2004年10月25日

iPod の低音強化作戦

フロスピーカーに入れて聴いてることは書きましたが、
…やはりどうにもしょぼくてね。
遂に禁断のウラワザ(?)ダブルEQに挑戦したのだ。

iPod を iTunesに繋げて同期しているときに、
曲ごとの EQ セッティングも設定することができる。
今まではそれで全体を Bass 帯域ブーストで聴いてたわけだが、
どうも落ち着かない。
それで試しに iPod 本体のEQでも更にBassブーストして聴いてみた。
つまり「二重ブースト」したってわけ。で、どうだったかって?

キターーー!!

でしたよ。わりと(笑

いやー、でもね。サウンドが豊かになるもんだね。
やっぱり低域上げると変わる。音が芳醇になる。
聴いてても疲れなくなるよ。

まーそもそもスピーカーの口径小さすぎるんだけどね。
ヘッドホン以下だもんなあ。しょうがないけどさ。

まあひとまず良かったです。これでゆっくりできそう。

| | コメント (0)

2004年8月21日

iPod@風呂スピーカー 人柱実験隊

というわけで、いよいよ風呂スピーカーにiPodを入れて聴いてみよう、という作戦。
防水ラジカセの代わりとなるか。

なお、お約束の「自己責任」ってことで皆さんは絶対真似しないように。
真似して、愛しの iPod 壊れても知りません。

i-bath1.jpg
一応、このスピーカーは「防滴仕様」なので
直接水を掛けたりしなければ問題ないと思うんだけど。
想定してる使用機器のなかにCDプレイヤーとかMDプレイヤーとか
いろいろ含まれてるんだから、それならこれも平気でしょう、と。


i-bath2.jpg
念のためビニール袋を用意して入れておく。
ビニールに入れても操作できるから、ノープロブレムですね。


i-bath3.jpg
スピーカー付属のクッションに包む。セットしているところ。


i-bath4.jpg
コードはイヤホン出力に。
袋に隙間ができるけど、まぁ大丈夫でしょう。と楽観的。


肝心の音なんだけど、まー以前がカセットだから。
前みたいにヴイヴイは来ないけど、ディテールの細かさはさすが。

このスピーカーは小さいので、やはり低音が弱く
ラジカセ時代に比べると、とっても迫力不足になってしまったんだけど、
iPod のイコライザを使ってBass帯域を持ち上げることで若干解決することができた。
細部が良く聴こえるので、低音をことさら上げなくても
Bassラインそのものはちゃんと聞き取れるから、まあ OK なかんじではないか、と。

込み入った音楽で試してみようってことで、10ccのオリサンをフルで聴いてみたが
綺麗に再生できてると思う。
バスルーム中に広がる ImNotInLoveの重層コーラスには鳥肌。
いいんでない?

| | コメント (1)

2004年2月 6日

真冬

今日の天気で
「今日は寒く、真冬に戻ったような気温です」
と言っていた。
1月20日くらいの天気では
「今日は寒く、真冬並の気温です」
と言っていた。

前から気になってるんだけど
「真冬」って、いったいいつなんだろう?

「真冬」並ってことは「真冬」本体ではないねえ。
「真冬」に戻ったよう、ってことは
今日も既に「真冬」ではないことになる。

では一体「真冬」はいつだったのか?
1月20日から今日までの間に、多分「真冬」があったのだ。
おそらくそうなのだ。そうに違いない。
間違いない。


防水ラジカセで検索していらっしゃる方が
結構いらっしゃいます。ありがとうございます。
せっかくですのでリンクを貼っておきます。

風呂スピーカー

検索するとカシオのとか出てくるけど
あれはラジカセじゃなくてCDラジオだよね。
紛らわしい。
俺が使ってたのはラジカセ。
本当にカセットとラジオのみ。
当時はこれしかなくてね。重宝しました。

いま風呂リラックスブームだけど
俺が風呂で音楽を聞き始めたのは10年くらい前。
それまではアパート住まいの銭湯利用。
で、引っ越してウチ風呂になったわけだが
一軒家だったからなんか妙に淋しくて
音楽をかけるようになったわけ。

普段はなかなか時間がないので
今でも一番音楽を長く聴く時間は
入浴タイムなのだ。45分弱。アルバム一枚って感じ。
新譜でもなんでも先ずここでチェック。
風呂は集中力が強化されるし
余計なアレンジとか耳に届きにくいので
作品の本質を聴くにも適してるんだな。


ここ1ヶ月ほどネット環境が落ち着かなくて
HP関連の更新が出来ません。もう少し待たれい。

| | コメント (0)

2004年1月16日

風呂スピーカー

遂に買ったのだ。

およそ8年間使ってきた防水ラジカセの
ピンチローラ(ゴムの輪)が擦り減って
テープがウニョ〜と巻き込まれるようになってしまった。
テープの音は劣化してくると思ってる人が多いけど
実はそれよりもプレイヤー側の問題の方が多いのよね。
アジマスとかピンチローラチェックすると、たいがい直ります。

で、今までは
そのラジカセだけだと音が悪かったので
拾ってきたミニコンポのスピーカーをイヤホンジャックに繋いで
そこから音を出力して聴いてました。
拾いもんだから湿気で壊れても気にしないし。
元々ミニコンポのスピーカーだから音は良いし。
迫力あるモノラルサウンドで、なかなか良かったんだが。
本体がちゃんと掛からないんじゃーしょうがないわな。
ラジカセ直そうかとも思ったんだけど
今時カセットの修理なんて出しても
まともに直ってこないだろうと思ったのさ。

で、いろいろ調べてみたら
その1
その2
こんなのがあって。
これだと中身のプレイヤーを選ばないので
良いかなと思ったんだな。
無印のもあったんだけど、あれは
アンプなしで音量調節が出来ないのでパス。
で上のほうを買いました。
やっぱり口径が小さいから以前と比べると
迫力不足なのは否めないけど、
まぁなんとか我慢できるかな。って感じ。

うちにはカセットで録音したアルバムとかのストックが
600本くらいあって、さすがに全部撮り直すのは無理なんで
ずーっとカセットを聞いてきた。でもそろそろ限界。
録音する側のデッキが、遂にメゲて来てしまったのだ。
そうなると昔のストックはともかく
新作のカセットを増やせないことになる。
これはきびしいね。

っつーことで
いよいよデジタルメディアにシフトかぁ。
…って遅いよっ!
でもカセットの音って適度に
コンプ&ブーストされるので好きだったんだけどなぁ。
さてMDにするかMP3にするか。
そもそもMDへの乗換えをまったく行わなかった俺なので
MDへの愛着はないし、録音したストックもほとんどないのだ。
MP3は大量のライブラリをそのまま入れとけるもんな。
せっかくなら一足飛びにそこに行こうかねぇ。
今更MDなんて邪魔くさいよな。

夢は広がるぜ。

| | コメント (0)