« 往復書簡 その2 | トップページ | TV局バイト時代の話 »

2011年12月14日

小林建樹とエロビデオ屋

「祈り・小林建樹」については強力な思い出がある。

ライブ活動が終わって夢破れてヒキコモリしてた頃、西新宿にエロビデオ屋が集合してる地域があると知って、そうなのか、おもしろそうだな、行ってみようと思って、すごい汚いカッコして行ったのね。

そうしたらもう、あらゆるジャンルのAVが集合してて、あちこちの店とか、ビル1棟全部がAV店だったりとか、ともかくすごくて、すげえなすげえな、とか思って物色してたらさ、店員が「お客さん、スカなんかどうっす?」とか尋ねてきてさ、一瞬「スカ?」とか思ったけど、そっかスカ○ロのことか!と思って、人生長く生きてきて、お店の中で店員に「スカ○ロいかがっすかー」みたいなこと言われるって、そうそうないぜ、とか思って感動してさ、そんなこんな、いろんな刺激的な空間でね、ああそうか、音楽なんか辞めてしまえば、ヒキコモリとかガテン系の仕事デモしてさ、こういうもん毎月買って、世捨て人みたいに死ぬまで過ごしていけば楽しいんだな、って思って、それでいいや、楽しそうじゃん、とか思ったのね。

そんなこと思いながらボーっと店内うろついてたたら、有線からある曲が流れてきてね、それが、すっごいイイ曲なんだよ!そんでもう、目の前の山ほどあるエロビデオのパッケージ見ながら、「これはなんだろう?なんだろう?」と思って、もう完全に耳がその音楽に惹かれて、エロビデオとかどうでもよくなってさ、これはすごい、すごい曲だ、何なんだこれはー!!?、と思いながら、その場で立ち止まってフルで聴き終えた。

そんで店出ても感動が収まらなくてね、「まだ日本に、こんないい曲がある。こんなイイ曲を書く奴がいる!まだ日本は大丈夫なんだ!これからも大丈夫なんだ!」って凄く思ってね、僕も音楽なんか辞めようと思わないで、やっぱりちゃんと続けていこうよ!って思って、凄い勇気が出たのね。

その後、ケーブルテレビのMTVで、この曲が、小林建樹の祈りという曲だと知った。
そのあと僕は引きこもりやめて、次の製作に入ったの。

だから、この曲は僕を救った曲なんだよね。僕の人生の基本、エロと音楽が、こういう形で結びついて、僕そのものを救ったんだよね。ほんと。


追伸。
こっちに来てから、熊本の富永健太という奴と、Be7でタイバンになったとき、なんと彼が、この曲をカバーして歌ったのよね!そんで、オレ感動して、この話を彼にした。その後、彼とうちに来て、一緒に酒飲んだ。彼は朝に熊本に帰って行った。


|

« 往復書簡 その2 | トップページ | TV局バイト時代の話 »