« Maicou Night@BODY II SOUL 報告 | トップページ | 山田くんの一言がオレに火をつけたんだぜ! »

2009年8月17日

それぞれの人生

書くのを迷ってたのだがやっぱり書くことにする。知りあいの女性が、なんと放火で捕まってしまった。放火先はあるお店なのだが、そのお店のマスターと彼女はある仕事上の考えの相違でずっとトラブっていて、僕はその愚痴を会うたびにいつも聞かされていた。店が全焼したと聞いたとき、直感で「あ、あいつかも」と思ったほど。そしてその予感は当たってしまったのだ。翌日の新聞記事で彼女の名前を見たとき、正直ぞっとした。そして、こういう事があるといつも思うのだが、僕がナントカできなかったのだろうか、と。
さて、放火された方のお店のほうは僕は以前はよく行っていた。マスターとも客とも懇意だったし、大変お世話にもなった。みんな普通にいい人ばかりだったと思う。しかし、その彼女がマスターの仕事の関係で出入りするようになってから、僕は店に行くのを避けるようになる。何故なのか理由は分からないのだが、今思うとトラブルの予感がしたのかもしれない。
このことで今回、知人といろいろ話したが、ごく一般的に考えても、「火をつける」ってのはよっぽどのことでしょう、と。するほうもされるほうも。よほど尋常じゃないわけだよね。そしてされたほうは被害者だし気の毒と思うし、ましてや、かつての行きつけの店なら尚のこと同情もするのだが、不思議になんとなくその気持ちに距離感が今の僕にはあって、つまり気持ちに直結して「残念です!」とかではなくて、頭の中でどこかを経由して、一旦客観視して一般化してから、「お気の毒でしたね」とよそよそしく言うみたいな感覚なのだ。
以前の僕なら決してそうは思わないはずなので、その感情の変化は、やはり彼女から散々愚痴を聞かされていたことにあると思う。そして僕の感情が今回そうなっているのは、その彼女の愚痴の内容に「確かに一理ある」と思ってしまってることに理由があると思うのだ。
言い分は彼女の一方的な愚痴のみで聴かされたものではある。しかし、一方、僕は店での、彼女とマスターのやり取りなども見ている。そうして客観的に見た場合、そこまで彼女を追い込んだ向こうも向こうなのではないだろうか、と思ってしまったのだ。例えれば、虐められっこの逆切れパターンに似ている気がするのだ。そんな相手を仕事に引っ張り込んだのは向こうの方なのだ。犯罪者を擁護するようで、表だってこう言うのは実に憚れるのだが。

僕は、人付き合いの上で、何か不快なことがあったり失礼な言動をされると、簡単にその相手を見限ってしまう。知人にも良く「あんたはすぐに人と縁を切るよね。それは良くないよ。仕事も続かないし」と批判される。しかし、僕はそうすることで、実は自分を守り相手を守り、今回のようなトラブルを回避しているのではないか、と自分で気づいた。僕自身、怨念の深い人間である。創作などに携わる人の場合、概してそう言う人が多いだろうけど、だからといって、そう言う人の犯罪や迷惑行為を容認もしないけど、避ける手段はあるはず、と思う。僕の場合のその手段が「縁を切る」なのだと気づいたのだ。

実際、今回の彼女がそこまでマスターを毛嫌いしてるのなら、さっさと仕事を降りて縁を切れば良かったはずなのだ。たぶん僕ならそうしただろう。ぜったいに相交われない相手との交流を、いっさいそうして絶つことによって、トラブルに発展するのを事前に防ぐのである。もう起こってしまったことなのでこういう事を書くのもなんだか嫌なのだが、もし僕が事前に出来ることがあったとするならば、「さっさと縁を切れ」と忠告することではなかったか。どっちが悪い、とかじゃないのだ。そりが合わないのだから付き合いそのものを辞めるべきなのだ。もっとも、どうしてもそれが出来ない理由があったのならしょうがないのだが。

僕の昔からの持論は「嫌な場所に文句を言いながら居続けるべきではない」だ。これは僕の母親の言動に由来する。僕の母親は看護系の仕事をしていた。それ自体は立派なことだと思うし、僕にとっても自慢の母親ではあった。しかし僕が大いに不満だったのがひとつあり、それは家での母がともかく「仕事がキツい、仕事が嫌だ」と愚痴や文句を言い続けることだったのだ。僕はいつもそんな母の言動にイライラし、限界まで我慢し、我慢しきれなくなると、「そんなに嫌々働くなよ!嫌なら仕事辞めろよ!」とどなった。そうすると、当たり前だが「バカ言いなさい!私が仕事辞めたらどうやって食べていくの??」と母が反論してくる。「だったらつらいとか嫌だとか言わないでくれよ!」と僕が言っても「それくらいの愚痴は言わせろ」となる。
僕の家庭は外から見れば両親健在だし、母も手に職を持った仕事人なので理想的だと見られていたフシがあったが、僕にとっては、そんな事情や、その他要素も加わって、本当に居た堪れない家庭だった。

結局、僕は大人になって、自分が嫌だと思う仕事にはぜったいに就きたくないと思うようになり、そのあげくが、このような人生なのだ。いや、あんた今好きなことを仕事にしてるじゃん?と言われるかもしれないが、実際は「そりが合わない人とは即座に縁を切る」方式の実践を続けて居るせいで、僕の仕事はとても狭い範囲内でのみ行われてるだけだ。僕の作風が「自分一人だけの演奏による多重録音」なのも、不純物を自分の作品に混ぜないため、という理由のほかに、そのことを実践している、という部分も大きい。

そんな話を彼女にしたとき、「それはね、あなたがやってるのが音楽だから出来ることなのよ。私は編集だしデザイナー。クライアントが居て人と付き合わなければ出来ない仕事なのよ…」と絶望的な顔で言われたのを今でも思い出す。

僕は幸せだったのかもしれない。
みんなは、これからも、良い人生を!

|

« Maicou Night@BODY II SOUL 報告 | トップページ | 山田くんの一言がオレに火をつけたんだぜ! »