« 感情増幅装置 | トップページ | 子持ち乙女 »

2010年9月11日

踏み台

基本的に私、接客の人なので、サーブが基本なんだよね。共感とかそういうのは相手が勝手に思うことで私から提供するものではない。相手に慕われて相手が僕を必要としてくれれば誠心誠意こたえるけど、必要とされないなら、しない。

僕の場合、録音屋でもあり歌う人でもある、という部分が、良くも悪くも自分を縛ってるのかもしれないんだよね。普通は製作者が自演することはあまりない。だからヴォーカル見つけたりアイドルに歌わせたりするんだ。

でも僕の場合、相手がだめなら自分が歌ってしまう。既発のものでもセルフカバーをしてしまう。そしてそれが受け入れられてしまう。最初歌った人は面目潰される、みたいな感じなんじゃないかな。

それに、多分態度にも表れてるんだと思う。おまえだめならオレが歌うからいいし、みたいなことなんだろう。

悪い事じゃないよ、このオレを納得させる歌聞かせろよって、向上心ある奴には、すごいプレッシャーになるけど伸びるきっかけにもなるでしょ。でもなかなかそうはいかないからねえ。

その逆もある。自分を越える歌を披露されて、そっち人気出ると、こんどはこっちに嫉妬心が芽生える。作ったのはオレなのに、何で歌うだけのおまえが人気出る?みたいな。そのらへんは、互いのリスペクト度合いによるし、公の場での、お互いを立てる姿勢だったりするし、そういう礼儀欠いてない場合は大丈夫なんだけどね。でも、人を踏み台にするやつも多いから。


PS
僕はずっと、自分は一般人とは違う、というような中二感覚を売りに?プライドに?拠りどころに?ちゃんと棲み分けして自分の世界で生きてきたのだから、今さら普通の人と混ざって楽しくやってください、と言われても無理なんですよ。分かってるはずじゃないですか。それなのになんで仕事の為に愛想笑いしろって無理強いするんですか。

|

« 感情増幅装置 | トップページ | 子持ち乙女 »