« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月21日

線維筋痛症について。

芸能界事件簿 故・大杉君枝アナ(2)
http://npn.co.jp/article/detail/68628953/

僕は4年前まで日テレ関係の仕事をしていました。

日テレのアナウンサーで鈴木君枝さん、結婚後の名前は大杉君枝さんですが、
彼女のことを覚えている方もいると思います。

僕も、会社ではよく見かけたし、一度は帰りの電車が一緒になり、
なんとなく至近距離で眺めていたこともあります。

そういうこともあって、僕は君枝さんのことは何となく親しみを感じていました。

その彼女がかかった病気が線維筋痛症というものでした。

その病気を調べるうち、この手記に出会いました。
http://homepage3.nifty.com/fmsjoho/page012.html

僕は、この手記の中の、映画の話、
戦争やホラーの話にものすごく共感しました。
すとーんと納得しました。
そうなんですよ。

人のことは判らないのです。
他人に起こったことの感覚や痛みや喜びやなんかもろもろを、
自分の身に置き換えて、共感できる、というのはかなりの高度な感覚なのです。

相手や登場人物に、自分を当てはめたりするということは、
そういう感覚が身に付いていないと判らないのです。

大変言いづらいことですが、
僕は、よほどの思い入れがない限り、
赤の他人の不幸では泣けない人間です。
たとえば、有名アーティストが亡くなったりした場合でも、
僕は、ほとんど何も感じません。
僕はその人の知りあいでもなんでもないからです。

でも君枝さんのことは共感できるのです。
それは僕が彼女を何度も見ているからです。

話がそれました。

この病気がどれほど壮絶か、というのは
上記の手記をいろいろ読んで頂くと判ります。

どれほどのつらい病気や経験でも、
それを赤の他人に伝えることは、非常に難しいです。

わかりやすく物事を伝える。
これは並大抵の技術じゃないです。

あのサイトの文章は、そういう意味では、
素晴らしい表現の文章だと思うのです。

現に僕は読み進むうち、実際に、
自分自身が同じような痛みを感じるような感覚になりました。

人の気持ちを理解しない、できない僕が、感じたわけです。

なので、普通の喜怒哀楽の持ち主なら、
もっともっと判るはずです。

この病気のこと、また、これ以外でもあまり知られていないこと、
そして、どういう気持ちなのかわかりにくいことを、
このようにどんどん優れた表現者が、表現していくことだと思うのです。

そうすることによって、みんなの感覚や意識が変わってゆくのです。

それは病気とかそういうことだけじゃないです。

音楽やら映画やら、舞台やら、
すべての表現につながることだと思うのです。

君枝さんの身に起こったことはつらく悲しいことでしたが、
最後までメディアの人間として、その仕事を全うされたと僕は思います。

少なくとも、僕は彼女のお陰で、判ったことがあったのです。

感謝します。

| | コメント (8)

2009年5月17日

三つ子の魂いつまで?

昨日のシェボンゾ、ビートルズセッションご参加の皆様、
お疲れ様でした&ありがとうございました!

普段の自分のレパートリーだけではなく、
昨日は、かつてあり得ないくらいたくさん歌いまくったわけです。

その中にはたぶん10年以上、
ひょっとしたら中学以来歌ってない曲とかあった気がするけど、
それでも歌詞を見ると、けっこうすらすら出てくるもんで驚いたわけです。

僕が普段やるのはポールものが多いのですが、
実はレノンの曲をかっちり歌いたい、という密かなポリシーがあります。
というのは、レノンの曲は実は美メロや音韻がかっこいいのが多いけど、
なかなかそれを「かっちり」表現してる人が少ないと思ってるのですよ。

ラフな人はラフでかっこいいし好きですが、
僕は僕の解釈として、かっちりレノンを歌う、ということを
いつかやりたいと思います。

そういう意味で、昨日「ComeTogehter」を歌わせてもらったのは
非常にうれしく、有意義だったと思ってます。

バンドもかっこよく、気持ちよく「かっちり」歌えました。

また是非やってみたいと思います。

あと、ドラムも一曲たたいた。
密かに特訓して、ドラマーとしても復帰を目指していきます。
お世話になります。


そんな熱い夜をそのままラジオに引きずった結果の
すごい生放送動画がココに。笑。
http://www.stickam.jp/video/178939355

題材が、僕のライフワーク1975年ということもあるけどね、
もう、アホかというくらいテンション高いです。

永久保存版でおねがいしますw

| | コメント (3)

2009年5月13日

三木谷氏すごい。

http://xtc.bz/index.php?ID=516

この議事録を是非読んでほしい。

ミキティが他の人と全然違うってわかる。

インフォームドコンセントが重要とか言ったって、
医者とか先生とか、威圧感与える人に物言えない人だっているわけだし、
メールの方が本音なんだというのは、
これはこれですばらしい問題提起だと思う。

あと、CDや書籍にはアマゾンがあって、すごく幸せだったね、と。
どんだけアマゾンがすばらしいのかって。

100キロ何もない北海道の荒れ野のど真ん中でも
ポールウィリアムスとか買えることの幸せを。

【続報】
その後のネットでのいろんな反応は以下の場所で集めました。

http://maicou.tumblr.com/post/106903968
http://maicou.tumblr.com/post/107028414

上の二つが、出てきた意見ですが、
確かに、そうも言えると思います。

あと、別な人の意見で、

所詮、ミキティも売りたいだけなのだから、ポジショントークなのだし、
その場で、並み居る老害どもを駆逐したいのなら、
それなりの戦略で望まないと、これじゃただの駄々っ子じゃないか、
という厳しい意見もありました。

ぼくがこれに注目した理由は、
音楽業界の流通や再建問題に、ほとんど共通するからです。

以前ぼくは、ここで、どうせみんなCDなんか買わんやろ?

みたいな挑発的な日記を書いたのを覚えてる人もいるかもです。

結局、ユーザを置いてきぼりにして、みんなが自分の権利だけ守りたい、

となると、いったいどうなるかって話なんですよ。


昨日のレポートを書いた津田氏は、
音楽関係の配信や流通について、果敢に挑んでる方で、
従来の業界の方々には睨まれて恨まれる(?)一方、
新しい世代には支持もされています。

たとえ、微々たる力だったとしてもですよ。

なにかアクションを起こすことだと思うのですよ。

ミキティにしても津田氏にしても、彼らが言わなければ、
誰も言わなかったんですよ。

そこのところを評価するし、ぼくは勇気をもらいましたよね。

やっぱり。

| | コメント (2)

2009年5月10日

ドラマー復活

本日は朝から Body II Soul で ZEAL OF SOLISTEN
http://www.myspace.com/rosenotes

のレコーディングを行ったのですが、

そのまま続けて、夜に行われた彼らのライブにて、
1曲だけドラムをプレイいたしました。

その1曲では、ドラムの彼がヴォーカルをとるため、
急遽、代わりにやってください的な乗りで実現したのです。

14年前にドラマーをやめてから、頼まれても頑なに拒否してたのですが、
今回は、なんだかおもしろそうだと思ったんだよね。

あと、午前中からずーーーっとこもってレコーディングしてたじゃん。

なんかそんで、ムキーーーっと発散したくなったんだよね。

そしたら、セットリストの話し合いの時に、
この1曲はドラムが歌うからどうするべ、的な話になってて、

軽く、是非どーですか?みたいな感じで振られたので
いつもなら「いやいやー、もう10年もやってないしー」とか遠慮するところを、

いや、これはたまに受けてみるかね、みたいな気持ちになって、
リハでたたいてみたら案外いけたので、そのまま本番みたいな感じだったわけです。

曲もちょっとはねたアシッドみたいなものだったので、好きだったから、
これはやってみたいと思ったのよね。

好きな曲やると楽しいんだなって思ったね。

もちろんライブ全体も、アツく盛り上がってた。

こういうときは飲まずに帰れる。

日々満足に終わることが健康の秘訣ってことでしょうな。

| | コメント (4)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »