« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日

歌なんだから語りかけるな。

これはもう昔からの僕の個人的趣味なので、しょうがないので許してほしいんだけど、ともかく、歌とか音楽というのは、歌や音楽である以上、音楽として成り立たなければ存在の意味がないと考えている。

だから、語りかけるように歌う、とか、言葉が染み渡る、とか、そういうジャンルの音楽(って言えるのか?)が大嫌いだ。よくいるでしょう。どっかの田舎に行って大自然の中でアコギで歌ったりする人*1

たとえば歌を歌っている人に対して、詩がいいとか言葉がいい、という褒め言葉は、それはイコール曲はつまらない、と言われてるのと同義だと捉えるべきなのだ。そんな褒め言葉は文芸の分野なんであって、僕にとっては音楽に対する褒め言葉ではない。
そういう事を重視するなら、例えばトラックだけ流して朗読とかラップにすればいいだろうと思う。その言葉にメロディが付いてる理由を考えてほしいのだ。歌というのは総合芸術。言葉とメロディと和声進行による感情の動きが、すべて見事にリンクしたときにだけ起こる相乗効果のリアリティ。そのどれが欠落しても音楽とはいえない。

音楽を創っている、と自負するならば、言葉に費やす時間とエネルギーを、ちゃんとメロディと和声進行のほうにも費やせ、サボるな、と言いたい。そうしてサボった結果、完成度の低い楽曲になってもそれ自体は自己責任でしょうがないけど、それを持って歩いて、路上だの慰問だので、弱者に媚びたり押し売りするなと言いたい。

アーティストみたいな人を見慣れていない、そういった音楽弱者な人々は、目の前で目を見つめられながら「語りかけられる」ように歌われると、「素敵…」って騙されてしまうだろうが。極めて卑劣なやり方だ。

なぜここまで厳しい事を書くかというと、それは、その手の方々が絶対に手を抜いていると確信するからである。何度でも書くが、これは「音楽」なのである。朗読ではない。歌詞に費やすのと同じだけの努力と時間を、音のほうになぜ割かなかったのか。それができないのなら、なぜコラボレーションなり共作者を見つける努力をしなかったのか。それはメロとか音楽というものを舐めてるのではないか。適当に音程の高低が付いていて、あとはパフォーマンスや歌声でごまかせば、楽曲「風」なものになるだろう、的な傲慢さがなかったか?

そういうことは中高生にのみ許される事であって、いい年をした大人のやることではない。音楽と言うのは、そういった傲慢な人を惹きたてるための道具ではない。そういう行為を日々犯しながら、「音楽とは音を楽しむ事だ」などと詭弁をほざく人は、全員音楽の前にひれ伏すべきだ。

*1:一応断っておくけど、そのジャンルでもプロの人はちゃんと、それなりの完成度あります。

|

2008年3月18日

春のプリンタ祭り

プリンタが、ついにヌッ壊れてしまって、
そしたらイマドキの新品は、すごい安い事を知って
ついつい見境なくポチっと買ってしまったら
OS9では使えないじゃーーん、ってことを知り、
譜面の印刷ができないので、どどどどうしようとか思ってたんです。

そんでね。

OS9だとプリンタが繋げないことがわかったから
Macのほうから、MIDIファイルをウィンドウズ側に送って
ウィンドウズのほうでプリントしようと思ったのよ。

ところがですね。

実は引っ越してから愛しのMacクイックシルバーの
うまい置き場がなくて
ネットやLANに繋がってなかったのですよ。

それじゃマックからウィンにファイル遅れないじゃん!

そんで早急にLANに繋げなきゃいけなかったわけですね。

それで、大家さんに頼んで、
ドアの下に穴あけていいですか?と頼んだところ
無事オーケーをいただき、今朝9時前から工事。
写真1が、ケーブル類を通して見事廊下に追い出されたマックです。

さあ。
やっとマックが繋がり、
曲のMidiファイルがウィン側に送られたわけですが。

ウィンドウズ側でMIDIファイルを譜面に変換してくれるソフトが
果たしてあるのでしょうか、ってんで
工事終了後の午前中いっぱい探しまくったわけですよ。

そんでね。

これだめあれだめなんだこりゃの連続で、
もう無理ぽ、壊れたプリンタ7000円で修理だそうか…
まで思い悩んだとき、
ある質問箱サイトに、Midiファイルをピアノ譜にできるか?
っていう質問があって、
おおおおおーーー、このトピ主はまさに私!みたいな出会いでですね。

そんで、カワイのソフトを二つ使って
まずMidiを譜面ファイルに変換し、もう一個のソフトで
譜面の印刷プロパティを設定する、という方式で、
無事プリントアウトする事が可能になったわけです!!

そんなこんなで無事プリントアウトされた譜面が写真2ですよダンナ。

そんなんで大仕事ひとつやりおえたみたいな
さわやかな午後を迎えております。

おそらく、この文章読む人のうち、2割くらいしか理解できないと思います。

理解できなくてもあなたは正常なので大丈夫ですよ。

| | コメント (5)

2008年3月16日

unloved

よくよく落ち着いて考えれば例えばオレなんか、ネットのほかの人たちに比べれば破格に愛されてるはずなのに、なんで自分は全然愛されてないって感じるのだろうか。

それはたとえば。

B → オレ → A

みたいなベクトルになってるからだろう。Bはオレの音楽とか気に入ってくれたり、なんかオレの中に見出して好きになってくれてる人。でも自分はAのほうを見てるわけ。いくらB群の人に好かれても認められても、自分としてはA群の人に見られて認められて好かれなければ意味がないと考えてる。


実は以前、似たような事をここで書いてるんだ。

餌付けピラミッド

元々、人に愛される事が少なかったオレは、B群の人にちょっと人気が出始めた頃、嬉しくて調子に乗ってしまい、それまではAのほうを向いて頑張ってたのに、B群の人たちのほうに向き直ってしまったのだ。そしてB群の人たちに向けていろんなことを発信してるうち、すっかり落ちぶれてしまったというわけ。

その辺の事を書いたのが以下のエントリでしたね。

ありのままの自分を受け入れられると努力しなくなる

それで教訓だったのは、B群の人にいくら愛されても呼ばれても、振り向いたりしてはいけないってこと。しっかりとA群を見つめて進んでいかなければならない。B群の人たちも、Aを見つめて進んでるオレのことが好きなのだ。自分たちのほうに向き直る人なんて魅力などないのだから。

だからね。余談ですが、そういうAに向かって強く進んでた人がさ、なんか最近、B群のほうに向き直ってるなって感じたら、その人はちょっと疲れてるかもよ。周りにそういう人居ないですか、そうですか。

ということで、もう判ったと思うけど、これはAの人にも言えるのね。いくらオレが必死に、振り向いてくれ!愛してくれっ!て叫んでも、A群の人がこっちに向き直ってはダメ。それは「ゲィムオーヴァー」なんだよ。Aの人も、A足りうる為には前を向いてなきゃいけない。

愛されていない、と感じ続けるのは非常に苦しくつらい。しかし、Aに振り向かれて受け入れられるのは困る。だからオレの「愛されたい渇望」も一生満たされる事はない。

しかし、それでいいのだ。

|

2008年3月14日

表現者の生命力についての考察

子供の頃から何かと過敏症で、ともかく物事に集中できなかった。

夏は汗疹。ちょっとでも出るともう痒いわけ。アトピーではないけど、そういう人の気持ちが夏だけはわかる。冬は冬でリアル毛糸のニットとか着ると触れてる肌の部分が、ちくちくしてともかく痒い。タートルとか着ると、首の部分をずっと引っ張って延ばしてたりしてた。あとは、ベルトとかゴムとか、締め付ける部分ね。あれも痒いね。

あとは通年で鼻炎。ともかく鼻水が出るわけだ。ティッシュ突っ込んでいたい気分。鼻用のタンポンとかなんでないのかね?って思うくらい。そんでクシャミ。昔は目立とうと思ってわざとでかい声でくしゃみしてた事もある。ストレス解消。いまはそんな、おっさんくさい事はしない。

それで気管支喘息も持ってる。これは通年ではないんだけど、季節の変わり目とか、部屋が変わったり、人の家訪ねてそこの環境やらハウスダスト環境によっては、出る事もある。

喘息の人は良く判ると思うが、本当に苦しい。でもおとなしくしてると、何とか普通にしてられる。それがまた他人には「具合悪いと言っていながら元気そうじゃん」ということになり、その疑いの目がすごく嫌だ。

この喘息の発作はいつおきるか判らない。だから、毎日ひやひやしながら生きていた。気分的にすごく落ち着かない。

ということで、勉強でも図工とかでも、とにかく集中できないのよ。何かに打ち込む、ってことは、オレにとってはものすっごくハードルの高い事だった。
だってさ、作業してれば鼻水ズルーだぜ?ほんで身体中なんだか痒い。おまけに近所のやつが騒いでバタバタホコリとか立ててみろ?それ喘息フラグですから。
それで修学旅行とか合宿とかあるじゃん。あれがもうとてつもなく怖い。どうか世界中の神様、喘息だけはご勘弁を。と祈っても出るものは出る。泊まった翌朝、起きて呼吸を確認し、喘息になっていなかったときの、もう天にものぼる気持ちは、ほかの人には理解できないだろう。

そういうわけで、ともかく集中力は5分くらいしか続かないような子供だったのだが、それでもそのハードルを越えて集中できたもの。それが音楽だったというわけですな

なので、オレとしては、それが自分の本能なのだと理解し、そこに生きる道を求めたということだ。

音楽の道に入っても大変だったけどね。でもそこに人生かけてみるか、という気概が生まれたので、今までの経験から、どのような状況で、痒いだの喘息だの発生しやすかったか、綿密に自己分析し、なるべく回避できるよう対処するようになった。つまり、目的がはっきりしたので、ちゃんと生きようかな、とそこではじめて思ったということである。

それでおもしろかったのは、例えば知人に「夏って汗かくからアセモでない?困るよね」と聴いたりすると、ちゃんと答えが返ってくることだった。たとえば「きみは本当にばかだな。こまめに拭いたりするんだよ」とかね。

ほかにも「おまえ、あったかい部屋とか寒い戸外とか環境変わっても、服脱いだり着たりしないよな、それじゃ風邪引くだろ?」と言われた事もある。

生まれてから長年悩ませ続けた、体質問題の解決法がこんな簡単な場所に潜んでたのだ。これらが常識と思ってた人には、なんていうゆとりなんだ?って思うかもしれないが、だが、オレはそういうことを教わってなかった。

というか、教わってたのかもしれないけど、ともかく親とか大人が嫌いだったので、言われてても無視してたんだろうと思う。「ふんっ」って感じで。

結局、結果には原因がある、全面解決できなくとも、可能な限り回避する事ってできるんだなあ。と。すっごく大人になってから知ったのだった。

 

さて。音楽が自分の本能だと心より認識した後、ちゃんと生きようと決心するようになったと書いた。それは、ほかでもない、この自分自身の身体が商売道具であり売り物であると認識した結果でもある。

それまでも少しその気配はあったのだが、オレはなぜかオバサマに人気があった*1。オレの分析はまずそこから始めた。オバサマがオレの中にみる魅力というものを自分なりに分析し、まず外見をその方向性に徹底する。そうしてそれを拡大し、下の世代、同姓にまで広げて行くよう心がけた。もちろんそれは音楽性もそうだ。自分の各作品の中にある、もっとも映える魅力の部分をしっかり分析し、そこをさりげなくフィーチャリングするよう心がけた。

そして上で書いたように、いつ何時どんな依頼があっても困らないように、部屋の環境、健康維持、体調管理などもろもろ徹底した。どんなときでも「最高にかっこいいオレ」であること、そうやって生き続ける事を至上の命題とした。

全部誰かのためではない。自分自身のためだ。そうすることによって人気を得て、人々に認めてもらうことが最高に気分良かったからそうしたのだ。

そうして少しずつオファーなどが来るようになり、いろんな人が適切な意見を言ってくれるようになる。そうして、その人たちが言ってくれる自分の魅力データの蓄積がますます増え、その後の行動がとりやすくなった。

ちょっとずれるけど、オレにとってすごく意外だったのが「あなたは声が良いねー」という意見だった。それまでの人生でオレは自分の声*2を貶されてばかりいて、周りの人も一度も褒めてくれた事がなかった。それゆえ、自分は歌は好きだが、歌で仕事する事は無理だろう、だから作家とかアレンジャーになるしかないな、と思っていた。それなのに、だ。ある時期以降、特に「業界」の方々は「声が良いんだよ」と口々に言うのだ。これは本当に物凄くびっくりしたしショックでもあった。

人は自分のことを知ってるつもりでも、全然知らないんだなあ、と。そして、ごく若い頃の心無い意見は確かに傷つくけど、そんなの一過性のものだ、と。広い世界に出れば、全然ありえないような自分の「売り」を発見してくれる人などたくさん居るってことなんである。
そんなんで、今のオレは、そうした周りの方々に生かされているとも言える*3。そうでなかったら、とっくの昔にメタボ路上生活者とかになって朽ち果てていたのではないだろうか。

どちらも今へヴィーリスナーではないけど、以前オレが好きだったアーティストにビートルズとビーチボーイズが居る。どちらのグループも、オリジナルメンバーのうち2名は亡くなっている。オレはこの生き残ったメンバーの中に「強い生命力」というものを見る。

例えばビーチボーイズのブライアンウィルソンはどうだ?彼なんか、メンバーの中では一番最初に死にそうだったのに、結局ウィルソン兄弟のなかで最後まで生き残ってしまった。ポールマッカートニーなんか見るからに絶倫で生命力強そうだし。対してジョージハリスンのほうは、最後までなんだか頼りない弟のままだった*4。まぁジョンレノンは射殺だったのでなんとも言えないが、今生きてたとしたらマッカートニーとどっちが元気だったか、興味はあるね。

そんな現実と生命力の残酷さを、早々に*5見せ付けられたのが、例のストーンズのブライアンジョーンズだろう。元々結成者でリーダーだったのに、その座をジャガーに取られ、恋人も取られ、バンド内での居場所もなくなった。ロックンロールサーカスでのお客さんぶりは、本当に観るたび辛くなるばかりだ。一般的には、ゴダールの映画の中でのブライアンのことをそう見ることが多いけど、オレは真に残酷なのはロックンロールサーカスだと思う。あの大勢の仲間の中で明らかに一人だけ「お客さん」だとわかるからだ。

誤解を覚悟で言うと、何かの表現者が、すべてを言い尽くしたとき、生命力というものが潰えるような気がしてる*6。ジョーンズのほうのブライアンも、例えば地味辺やシドヴィシャスといった人たちも、もし生きてたらどんな作品を産んだだろう、というIFみたいな興味はわくけども、実際にあれ以上何かの作品を産んだ、という想像はしにくいのだ。ハリスンにしても、過去ログのリマスターが残っていたし、それに付随する回顧録とか残した仕事はある。しかし新譜をあれ以上残すとは思えなかったし、リスナーもそれを望んでいなかった気がする。あちこちのセッションに顔を出しつつ優雅で楽しい余生、それがハリスンのイメージだった。


今回のインスパイアもとはこちらだ。

404 Blog Not Found:バイキング式のレストランで給仕を待つ君たちへ

今回のエントリに関連して言えば、つまり、生きようと思わなければ、そこにある食い物も食おうとは思わないってことだ。

始めのほうで書いたように、様々な障害があって物事に集中する事が本当に難しかったオレは、何かの最中に「ええーい!もういいわっ」と投げ出す事がとても多かった。そして、生きること自体に対してもそう思うのは時間の問題だったと思うのだ。それが、「自分は音楽で生かされている」と気付かされたとき、むくむくと「生きたい」という欲望というか本来の本能が目覚めてきたのだ。

喫煙者は緩慢な自殺をしている、という言い回しがあるけど、まあその言葉の是非はおいておいて、生きたいと思ってない人はみんな「緩慢な自殺」を望んでるんじゃないのかな。もちろんオレもそうだった。さっさと人生過ぎてくれって思ってた。「今は死ねない」と思ってから、初めてその為に動き出すのだ。

*1:その前兆がこんなところにw 私の人生暗かった
*2:歌じゃない。声。うまいし音域も広い、でも声が嫌い、と言われ続けてきたのだorz
*3:今のオレは体型と体調と声の維持を至上命題として生きている
*4:貶してるわけではない。反論無用
*5:ロック創世記で一番最初に亡くなった有名人が彼じゃないか、と。
*6:自殺を除く。自殺っていうのはまた何かの表現なんじゃないかという気もする。

|

2008年3月13日

長崎のラーメン事情

最近の日記は暗いとダメだしされました。wwww

でも私としては、こっちもふつうなんですよねー。
バラエティっぽくていいじゃないですか。

といいつつ、楽しい日記書いてあげますわ。



最近、長崎のラーメンを探求中。

こないだ夜中目が覚めて眠れないので、
ふと思い立って、「長崎 ラーメン」で検索して
みんなどういうのがうまいと思ってるのか研究してみたんです。

それでわかった感じとしては。


三パチラーメンというのが基本にあり、
長崎の人は、良くも悪くも、ここのラーメンを基準ラーメンと認識。
(写真1)


思案橋ラーメンは、飲んだあと夜中に仕方なく行く、
みたいな、ネタとしての存在の意味合いが強いが
この店のバクダンラーメンと、チャーハンの根強いファンも居る。
福山雅治くんも良くここに寄る。


一度東京に出た人や、本州からの移住組は、
ヨコハマのしょうゆ味ラーメンを懐かしく思い、よく食べる。
本店のおねいさんはとても美人なので、今も人気者。
(写真2)


あとから出てきた、料亭系らーめん、池袋修行系ラーメンなどには
賛否両論あり。
しかし、本州北海道のラーメンを知ってる人と知らない人の
「ラーメン」というものに対する概念が違っている可能性もあり。


とんこつ系の後続組、まるよしとからららとか山小屋とかは
一定の評価あり。
僕個人としても、安全を求めるなら(笑)、ここに行きますが
安全な場所ってつまらないじゃないですか。
はたしてここはうまいのかどうなのか、っていうどきどき感が好きです。

さて。
みなさんはいかがかな?

ちなみにこっちではサッポロ系に出会ったことはないです。
まだ懐かしくはなりません。大丈夫。笑。


次回はちゃんぽんだ!

| | コメント (6)

2008年3月10日

ポケモン田尻さんの思いで。

私が西新宿でビデオ屋さんをやってた話はしましたが、そこの常連さんが田尻さんでした。

当時うちのお店では映画も扱っていて、ソフト化されていない貴重な映画とかカルトもの、フランスものなど、マニアがほしがるものが多数あったのです。

最初は普通のマニアックなお客さんの一人、と言う感じだったのですが、偶然僕らがしていた「シベールの日曜日」の話題に反応し、のりや性格が似てることが判って、仲良くなりました。

「ピンクフラミンゴ」とか「不思議の国のアリス(エロ版)」とか寺山修司とか、「ふくろうの河」とかもみたかな。「アンダルシアの犬」もあった。「フリークス」も覚えてる。

ともかく営業そっちのけで、お店でたくさん一緒に観ました。

前にも何処かで書いたのですが、ぼくが映画を見始めた頃、はやっていたのがパニック映画とか恐怖映画ばっかりだったので、すっかり映画が嫌いになってしまっていて、当時10数年、映画を観てなかったんですよ。トラウマです。

それが、こんな映画もあるんだなあと、すっごく認識が変わったんですよ。映画って言うのも表現のひとつなんだな、と。

彼との会話はとても楽しかった。視点も面白かったし、なによりツボが一緒なんですよね。

お店がなくなる寸前くらいに、「会社をやるのでよろしくね」と名刺を置きに来ました。その会社が「ゲームフリーク」です。

その後しばらく会っていなかったんだけど、数年後に銀座線の電車内、赤坂見附付近で偶然あって、「あーーー!」とお互いびっくりしたんですよね。

その時も「シベール!懐かしいね」って盛り上がりました。

その後はみんなご存じの通り。

彼が生んだポケモンは今や世界中の人が知っています。

多分彼は今も変わらないんだろうな。と思います。いつか会いたいねー。

| | コメント (3)

2008年3月 9日

ミュージシャンと呼ばれて

僕は常々思ってるのですが、自分は果たしてミュージシャンなのだろうか?と思います。

こう人に紹介され始めたのって96年くらいからなので、やっぱりドラマーでなくなって、自分で歌い始めてから、そういう雰囲気になったってことですね。

ドラマー時代はもちろんハコバンもやってましたけど、自分の中で「これは本職ではない」という意識がビンビンにあって、決して音楽家っぽく「見えない」ように、外見を気をつけていました。

ドラマーてのは常に足りないパートなので、重宝がられて売り手市場なんですよ。だから別にそんなこと気を遣わなくても良かったのです。おもえばドラマー時代の僕は、ずいぶんと傲慢だった気がします。

話が反れてきた。

そういうわけで今はミュージシャンぽいのだろうけど、それでも、そう呼ばれることに違和感があります。

ではいったい今はなんなのだ?といわれると、難しい。

音楽家をアーティストと呼び出したのはいつの頃からか。

ウィキペディアに詳しく書いてありましたが、それってやっぱり、みんなミュージシャンって呼ばれることに違和感あったから、多分アーティストって呼ばれるほうを受け入れたんだよなと思います。アーティスト、っていう言い方も仰々しくて当時は違和感あったけども、それでもミュージシャンよりはましだなと思ったのを覚えています。

自分は根っからの音楽家なのか。よくわかりません。でも人は「根っからの音楽家だよね」と言います。そういわれてるうちは、まだまだ一人前じゃないような気がします。趣味でやってる人って言うか。職業っぽくないです。アリとキリギリスのキリギリスというか。

はやく、製造業みたいな一業種としてしっかり認められるようにしなければ。

| | コメント (4)

つぃったー

おもしろさをどう説明すればいいのか難しいので今日考えていたのですが。

メッセとかの発言が、自分の友達全員にリアルで公開されていて
眺めてても良いし、反応して発言しても良いし。みたいな。

たとえば曲作りのイメージ探るんで、よく散歩に行ったり電車に乗ったりしたんですが、僕の場合それで景色とかを見るってほどではなく、人の行動や会話なんかを観てるんですよね。それでヒントになったりするわけです。人と会うとかって大事なんですよ。

メールや直通メッセって、用事があるから来るんだし、ちゃんと反応しなきゃならないけど、つぃったは別に反応しなくても良いし、会話のザッピングですよね。

BGMとか僕の場合はBGTVだけど、これの場合はBGトークっていうか。音はしないけど、川の畔で流れる、会話や独り言の文字を聞いてるみたいなものです。

そうだなー。

今思ったけど、日テレのバイトで、僕一人だけみんなと違う仕事してたから、控え室でも一人でぼーっとしてたんですよ。

大勢のバイトの人たちが入れ替わり立ち替わり入ってきては、ふざけたり悩んだりやけになってたり、いろいろ会話が飛びまくってて。

その状況は、あの部屋の状況判る人ならすぐ判るはず。

そうして僕も、面白い話なら聴いて笑うし、興味なければ、別なこと考えてる。たまには参加するし、時間が来れば仕事に出る。

それと似たことを、いまやってるんですね。

おもしろいね。これは。

僕の作品作りのモチーフって、たいがい音楽じゃないんですよ。全然関係ない、こういうことが、すっごくクリエイティヴ脳を刺激するのですよ。

といったことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »