置に居る方々が、そのような排除的な発言を行う、ということは、個人的には、不用意で配慮に欠ける行為、とやっぱり思う。彼らは一般人ではない。選ばれて、あるいは、自ら選んでその職に就いている。つまり、そういう立場の人間であることの責任と義務が生じるってことなのだ。

音楽家も芸術家も一人の人間である。自分も同じ人間であるなら、すこし想像力を研ぎ澄ませれば、その相手を理解できないはずがないのだ。いや、結果的に理解できなくても良い。でも判ろうとした、という努力の痕跡は示すべきじゃないんだろうか。

もうひとつ。「作品」というのは、その辺の石ころみたいに最初からそこに転がっているものではない。たとえば、しつこいようだが「サンマは漁師が採って来る」というのと同じ。作品を産んだ人間がいる*3。人間である、ってことは自分と同じように傷ついたりするってことなのだ。人は常に理解者を求めている。自分は誰からも理解されない、と。そうして孤独になってゆく。そういった気持ちが良い作品を産んでゆく原動力になる、というのは、それは確かなことではあるんだが、それでも、いま自分の目の前に居る記者なりインタビュアに「壁を作られた」と感じ取ったときの、この疎外感はどれだけのものか。また先に書いたような、落として持ち上げるようなやり方が(たとえ善意であっても)、どれだけアーティストを傷つけるか。そして、そこから生まれた感情は当事者間だけでなく、あらゆる人に伝わってゆくのだ。何故なら、それは誰もがみんな共通して持っている感覚だからだ。

少なくともそこまでの想像力を働かせる事が出来る人でなければ、メディア関連の仕事に携わる事などできないのではないか、と強く思うのである。

今のブライアンは、幸いな事に正当に評価されているし、理解してくれる友人仲間に囲まれて穏やかに精力的に過ごしているようだ。しかし、ロックポップス界全体を思うとき、そういった例は少ないほうだと判るはずだ。ブライアンはあれでも、愛される人に恵まれていたほうなのだ。60年代のアメリカ。そして今の日本*4。同じ轍を踏まないよう、日々心がける事は出来ると思うよ。


関連エントリ

「悪気はない」ことの罪深さ

*1:この系列で、オレが個人的に一番嫌いな言葉は「愚妻」である。「亭主」が「嫁」の事を「うちの愚妻が」などという。へりくだってるつもりなのかも知らんが、この極めてデリカシーのない表現は、現在最も通用しない価値観だろうと思う(同じような理由で「俺の嫁」という表現もあまり好きではない。ネタならまあ目くじら立てないけど)。
*2:このような評論の仕方が、いったいどこから始まったのか、昔いろいろ考えた事があるのだが、音楽がジャズ→ロックンロール→ポップスと進んでくる段階で増えてきたように思う。クラシックが見事な職人芸&高度な専門芸として成り立っているのに対し、ジャズ→ロックンロールっていうのは大衆音楽なので、確かに稚拙だったり親しみやすかったりした。要するに突っ込みどころが有ったのだ。新規参入評論家の付け入る隙ができたということである。評論のハードルが、上記で示した矢印の流れに沿ってどんどん下がったのではないかな、と。
*3:この件は以前ここで書いてる。正確には「産んだ」という風にはオレは捉えていないのだが、ここでは便宜上そう書く。
*4:岡村ちゃん…

|

2008年3月30日

歌なんだから語りかけるな。

これはもう昔からの僕の個人的趣味なので、しょうがないので許してほしいんだけど、ともかく、歌とか音楽というのは、歌や音楽である以上、音楽として成り立たなければ存在の意味がないと考えている。

だから、語りかけるように歌う、とか、言葉が染み渡る、とか、そういうジャンルの音楽(って言えるのか?)が大嫌いだ。よくいるでしょう。どっかの田舎に行って大自然の中でアコギで歌ったりする人*1

たとえば歌を歌っている人に対して、詩がいいとか言葉がいい、という褒め言葉は、それはイコール曲はつまらない、と言われてるのと同義だと捉えるべきなのだ。そんな褒め言葉は文芸の分野なんであって、僕にとっては音楽に対する褒め言葉ではない。
そういう事を重視するなら、例えばトラックだけ流して朗読とかラップにすればいいだろうと思う。その言葉にメロディが付いてる理由を考えてほしいのだ。歌というのは総合芸術。言葉とメロディと和声進行による感情の動きが、すべて見事にリンクしたときにだけ起こる相乗効果のリアリティ。そのどれが欠落しても音楽とはいえない。

音楽を創っている、と自負するならば、言葉に費やす時間とエネルギーを、ちゃんとメロディと和声進行のほうにも費やせ、サボるな、と言いたい。そうしてサボった結果、完成度の低い楽曲になってもそれ自体は自己責任でしょうがないけど、それを持って歩いて、路上だの慰問だので、弱者に媚びたり押し売りするなと言いたい。

アーティストみたいな人を見慣れていない、そういった音楽弱者な人々は、目の前で目を見つめられながら「語りかけられる」ように歌われると、「素敵…」って騙されてしまうだろうが。極めて卑劣なやり方だ。

なぜここまで厳しい事を書くかというと、それは、その手の方々が絶対に手を抜いていると確信するからである。何度でも書くが、これは「音楽」なのである。朗読ではない。歌詞に費やすのと同じだけの努力と時間を、音のほうになぜ割かなかったのか。それができないのなら、なぜコラボレーションなり共作者を見つける努力をしなかったのか。それはメロとか音楽というものを舐めてるのではないか。適当に音程の高低が付いていて、あとはパフォーマンスや歌声でごまかせば、楽曲「風」なものになるだろう、的な傲慢さがなかったか?

そういうことは中高生にのみ許される事であって、いい年をした大人のやることではない。音楽と言うのは、そういった傲慢な人を惹きたてるための道具ではない。そういう行為を日々犯しながら、「音楽とは音を楽しむ事だ」などと詭弁をほざく人は、全員音楽の前にひれ伏すべきだ。

*1:一応断っておくけど、そのジャンルでもプロの人はちゃんと、それなりの完成度あります。

|

2008年1月18日

「萌え」でオタクが「イタリア人」化される件

ちょっと前だが、id:ymScott氏界隈で「萌えってのはつまり性的に欲情しているってことを言い換えてるだけでは?」みたいな話題を読み、なるほどと思っていた*1

僕が思うに、「萌え」っていうのはオタクジャンルの人たちに与えられた、初めての「欲情語彙」だったんじゃないかなと思う。

以前ちょっと九州男子の事を書いたけど、古来「男」という動物は、異性を見れば欲情するものなのであって、街角だろうがバイト先だろうが、良いと思ったら「よーネエチャンいいねー」とか言うのが男らしいみたいな風潮が確かにあったよな。

最近ケーブルで昔のドラマたくさん見れるじゃん。「俺たちの旅」の中村雅俊氏とか「探偵物語」みたいなのとか観てると、なんか主人公みんな普通に、街角の女性のオッパイや脚眺めて「イイね~」とか言ってるんだよな。今じゃありえんよな、と思ってちょっとびっくりするよね。中村雅俊氏の視線ってのは普通にエロいんだけど、まぁ個人の好みとは思うけど、彼のキャラのお陰で、それほど不快感も感じないように上手く作られてた気はする。

こういう風に単刀直入に欲情するのって、昔はある一定のキャラ以上の人とかに許された行為だったと思う*2。それがだんだん普通の人でも、そういうこと冗談で言ってもいいんだ、という風潮になってきて、そんでセンスのない人が大量流入、冗談と思えないような引かれる言い方をしてしまい、結果セクハラみたいになってるんだろうと思う*3

「足を見るオジサンはチカン」

この事件なんか、それをもっとも端的に表してるじゃん。

所謂オタク系の人って、そういうことを本来いちばん言ってはいけないジャンルの人たちだった。これは自分もそうだったから判るけど、なんか生理的にキモイんだってうのはよく判る。オレも中学時代とかはよく言われたよ。気持ち悪い、観るな、触るな、とかですよ。「あの子かわいいよね」とか言ったらクラスじゅうドン引きですよ。可愛いと言われたほうはその日から同情の対象ですよ。何にも悪いことしてないのに、ってw


「おーネエチャンいいねー」という言葉を持たず、ヒュ~ヒュ~と口笛も吹けず、ジトーーっと眺めるだけで行動もせず、その不気味さに気持ち悪がられる、という不遇な市民生活を強いられてきたジャンルの人々に、初めて与えられた言葉「萌え」。やっと独自の言葉が生まれたってことか、と。感慨深いわけです*4

こうして、キモキャラの人でも、とりあえず「萌え」とか言っておけば、いくらジトっと脚見てようが何してようが、その場は取り繕えるようになる。挙動不審がられることも少なくなる。そんな、新式の処世術みたいなものだろう、と。

こうなると10年後くらいの会社の宴会がたのしみですね。空気読めないおっさんが、若い子相手に「き、きみって萌えだよね、ッヒッヒ」とか言ってセクハラで訴えられてる場面が、ものすごく想像つくんですが、どうでしょうか。



関連
:「足を見るオジサンはチカン」…アイドル「AKB48」大島ブログが大炎上

追記。
発信元のほうで話題が広がっていましたのでリンク。

・・・何でオレが「萌え」について語ってんだ。 - Scott’s scribble - 雑記。
「萌え」って何?という話 - 5100度の炎

確かに元々はこういうことだと思います。フェチと紙一重な感じではありますよね。

*1:始まりは初音ミクの話題からだった
*2:スケベをエロに見せる才能とか、或いは元々かっこいいとか、或いはイタリア人であるとか
*3:それをセクハラと感じるか否かって言うのは、やっぱり「そのやりかた」だと思うから(2015年追記。当時の見解です)
*4:2次元のことについては今回敢えて触れなかった

| | コメント (2)

より以前の記事一覧