« 音楽に救われてる話 | トップページ | 往復書簡 その1 »

2011年8月18日

寛大なヒト

ずいぶん後足で砂をかけるような真似をして去ってきた、かつてのバイト先がありました。そこは古本屋でした。
ちょっとした行き違いから店長夫婦と揉め、話し合いの途中で「もういいですので。」と一方的に解雇通告をされてしまい、僕はそれに納得が行かず暴言を吐き、傷を広げてしまい、修復不能の関係になってしまったのです。当時は「自分は間違っていない!」と思っていました。

僕の特徴は、そんな事をしておきながら、そんな自分のしたことに、あとあと後悔し、ずっと悩み続けることです。「あんなことしなきゃ良かった…」「いや、相手も酷かったのだからやって当然だった!」などと、ずっと考えてしまうのです。そして、その古本屋の店長のコトも、ずっと何かというと思い出して、考えたりしていました。


先週、ふとメーラーをいろいろみてると、下書きのところに書きかけのメールがありました。なんだろうと思ったら、2年前に、その古本屋の店長宛に書いたメールでした。

内容は、当時の僕は人生経験が浅く、店長の気持ちがわからなかった、いま自分で、いろいろ事業などするに当たって、初めて気苦労が理解できた、人と接したり、使ったりすることの難しさとか、当時は分らず、ずいぶん酷い事をしたし、言ったりしたと思う、お詫びします、と書いてあった。

日付は1年半くらい前でした。何があったんでしょう。笑。
まあ、何かがあったんでしょうね。ピンと来るヒトもいるかもですが。

そんなメールの下書きを発見して、当時の店長のことや、1年半前の自分の事などいろいろ思って、このメール、出してみようかな、と思って、先日送ってみたんです。

もちろん返事なんか来るわけないじゃん、と思ってたし、来たとしても「ああ、あの時のおまえか、まったく酷いやつだった」と怒るかと思ったのね。

それが、さっき返事が来て、内容はまあ書かないけど、人生にはそんなこともある、きみだけじゃなく、様々なヒトが当店でバイトし通り過ぎていった、過ぎたことだから忘れて、店のことは楽しい思い出として過ごしていって欲しい、とか書いてあるんです。

実は、昨日もあるヒトに、あるメールをしたところ、「見てるひとはちゃんと見てるはずだから、看過しておけ」的な御返事を頂き、なんだかずいぶん、気が楽になったような感じがありました。


僕の性格として、なにか疑問や矛盾、問題なんかがあると、ついとことん追求してしまうのです。粘着系なんですよね。それが、芸術や音楽方面に発揮されれば、その研究成果や効果も絶大でしょうが、人間関係や社会に向けられると、大変なことになってしまいますね。


僕は知らないうちに、いろんな事を背負いすぎて潰れかけてたのかも知れません。

背負いすぎて掴みすぎて、あらゆる物を持ちすぎてたために、新しいものを掴めるような余裕すらなかったんでしょう。だって、あまりに持ちすぎてたら、もう持ちきれませんから。

それは過去も一緒ですね。

自分で、等身大メモリーという曲で、そういうこと歌ってるじゃないですか。それなのに、自分自身は、それをなかなか実行できないんですね。

あれは自分に対する戒めの歌なんだろうな。自分に言ってる。そういえば、「To ME」というアルバムに入ってるわ。

なるほど。

|

« 音楽に救われてる話 | トップページ | 往復書簡 その1 »