« チャリティについて~そして夢の終わり | トップページ | オタクレコーディングの冒険 »

2011年3月26日

麓のヒト

もう1ヶ月ほど前になるけど、気になる事があって、あるヒトに会いに行った。

いろいろ尋ねたい事があって、初対面なのに関わらず、ぶっちゃけて質問攻めにしたのだが、彼も真摯に応えてくれて、一昨年以来勃発した数々の事件事件その他もろもろ、引っかかってる事が少しクリアになりすっきりした。

僕が今仕事で付き合ってる相手は頑固な人が多く(このオレが言う?笑)、そういう相手に煽られて自分もますます頑固さを強調させられてる気がする。ということを自分も判っているのだが、しかし、自分が馴染めない、または納得いかない、または尊敬出来ないような人や店とは、やっぱりどうしても付き合えないわけで、一人また一人、1店また1店、と距離を置くたび、いつのまにか全部の縁が切れてしまった。

それでも東京なら、友人も仲間も居るから孤軍にはならないけど、田舎じゃたちまちたった一人ですからね、ひとり部屋でもんもんと「あいつ嫌い、こいつウザい、こいつは最低」とか唱えてるうち、本当に世捨て人になってまう。
でも、だからと言って自分も曲げることは出来ないんだ、おまえなんかじゃ嫌なんだーと葛藤しまくってた、この1年ほどだった。

そんなわけで、今の僕には「主観」しかなかった。柔軟性とか客観とかないわけ。それが毎日きつくてきつくてしょうがなくて。誰かマトモな人、この凝り固まったオレの頭をホグシテクレー!と思ってた。

その初対面のヒトは東京に長く住んでたということだった。途中で偶然来訪した上品なオバサマも、東京暮らしが長く、資産家だということだった。そういった方々と、深い話、門外不出な話、つい先ごろ亡くなった仲間を偲ぶ話なんかをぼんやりしたり聴いたりするうち、自分がどんどん癒されてゆくのを感じた。人は同じタイプの人が集まるでしょ。そういうことなんだろうなと思った。

実は尋ねたいことって言うのは、例の放火事件についてなのだけど、そこは僕も関係してる部分もある気がしたので確認に行ったのと、あとは、どうしても納得いかない部分、つまり、そうさせた原因は少なからず男の側にあるのに、本心じゃないにせよ、茶化したり開き直ったり、別な場所で事件後たった2週間でのうのうと営業再開したり、といった厚顔さ、そのくせ文化人面してることが許せない、ということについて見解を聞きたかったということがあったのだけど、そういう部分は彼も同意してくれたように思ったので、ああよかった、マトモな人は普通そう思うはずだ、と少しホッとしたのよね。

特に「茶化す」ということについては僕も非常に気になっていて、関西のお笑いのヒトじゃあるまいし、事件そのものや犯人を揶揄するような、ネタにするような言説を公然としてたのは、こいつらどうなんだ?って正直思ってたし、その辺から、この町に対する思いが急激に冷めてきたのは確かだったね。ちょうどその同じ頃、あるバーに行ったとき、そこにいない別な常連客の悪口を、店の人みんなで言ってたのを聴いた事があって、ああこれは、僕のことも居ないところで何か言ってるなこれは、ってピンと来て、そういう人たちなんだろう、って思って。

なんかそういう狭いところで、瓶詰めのジャムみたいにグチャッとしてる人間関係は、ホントに嫌で、もうやだ、この瓶からオレは脱出させてもらう、おまえら好きなだけ砂糖にマミレテな!みたいに抜けてきた。その交友関係は全部一蓮托生で、業界内に占める割合もカナリ大きかったので、移住してからの人間関係のほぼ80パーセントくらいを、その時点で失った。そうして去年のツアーがあって、悟って今に至るって感じだね。

彼といろいろ話したあと、帰る間際に「その気があるんだったら、面会に行ってやれ」と言われた。あいつもひとりぼっちでかわいそうな奴だったが、こうして心配してくれる奴(おれのこと)が居るなんて、良かったよ、と。


そうだね。

|

« チャリティについて~そして夢の終わり | トップページ | オタクレコーディングの冒険 »