« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年12月26日

心に安全ピン

若い頃は激しくて何か汚れたものに惹かれるような部分があるよね。

昨日ご紹介した「陰陽師さん」も書かれていましたが、
「音楽の教科書」的なものをヌルイと感じ、
何かととんがって、生きたいとか思うわけだ。

また、本当はそういうのが好きなのに、
そういうものを好きだということは、かっこ悪いんじゃないか?

みたいに思うこともある。
素直=単純=バカ。みたいに思うのかもしれない。

僕が昔好きだったグループでイエスというバンドが居るんだけど、
イギリスでパンクが大流行してた時代、
そのイエスのキーボード、リックウェイクマンのインタビューでおもしろいのがあったのよ。

「このパンクの時代に、あなたたちみたいな音楽は時代遅れでヌルイんじゃないの?」

という意地悪な質問だったんだけど、
そうしたら、リックの答えが、

「おれらはあんなヘタレどもなんかよりよっぽどパンクだ」
「お前らには見えないだろが、おれらみんな、心に安全ピンを刺してるのさ」

というものだった。

安全ピン、っていうのは、ピアスみたいに
身体中に安全ピンとか刺してるのが、その当時流行りだしたのよね。


そのインタビュー読んで、

そっか、見た目とか態度で「オレはパンクだぜ」などと表明しなくても、
自分自身の信じたものを、何言われようと貫き通すのがいいんだって。

綺麗なもの、「教科書」なもの、明るく能天気なもの、
育ちの良いご家庭ご推薦のようなもの。

そういうものを好きだと思い追求しながら、
心はいつもパンクで「Fuck」と言いながらできるんだ、って。

そう思った。


僕は、「ボディブローのように効く」という言葉が好きです。

その攻撃をくらった瞬間的には、なにも効かないのだけど、
後々、徐々に効いてきて、実は凄いダメージだったと気付く。

僕が目指してるのはそんな風に浸透するものなんですよ。
スイーツなんだけど、ピリッと辛いんだって言う、そんなもの。

何層にも重なった、ミルフィーユのような作品です。

そして、そういう発し方をする人が、また好きなのです。

| | コメント (0)

2008年12月25日

アメリカそして日本または釧路もしくは長崎

僕は前回のMy Little Townについての日記を書いたあと、
ある方に「My Little Town」の翻訳と、
内容に付いて御意見うかがうことができないでしょうか?とお願いしていました。

前回の日記で書いた、
何度も読み返すほどの、とてつもなく勇気付けられたメール、というのは、
実はこの方からのものでした。

たぶん、ものすごくお忙しいと思われるのに、
その方は、僕のリクエストに答えてくれたのです!

http://blog.goo.ne.jp/hocuspocushr/e/97a5e083f4911088db65a6becf769846

是非、曲そのものを聴きながら、
歌詞を読んでみてください。

たった1曲でしたが、
これは、たぶん「進化できた唯一の再結成グループ」です。

自らの過去を踏襲するような形でしか復活できなかった大多数のグループと
彼らはまったく違った。

70年代中版という時代も良かったかも。

まだ衰えてなかったので。


ビートルズが70年代にもし再結成していたら、
ここまでクォリティの高い物が産めただろうか。

そんな事を思います。

| | コメント (0)

2008年12月14日

動物的応援

こないだ近所の歯医者に行った帰りに、
偶然シンガー・ソングライター岡野雄一(ペコロス)さんに会った。

行きつけのバーでも時々会うが、そのときの様子とはなんだか違って、
なんだか神妙な顔で何度も「がんばってほしい」と言われた。

世間話も挨拶もなしに、唐突にそれだけを何度も言うのだ。

なんだか不思議な気分だったが、その切々と訴える感じの励ましに
こっちまでジーンときてしまった。

彼は僕よりもはるかに歳が上でベテランの方だが、
実は音楽を始めたのは最近なのだという。

年上の人が演奏する似非フォークみたいなものを認めない僕だが、
彼の音楽や歌は、それらとまったく違っていた。

初めてライブを拝見したとき、
地方で、その年齢で、しかもキャリアも少ないのに、
そのオリジナリティはすげえや、と思った記憶がある。


そんな出来事と前後して、ある方からメールを頂いた。

僕が裏で偽名でブログなどを書いてることはここでも時々言っていたけど、
彼女とは、そのつながりで知り合った。

書かれている内容が実に僕の感覚と近くて、
初めて発見したとき、数年分の過去ログも一気に読んでしまった。
その後、コメントなどで長文のやり取りをしたりした。

相手もまったくの偽名でブログを書いていたので、
お互いに、どんな人なのかという事を知らずに会話してたことになる。

ただ、内容から察するに、自分と年齢が近いであろうこと、
お子さんもいらっしゃるであろうことなどはなんとなくわかった。

今までの僕の中では、知り合いになるはずのないタイプの方だった。
(嫌で避けてたから)

そういったことを知ったとき、その彼女も、
僕と同じように、世代や古い感覚の中でもがき苦しみ、葛藤しながら
なんとかここまで生き抜いてきたのだ、という思いがわいてきて、
まったく知らない人なのに、同志みたいな感覚になった。

この感覚は、他には「山田ズーニーさん」でしか味わった事がない。

そんな人から頂いたメール。
慈愛に満ちたその内容のすごさに、不覚にも泣きそうになり。


このお二方に共通してる点がひとつだけある。

それは、僕が今年どういう状況にあったか、
良くご存知だったってこと。

どれだけ勇気付けられたことか。


なんだかわからないが、繋がったというその感覚。

偶然であった、その辺の猫と会話したような、そんな気分かな。

というまとまりのない感じで終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日

My Little Town

70年代に、この一曲のみ復活したサイモンとガーファンクルの曲です。

http://jp.youtube.com/watch?v=dVGc58r_YTU
http://www.youtube.com/watch?v=uMyzDekZAN0
(ソロバージョン。大雑把な訳詞つき。)

と言うよりは僕にとってはポールサイモンの曲ですけど。

せっかくエコーでこのことに付いて触れたので紹介します。

ここで歌われてる内容は、まさしく僕の故郷を歌ったものでした。
いや。
ポールサイモンが釧路の事を歌うはずはないです。笑。
しかしこれは、当てはまると思う人みんなの曲なのです。

僕が一番感心するのは、この曲の進行の凄さです。
転調を繰り返し、拍子も自在に変化し、まるで一編の映画のようです。

そしてそれは、歌詞の内容と見事に一致しているのです。
これはわかる人にだけわかる高度なバーチャルリアリティなのです。

そして、僕ら音楽を生業にするものにとって勇気を永遠に与えてくれます。
というのは、この曲が全米で日本で大ヒットしたからです。

その夢を、今の日本で魅させてくれる現在進行形のアーティストのひとりが
椎名林檎さんなのだと思っています。

話がそれました。


僕にとって一番重要なことはリアリティです。

僕は、リアリティのある曲しか歌わないし、創らないし、書きません。
そして、そういう方のレコーディングしかしません。

何故ならそれが僕の役割だからです。

もし僕がこんな曲を書けたとして、しかも世界中で大ヒットしたら。
もう自分は死んでも悔いはないと思うだろう。


唐突に話は変りますが、僕はブレイクする前の柴門 ふみさんが好きでした。

彼女の書くマンガは、心に常に突き刺さってきました。

柴門ふみの「柴門」は、彼女がポールサイモン好きだったので名付けたと言うことです。

彼女は四国の徳島出身で、そのまちを出るわけですが、
そのことに付いて書かれたと思われる自伝的作品があります。

その主人公である高校生が、植木を庭に植え、
それを飛び越え続けていれば、木がいくら高く成長しようとも、
自分もそれに伴って乗り越えるのだから、どんなに高くでも飛べるようになるはずだ、

みたいなエピソードがありました。

彼女はいろんな葛藤やら悩みやら抱えながら、
やがて町を出るのですが、

その作品の最後のコマに、このポールサイモンの歌詞が掲載予定だったのです。

しかし、許可が下りずにその歌詞は掲載されませんでした。

その代わりに、

掲載することが出来なかった、

という作者(柴門 ふみさん)のコメントが書かれていました。

それを見たとき

歌詞は掲載されていなかったけど、
その最後のコマに、My Little Townの音楽が確かに流れたのです。

僕はそのとき彼女の言いたかった事が理解できたような気がした。

そして今の自分が言いたいこともそれでわかったのです。

My Little Townと言う曲は、永遠に僕に問いかけてくるのです。

| | コメント (0)

2008年12月11日

ヤマハ好き

私は高校時代以来、オーディオは全てヤマハでそろえていました。

今は他社の機種も使ったりしてますが、アンプとスピーカーだけはヤマハ一本で。

ここは決して譲れません。

いろんな人に、ヤマハ以外の名器とかあるよとか、紹介されたりして聴いても、
どうもヤマハ以外の音を聴くと、おもちゃみたいに聴こえるんです。

なんか汚いんです。

業界では有名なNS10Mというスピーカーがあります。
僕は偶然ですが、これを発売されて間もなく買っていました。

しばらくしてから、これがスタジオモニターの標準として使われてると聴き、
けっこう驚いたもんです。
そんなわけで、僕にとってはスタジオのモニターも聴きやすかったので
非常に助かりました。


今使ってるアンプは、喜多見のリサイクルショップで買った70年代ものものです。
往年の音がして実に聴きやすいです。

しかし、そろそろ接点不良やらガリやら出ていて限界が近いかと思います。

また近々ヤフオクかなんかで別なものを落とさなければなりません。



僕がヤマハすきなのは実はオーディオだけじゃないのです。

音楽もその系統がすきなのです。

まあつまり。
ポプコンとかそういうものです。笑。

とは言っても古いほうですけど。

音大系の先輩が大全集のレコードを持っていて、

谷山浩子さんとか、サーカスの歌のおねえさんとか小坂恭子さんとか。
そういう方々のデビュー前の音源をいろいろ聴いたのです。

後年のポプコンはあまり興味なかったですけど、
それでもたまに往年を思わせる佳曲は出たりしました。

今マイミクにいらっしゃる方々で、
少なからず関係する方がいらっしゃるのも偶然ではないような気もしますよね。

そして仕事のつながりがそっち方面に微妙に多いのも意味ありげです。

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »