« ひとりで生きてゆければ | トップページ | 愛されたくないが愛されたい »

2009年10月15日

読者という神からの自立

批判は人を育てないのでしょうか。

しかし、褒め言葉だけありがたがってたら、周りはイエスまんだらけになり
裸の王様になってしまうかもしれません。

山田ズーニーさんのコラムがその辺を見事に書いてくれています。
必読なり。
http://www.1101.com/essay/2003-06-25.html
http://www.1101.com/essay/2003-07-02.html


そんなこんなで最近、この辺のことをいろいろ考えてたとき、

ふと昔のあることを思い出したのです。

僕がドラマーから歌う人になって、一番最初にプロの批評の対象になったのは
ミュージックマガジン誌上だったんです。

僕のインディーの音源がレビューされて、そこで批判されたんですよ。
もちろん、読んだときは凹みましたし、こいつ何も判ってねーよ!

などと思ったんですが、でも言ってることは外れではなかったんです。

それでその後、その批判を参考に、その後も作品を創り続けました。


表現者であり、作品を公に発表した以上、
あらゆる批判も受ける覚悟はいるでしょうけど、
全部を丸ごと引き受ける必要なんか、まったくなくて、
自然のウチに取捨選択して自分の糧にしてるんだと思いますよね。


僕らは「産む人だよ!」と、レーベルの仲間にはいつも言っています。

|

« ひとりで生きてゆければ | トップページ | 愛されたくないが愛されたい »