« あざみの歌 | トップページ | 自分の意見を言わないDAY »

2009年3月25日

聖少女

昨日ネットしてて、久々に倉橋由美子の聖少女を思い出した。

おおむかし。
帰省から東京に戻る途中の駅のホームで偶然見つけ、
タイトルに釣られて買った(笑)文庫本。

その後の列車の中で夢中になって読んでしまって、
その後もずいぶん影響が残ったなあ。

倉橋由美子が、というのか、聖少女の主人公(未紀)が、なのか
もしくは両方なのか、判らないけど、

ともかく、この人の持つ孤高観というかスタンドアローン観みたいなものが、
今でも自他に求める基本になってる気がするのだ。

そして自分の創作の原点にもなってる気がする。


2000年にインターネットを始めた僕は、

ネット上で日記や散文やエッセイなどを書く女の子たちが、
たくさん居ることに、

そしてそれらの文章がドレも素晴らしく魅力的であることに
ものすごく驚き、感動した。

彼女達はみな独自の言葉文体感覚を持っていたし、
瑞々しくて、とてもじゃないけど僕は敵わないと思った。

彼女達の文を読むことで、僕は自分が失ってしまった事があることに気付き、
そしてそれはもう取り戻す事が出来ないのだ、と絶望も感じた。

今思うとそれは、聖少女の中に居る未紀のような女の子達が、
あれはフィクションだったけども、
実際に世の中に現れ始めた最初だった気がする。

もちろん、文壇には、倉橋さんの影響下にある女性作家さんはたくさん居た。

でも、そういう、プロの表現者ではなく、
一般の子たちの感覚がそうなった、というのはすごく新鮮だったし、
僕にとって、衝撃というか、うれしいことだったのだ。

嬉しい、というのは、そこにかつての自分を見たからだよね。


そういうネットで知り合った人の一人と今僕はコラボをしている。

素晴らしい出会いだったんだな、と今つくづく思っている。

聖少女のことを思い出してよかった。

|

« あざみの歌 | トップページ | 自分の意見を言わないDAY »

コメント

次回作、期待してます! 頑張って〜!!

投稿: なみまる | 2009年3月25日 21:35

ありがとー。唯一無二な世界を構築するわよっ!

投稿: karaヽ(^o^)丿 | 2009年3月30日 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あざみの歌 | トップページ | 自分の意見を言わないDAY »