« 裸にしたい | トップページ | うたう »

2011年6月28日

非実在アイドル

過去ログは、ちょうど半年前のが現れてくる仕組みなので、自分が半年前に何を考えてたのかが思い出されておもしろいのよね。最近、ココにわざわざ転記することが多いってことは、ちょうど半年前頃、興味深いこといろいろ考えてたって事だと思うので、そこ含めてなるほどと思ってる。

で、今回の分は年末のアイドルイベントについていろいろ書かれてある。


今回の件ではいろいろ反省もした。あと、なぜ僕は女性ヴォーカルに歌を歌って欲しいのか、そもそもそこをもう一度考え直したらどうなのか、ということも思った。

僕の曲はおなのこ向きだと言われてたし、実際おなのこが歌ったほうが人気があると思ってた。でもそれはもう5年も前の話で、今は僕がセルフカバーで歌っていて、その僕のバージョンがちゃんと浸透してて人気もある。ならば、今さらそこに拘らなくてもいいんじゃないか、と少し思ったのだ。

あと今回、東京のリカちゃんを迎えて、彼女のオケと楽曲がすごいしっかりしてたので、ヴォーカロイドの台頭もあるし、5年前と違って僕の出番も無いし、それでじゅうぶんだしって思った。

なんか、いろいろ気のせいなんじゃないかって気付いたんだな。僕のすることはもっと違うんじゃないかって。

今毎日うたれんしてるでしょ。もう完全にアーティストでしょ。この期に及んで今さらアイドルとかそういうの無いんじゃないかって思ったんだな。なんか、もういいやって。苦労ばかりして全然報われないのになんで続けてるのかって思ってさ。


僕の曲が女の子ムキだってコトは、以前ココで音源公開した時にも書いたけど、それも良し悪しで、時と場合と条件によるだろう、ってことなんだろう。「アイドル」などという商売をしようと思ってるコは、自分は商品価値がある、と信じきってる部分がカナリ大きいので、そこの対処を間違うと、相手を無駄に天狗にさせたうえ、切れられてしまうので、ちゃんとしなきゃいかんのだ、ってことは学んだかな。まあアイドルに限らないけど、プライドに実力が伴ってない人の扱いは難しいってことでしょう。何処でもどの時代も誰でも。そして私も。ふふ。

まあそんな流れで、みんなヴォーカロイドに走った気持ちもよく判ります。笑。

|

« 裸にしたい | トップページ | うたう »