« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月23日

軍艦島なう

引き続き4月22日の上陸解禁初日の模様です。
前編はこちら


さーて。
遂に。遂に。遂に!上陸なんです!!

トンネルのような通路をくぐり最初の集合場所に。
そうです。
上陸したら常に集団行動!
僕らは団体おのぼりさんなのです。


Plate
上陸者の証。
船内で配られたこのプレートを提げて歩きます。


090422_14542
いきなり真横がこれ。廃墟に囲まれ、もうどれを見ていいのか。
キョドって、ともかく写真撮りまくるしか出来ない感じ。


090422_14551
右手遠方。


090422_1456
そして、最初の説明地点広場に到着。
目の前に聳え立つ崖が。


090422_14552
上空に報道ヘリ。


090422_1459
左手がこれ。
軍艦島の歴史やらいろんな説明をボランティアガイドさんから聞く。


090422_14591
レンガ、というよりここは「煉瓦」と書きたいところですわね。


090422_15001
次の説明場所へ、みんなで移動します。
個人行動は許されないのですが、
少々立ち止まって見るくらいなら急かされない気がします。


090422_1501
写真だとゾクゾクしますね。
実際は通路とはちょっと離れてるんです。


090422_15011
これも遠めです。でもじゅうぶん壮観。
右が第二竪坑坑口桟橋あと。


090422_15091
パルテノン宮殿かと。第2見学広場。


090422_1512
軍艦島は周囲を壁で囲まれています。
外からだと、それが壮観なんだけど、
実は上陸してしまうと、その壁のせいで外が殆ど見えません。
周りが海だ、ということは波の音でしかわかりません。

このアナは、その壁に開けられた排水用の穴ということです。
上陸して僕が唯一見れた海は、この穴から覗いたこれだけです。


090422_1525
壁にも注意書きがあります。


090422_15131
そうこうしながら第3地点に近づいていきます。


090422_15141
真髄にキター!


090422_15142
ウルトラセブンの第4惑星かと。


090422_1515
日本に於ける最古の鉄筋コンクリート建築。


090422_1516
第3見学広場。


090422_15161
プールの跡地です。塩水だったって。


090422_15171
これが見れただけでも…。
建物のスキマに階段が見えます。
先日の長崎市民参加舞台でも登場した階段ですね。


090422_15201
左手の海側です。壁です。


090422_15241
壁で仕切られています。


090422_15271b
名残惜しいですが戻っていきます。
来るときは気が焦って落ち着いて見てなかったのですが、
よく見ると「総合事務所」の煉瓦の壁が良い感じだった。


Gunknjimanow
記念写真を自分撮りしている人がいたので、
僕もここで唯一の自分撮りを。これ1枚だけです。
まあ、また来るし。笑。


090422_15351
第1広場に戻りました。
こっちも気が焦って見過ごしてたものがたくさんあったことに気付く。
もうね。のぼせ上がった子供です。アホですw


090422_15353
この辺が元々のオリジナルの島なんです。
なので、この辺が唯一,軍艦島で自然が見れる場所。
この周りにどんどん埋め立てして城壁にして広げていったのですね。


090422_15362
ね?
この辺を見ると、僕の出身釧路の炭鉱街らへんとあまり変らないです。
雄別炭鉱に行きたくなりました(あそこの廃墟も壮観)。


090422_1543
よいコラボです。


090422_15441
お別れのときです。
こうしてみると城壁に囲まれた基地あとみたいですね。


090422_1608
プレートを返却し船に乗ります。
みんな乗船したか確認のあと出帆。
帰路は早いです。あっという間に離島します。


090422_16091
あばよ軍艦島!また来るけんのう。(誰?)


いかがでしたでしょうか。

この日は晴れて暖かかったのですが、
しかし船上は寒かったです。
船室に入ればいいんだけど、やっぱりデッキで見たいよねー。
だから暖かい格好がいいかもですね。
あとは、波しぶきかかります。顔とか髪に。
それも注意が必要です。

トイレと喫煙は船内のみ。
上陸時間も短いので大丈夫と思います。


軍艦島の外観は、3年前に見ていました。
今回は2回目なので、そういう意味では落ち着いて見られたけど、
やっぱり上陸後は、落ち着いているようで、実際は舞い上がっていましたねー。

次にいつ来れるか判らない、たったの1時間と思うと、
何をしていいのかわからないわけですよ。
写真は撮らなきゃだし、でも目に焼き付けておかないと、とか。
感慨にふける余裕とか、何かここは注目みたいなポイントはなかったっけ?
とか、いろんなこと思いすぎて、わけわからない感じでした。


だが、それがいいのかもです。


また来るぜ!


参考

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月22日

軍艦島ツアー!上陸解禁!

さーて、みなさまご存知のとおり、
4月22日、遂に、あの軍艦島が一般上陸解禁となりました!

もちろん僕としては初日に行きましたとも!

島の周りをぐるりと回っただけでお預けを食らった、
クルージング with 西尾 から3年。
待望の初上陸!はたしてどうだったのでしょうか。

さっそく報告ですよ!


まず上陸する船に乗るためには事前予約が必要なんです。
こちらのサイトでも出来ます。→軍艦島クルーズ
乗り場等の詳細もわかります。


090422_1316b
誓約書に署名が必要です。上記サイトでDLし事前に記入も出来ます。


090422_1322
購入窓口。初日のしかも初便である告知。


090422_1324b
チケットをげっと!前回と同じクルージング料に上陸料が加わっています。


090422_1325090422_13251
さすがの初日。
一般だけでなくマスコミプレス関係者も大勢。


090422_1412
船は結構揺れます。酔う方は・酔う対策!


090422_1432
遂に見えてきました!3年ぶりの再会!


090422_1435
じらすように島の周りをぐるりと。


090422_1439b
横から見るとすごい狭い島と判る。


090422_1444
ドルフィン桟橋側に回っていきます。


090422_15451
上陸地点が見えてきます!


090422_1445
いよいよ着岸へ。上空に報道ヘリが!


090422_14471
報道関係者は既に上陸してて僕らを待ち構えていました。


090422_1449
着岸ががーん。


090422_1452
タラップは少々揺れますが係りの方もいるので大丈夫。


090422_15442
それより自分的にはこっちが怖かった。
下が見えるからねー。


090422_14531


さて。いかがだったでしょうか。


…って、おいっ!上陸後の写真っ!笑。


はい。ちゃんとございますよ。


続きはこちらに → その2


一般の方がどれくらいまで見る事が出来るのか
報告していこうと思います!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年4月21日

CSSやらXHTML充な件について

おかげさまで、オレのG5は未だ火を噴かず、
戦艦大和のように眠れる獅子と化しております。笑。

まー、なんのことかわからない人はほっといてw

お陰で時間があるので、ドメイン取得を機会に、
ずーっと放置してたオフィシャルサイトの改良作業に日々勤しんでおりまする。

このサイトは去年、ある人に創ってもらったのだけど、
まだ僕らは当時、CSSなどの知識が初心者だったので、
IE6とそれ以外の表示が違ったり、なんなのー?これはー!みたいなことに、
二人で泣きつつも、対処法が見つからず、まあ見れればいいじゃん、みたいなところで
暫定公開してたんですよね。

そんで今回いろいろ調べてみると、

まずね、IEというものがW3Cの標準準拠モードってものに対して、
まったく協調性がない、わがまま小僧だって事がわかって
IE6と、ファイアフォックスサファリとかそういうその他の標準型と、
同じようにサイトを見せるのは、ただならぬ工夫が必要ってわかったのです。

そんで調べた膨大な情報を元に、
昨日丸一日と、今日の午前中かけて必死にデータを直していきました。

ほんといろいろありましたわよ。

正しいCSSを、それを読み込むとバグるIEのために、
わざとIEだけ読ませないようにするためのハック記述法とか、
バグを避ける配置法とか、
世の中のプログラマと称する方々の、涙ぐましい努力が
心の底からわかりました。

こんなん、やってられんわっ!と普通なるよ。ひー。

ちまみにIEの最新は8ですけども、そこでやっと、
標準型になってきたみたいです。
ゲイツたん、大人になってきたのね。

昔、ネット始めたころも、思えばこうやって
1ヶ月くらい不眠で、調べまくってサイト作ったなあ、と
ある意味感慨にふけりました。

去年からのいろいろもろもろで、自分がやってることは、
すべて自分自身がちゃんと把握してこそ、ちゃんと仕事も出来るものだ、
ということを改めて思ったのですけども、
今回のサイトのことも、ああやっぱりそうだよな、と、
気持ちも新たになりましたわね。

ほんとね。

http://karakawamakoto.com/

| | コメント (2)

2009年4月20日

軍艦島はじまた

http://www.gunkanjima.com/
この驚喜のサイトを発見してから10年。

自分と同じ趣味の人々が居ると知って歓喜した当時。マジ。

もともと廃墟&米軍系跡地マニアで、東京も隈なく歩いたけどね、
軍艦島は別格。

僕の出身、釧路も炭鉱の町でね。

施設や建物は共通の部分もたくさんあった。

当時は、釧路にも10年以上帰ってなかった。
なので、軍艦島の風景に自分自身の原風景を見たのかもしれないね。

だから、発見したときは毎日食い入るように見てた。

いいなあすげえなあ、って。

でも遠すぎるしさ、
一生行けねえだろなと思ってた。

その5年後にまさか移住するとはね…。

人生はドラマだヨ。

でさ。

夢に思ってた事がいきなり身近になっても実感わかないわけなんだわ。
2年前、野母崎に行って目の前で軍艦島見ても「はぁ」って感じだったもんなあ。

まわりみんな地元の人だし一人で浮かれてもなんだかなという感覚もあったけど。


おそらく地元の人々、とくに年配系の方々は
今でも、このブームの意味をあんまし理解してない気がする。

観光客たくさん来て儲かるかな、程度しか。

つか、自分が住んでた場所を、そんな物見遊山で来られても、
っていう抵抗感も強いのかもしれない。

まあ、もともと、東京でもそんなところ好んで歩く人は、
当時はあまり居なかったから。

そう思うと、この盛り上がりもなんだか不思議ですわね。



上陸解禁
http://ascii.jp/elem/000/000/410/410948/

| | コメント (7)

2009年4月19日

ドメイン

http://karakawamakoto.com/

ドメイン取得したのでオフィシャルのアドレスが変っています。

今まで長いこと使っていたのはマックのホームページサービスだったのです。

ところが先週、このサービスを七夕の日を持って終了する、という
寝耳に水なインフォメーションメールが、いきなりアップル様から届き、
「ええええーーーー!?」となったわけです。

実は、ちょうどその連絡が来たとき、CDジャケットのほうが印刷工程となっておりまして、
校正まで済んで、オーケーということで印刷屋さんに出した直後だったのです。

そうですよ。

私のCDのジャケットだから、もちろん私のサイトアドレスが、
インフォメーション先として掲載されてたわけで、
これは大変ダーーとなって、あわててドメインを取得し、
レンタルサーバーを借りて、移転準備を整え、
デザイン事務所のほうに「そういうわけなので急遽差し替えで頼む!!」
と言ったわけです。

その後、実は、アップルのメールの意味は
アップルサイト上から、homepageというサービスが使えなくなる、
というだけに過ぎない、
サーバーそのものは以前どおり継続使用できて、
なので、サイトも亡くなることはない、と知り、
またまた、えーーー!?となりまして呆然としました。

しかしね、アップル様からのメールは、
どっちとも取れる実に曖昧な日本語となっておりまして、
あちこちの掲示板等でも、けっこう騒ぎになっておりまして、
私だけじゃなく、この件は大勢のユーザーを惑わさせたようなんです。

そんなこんなで、これこそ本当の「ゆとり乙」な人騒がせな事件だなと思ったけど、

その副産物としては、いつになったら独自ドメインになるんだ?と言われつつ
めんどくさくて、長年放置だったものがですね、

結果として一気に解決してしまったのが、
なんとも言えず良かったような妙な気分です。

| | コメント (3)

2009年4月 3日

ニコニコ動画&mF247で公開♪

mf247 & ニコニコ動画で僕の曲が公開されました!

いろんな出来事が多くて告知がずいぶん遅くなったけど、

ご存知のとおり、3月25日より3曲公開されて、大人気となってます。

プロフィールページだヨ。
http://mf247.jp/artist/karakawamakoto


これは、カラカワサウンドのある意味、到達地点のひとつやね。

| | コメント (2)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »