« 長崎さかな祭り 2007 | トップページ | ロバート・フリップ特集4 × からかわ特集 »

2007年10月23日

iTunesでアルバム・リリース!

Babybabyminijacke

ニュー・リリースのお知らせです。

アルバム「BABY BABY featuring GIRLS!」が
10月4日、iTMSよりリリースされました。

(ご購入は こちら をクリック♪)。

女性ヴォーカルの方とコラボした曲を集めたコンピレーションです。
収録曲は10曲(9トラック)。
偶然ですが、ほぼ製作順に並んでいます。

曲の解説を書いておきます。

*自由になるわ feat. yuuka
ユウカさんのVocalを録ったのは、なんと1993年です!当時は全然別なアレンジのオケに乗っていました。その時は自分の未熟さで完成できず(ユウカさんすいません)、自分の曲「真冬のエスキモー」として転用しました。でもやっぱり、やり残した仕事は悔いがずっと残るのですよ…。
どうしても完成させたかったので、Mac導入を機会にリメイクを決定。ヴォーカルはデジタル 8ch マルチ・レコーダで録ってあったので、デジタルのままMacに移動し、別なアレンジのオケを創り直して乗せました。機材試験の意味もあったので、HDDレコーディングの利点を駆使しまくりました(そういえば初回レコーディングも 8chレコーダと音源の試験かねてた気がする…)。僕も少しハモってましたが邪魔なので、ほとんど消した。アコギとグロッケンは友人W氏のロジックで重ねた。つまり、このアコギは打ち込みです。

長崎でFMの番組制作担当になった際、これのインストをテーマ曲にしました。ユウカさんのリードヴォーカルを抜いて、そのかわりピロリーナさんのスキャットを入れました。反応が良くて嬉しかったです。


*holiday feat. takumi(作詞も)
*ふたり feat. takumi(作詞も)
たくみちゃんです。これこそ女心!みたいな乙女な歌詞を付けてくれて、ほんとに素敵になりました。特に「ふたり」のほうは切々と訴える感じがキュンと来ます。ぜひ聴いてください。


*等身大メモリーズ feat. リンリンコリンズ
難しい曲ですが、独特のウィスパーヴォイスで世界観を創っていただきました。レコーディングで初めて聴いた時、凄く新鮮でした。同じ曲がこんな風に印象が変わるのだ、と。
僕のオリジナルとはメロディを1箇所変えてあります。サビに行く直前のドミナント部分、つながりやすいように2音だけ変更したのです。良くなったと思いますよ。(リンリン"SOPHIE"さん


*ドライブ feat. naho onda
タレントの恩田菜穂さんです。これも僕のオリジナルとは全然印象違います。女の人が歌うとこうなるのねえ、と…。菜穂さんは裏声の取り方が綺麗で、自分とどこか似ている部分がありました。
コーラスアレンジはビーチボーイズ風で。ギターソロは僕が弾いてます。2テイク弾いて良い方を使えばいいと思ったんだけど、2個とも使っちゃえってことになって2つのソロが同時に鳴ってます。


*くじら日和 feat. Pirolina (作詞 Pirorina)
ピロリーナさんが店長をされている鯨肉のネットショップ「くじら日和」のコピー文を、そのまま曲にしたものです。CMジングルみたいで良いです。


*BABY BABY feat. Pirolina (作詞 piro / kara)
アイドル用の仮歌として録り始めたんですけど、せっかくならこのままリリースしちゃおう、ってんで公開になりました。これの歌はものすっごく難しいです。ジェットコースターメロディです。アイドルにこういう超絶技巧な曲を歌わせる、っていうのはよくあるんですけど、これは本当に大変だったと思う。最後までちゃんと歌ってくれたピロリーナさんには、心からお礼を言いたいです。


*ひろ 3/4 feat. Pirolina (作詞 Pirolina)
派遣会社インテリジェンスのCMタイアップとなった曲です。TVで流れています(東北地区)。これはピロリーナさんとの初コラボ曲です。なので感慨もひとしおですね。創り始めた当時は、まだ僕は東京に居たので、長崎在住のピロリーナさんとのやり取りはメールや電話でした。歌詞と歌のイメージを伝えてもらって曲を付け、それを電話口で弾き語りしてOKもらったり、というように作業を進めました。アーティストの全ての萌芽は処女作にある、と言いますが、これもまさにそうだと思います。ピロリーナさんの歌詞と歌がなければ、こうなっていないのです。素晴らしいです。(シングルカットもあり)


*春のコート feat. SWAN
長崎と繋がりが出来て、他の方にも曲を書くことになりました。実はこの曲は歌う候補が3名居たんです。結果的にSWANさんになりましたが、ほかのバージョンもやってみたいですね。
SWANさんの歌い方は「遅れるほどではない絶妙なタメ」というものがあって、「え?テンポ変わったっけ?」と思ったほど、デモと表情が変わりました。癒しのシンガーと言われる理由が判ります。僕は、崩して歌うフェイク唱法が嫌いなのですが、こういうのなら逆にオススメしたいくらいです。
これの歌詞は「好きな人、というのは自分の心の傷でもあるんだ」という観点で書いた。好きな人と出会う、ということは自分の心の傷にまたひとつ気付く、ってことでもある、と。


*Flyaway with ピロリーナ
この期に及んで、僕の歌など要らないですか?でも、自分の歌がないってちょっと淋しかったので(笑)。これの解説はここに詳しく書いてますので、お時間ある方はぜひどうぞ。


以上です。


なお、現在のところiTunesオンリーの発売となっております。


そういったことも含めて、ぜひぜひみなさん、
どうかどうか買って聴いてみてください!

バラで買えますからね!150円!
ストリートミュージシャンじゃないですけど、カンパのつもりで!笑

ぜひともポチっとクリックでお願いします m(__)m


ご購入は こちら をクリック♪

(試聴できます!→BABY BABY sampler♪

|

« 長崎さかな祭り 2007 | トップページ | ロバート・フリップ特集4 × からかわ特集 »