« それを生んでいるのも人間である、という想像力 | トップページ | 帰還ストリップ »

2008年11月 7日

いやなものはいや

つくづく私は純粋培養の好きな人間だと思う。

人生の転換期だった15年前以降。

私の活動にとって不要なものはすべて排除する。
そうやってずっと生きてきたのだ。

直感とか感覚で、これはいやだ、と思ったものは全部関係から切った。

「人は見た目である」と言う持論を信じ続けたし。
汚いものや人間も大嫌い。それは外見、中身ともに含む。

それらのことを実践した結果が、この15年の日々なのだ。

2年前、環境が劇的に変化し、そういった15年来の信念を一度チャラにした。

2年過ぎて思ったのは、「自分の信念を変えなくてもよかったかもな」ってこと。

だから、私はまた自分に戻る。

直感で自分にとって不要と思ったら全部排除する。
「何事も見た目である」を信条として生きる。


私の作る音楽は汚れていない、と人に言われることがある。
時には、その言葉に、暗に皮肉や批判が込められてることもある。
そのたびに私は苦しむ。

わかる人にはわかってもらえるが、
私の構築する和声進行には、恐ろしい悪意がこめられている。

私が曲を作る目的は、極論すれば、「それだけ」なのだ。

そうしてすべてを排除して「ふんっ」と生きる。

うざいやつも汚いやつもインチキ野郎も、もう不要。

今後一切近寄るな。

奴等にはそう通達しました。
通達するのも嫌な相手には態度で示しました。

そうしてまた私は嫌われる。
それこそ楽しい人生。

|

« それを生んでいるのも人間である、という想像力 | トップページ | 帰還ストリップ »

コメント

いやなものは いや ほんと、そうですね すっきり なさったからか HNの後に続く、泣き顔マークが にこちゃんマークになりましたね。 直感って大切だと思います。 理性や常識も大切だけど それだけでは 計り知れない違和感を相手に覚えた場合 直感に従うのは自分を守ることになる・・・そう思います 音楽をつくって 世に出すことで生活しているなら 受け取り方は いろいろで・・・ わかるひとにはわかる でも わからないひとには ずっとわからない 見当違いの批判や皮肉は つらいものですが 気にしていたら 本当に自分にしかできない音作りは 遠ざかってしまいますよね 縁を切った方がいい相手なら 嫌われても いい 自分らしく、自由に生きる方が ずっといい 人生は短いですから。 mixiの日記、再開 うれしく拝見しました。

投稿: のえる | 2008年11月 7日 12:12

ありがとう。 僕は、人はなぜ嫌だと思いながらもその相手と付き合ってしまうのだろう、といつも考えます。 嫌ならさっさと切ればいいのに、と。 でも一人では何もできないとよく言うけれど、 それは最低限の必要最小限のものがあればいいのだし、 であれば、若いうちならともかく、老い先も短いのに(笑) 何で不快な思いをしてまで、付き合わなければいけないのか。 そんなことを思いました。 しかしですよ。 尊敬するロバートフリップ氏が、 時々自分を見失うことがある、 その時にわざわざ嫌な奴に会いにいく、 そうすると、自分の立ち居地がはっきりして、またやる気が出る、 みたいなことを言っていて、 まあつまり、自分がそういう目にあったときは、 なにか進行方向に関して、ちょっと考えろよ、みたいな暗示なのかもしれないとも考えます。 順風満帆で歩んでたら人は進歩も考えることもしません。 たまに、こういう目に遭うからこそ、自分もまた成長できるんだと思うんですね。 それで不要になったら離れればいいんです。笑。

投稿: kara_ヽ(^o^)丿 | 2008年11月 7日 20:56

いやなやつをいやだと感じる理由がほんとは自分の中に場合もある。だから吟味しなくちゃと思う。でも自分を清く?保つために離れた方がいい人もいる。私は、いやだいやだと思っても人間関係うまくやりたいタイプだった。自分の考えを曲げてでも丸くおさめたり、多数の賛同を得る方が安心だったし。でもその基準捨てたんだ。そしたら今のほうが堂々とものが言える。今のほうが人間関係もなぜか円滑やな。もともとのキャラクターはなかなか完全には変わらないけどだんだん余計なもんがとりのぞかれていくのかもね。

投稿: めりーゆみ | 2008年11月 8日 13:42

それはまったくそのとおりだねー。 お互いこの歳になって、また気付く事がたくさんあるっていいことなんじゃないかと思う。 僕らはもう一度、第二の青春なのかも。だね。 最後のあがき?笑。

投稿: kara_ヽ(^o^)丿 | 2008年11月10日 03:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それを生んでいるのも人間である、という想像力 | トップページ | 帰還ストリップ »