« ドラマー復活 | トップページ | 三つ子の魂いつまで? »

2009年5月13日

三木谷氏すごい。

http://xtc.bz/index.php?ID=516

この議事録を是非読んでほしい。

ミキティが他の人と全然違うってわかる。

インフォームドコンセントが重要とか言ったって、
医者とか先生とか、威圧感与える人に物言えない人だっているわけだし、
メールの方が本音なんだというのは、
これはこれですばらしい問題提起だと思う。

あと、CDや書籍にはアマゾンがあって、すごく幸せだったね、と。
どんだけアマゾンがすばらしいのかって。

100キロ何もない北海道の荒れ野のど真ん中でも
ポールウィリアムスとか買えることの幸せを。

【続報】
その後のネットでのいろんな反応は以下の場所で集めました。

http://maicou.tumblr.com/post/106903968
http://maicou.tumblr.com/post/107028414

上の二つが、出てきた意見ですが、
確かに、そうも言えると思います。

あと、別な人の意見で、

所詮、ミキティも売りたいだけなのだから、ポジショントークなのだし、
その場で、並み居る老害どもを駆逐したいのなら、
それなりの戦略で望まないと、これじゃただの駄々っ子じゃないか、
という厳しい意見もありました。

ぼくがこれに注目した理由は、
音楽業界の流通や再建問題に、ほとんど共通するからです。

以前ぼくは、ここで、どうせみんなCDなんか買わんやろ?

みたいな挑発的な日記を書いたのを覚えてる人もいるかもです。

結局、ユーザを置いてきぼりにして、みんなが自分の権利だけ守りたい、

となると、いったいどうなるかって話なんですよ。


昨日のレポートを書いた津田氏は、
音楽関係の配信や流通について、果敢に挑んでる方で、
従来の業界の方々には睨まれて恨まれる(?)一方、
新しい世代には支持もされています。

たとえ、微々たる力だったとしてもですよ。

なにかアクションを起こすことだと思うのですよ。

ミキティにしても津田氏にしても、彼らが言わなければ、
誰も言わなかったんですよ。

そこのところを評価するし、ぼくは勇気をもらいましたよね。

やっぱり。

|

« ドラマー復活 | トップページ | 三つ子の魂いつまで? »

コメント

リンク先読みました。凄い内容ですね。面白いです。 そこからの反応も含めてですが… こちらがものすごく一生懸命でも 「あれ?そんなに一生懸命だったの?ごめんね」 と後からガクン、となることがあります。 こちら側にとっては大事な問題なのに 相手にとっては大した問題ではないと扱われる時。 そのモチベーションが異なる時ほど、ガクン、ときますよね。 先日のオーディションを思い出しました。 どちらも本気で挑むというあの時間。 落ちても受かっても、そのモチベが同じであったのは とても幸福だと今思います。 私のレス、日記からずれてますか?笑

投稿: ピロリーナ | 2009年5月13日 16:07

上二つのミキティの反応もいいけど、 その下の鳥井みゆきのと伊集院のもいいですよね。 アツい人を見て客観的に冷めるのではなく 何かをそこから得られるような生き方で行きたいと思います。

投稿: karaヽ(^o^)丿 | 2009年5月14日 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラマー復活 | トップページ | 三つ子の魂いつまで? »