« 肉体に支配される脳 | トップページ | テクノでドーパミン »

2007年8月28日

底辺の底上げで焦る私たち。

市井の人々がチラ裏であれ詳細オタク的研究成果であれ、ウェブなんかで発信できるというのは、その分野の底上げのためにはとても良いことだと思っていて、つまり、のほほんとその特殊分野の上に胡坐かいて「大御所でござい」と威張ってた連中が居たわけだよね実際。本当に尊敬できる方ならいいけどね、特にビートルズとかそういう利権がでかい分野は、本当にいくらでも自称大御所はいるからね。そういうの悉く駆逐してくれるってのがウェブの良いところで、それによって、プロの方々の仕事も良くなっていくだろう、っていうのがオレの3年前の自論だったの。

だいたいね。普通の方々のそんな仕事がいくら素晴らしいからって、それに負けてるっつうーのは、プロとは言えないと思うよ。それは例えば、音楽もそうだし、動画もそうだし、2chネタスレとかもそうでしょ。プロはそれでメシ食ってるからプロなんであってさ、素人のアップするそれらコンテンツに負けてる、っていうのがもう信じられないことなわけだし、プロが信用を失うことになるし、一発屋が金鉱発見的山師に見られたり、例の管理団体が巨悪扱いされているのは、オレらとすれば悲しすぎる現実なのよ。

それはひとえにプロというものの仕事に世間の人々が絶望してるからこその扱いに他ならないと思うのよね。

今も昔も、人に勝てるっていうのは、唯一無二だからなのであって、タレント、という言葉のそもそもの意味のとおり、何か持ってなきゃ、それは職人さんでも卓越した技術とかなんでもいいけども、ともかく普通の人に出来ないから、それでメシ食うんだ、っていうその意識が不足してるんじゃねえか、って思うのよ。

どっかのスレッド書籍にしたりとか、それはオマエラ仕事として胸はって、良い仕事したって言えますか、って。それで食っていったり家族食わしたりしなきゃいけないんだろうけど、例えば戦後にヤミ米は食わん、と言って餓死された方が居たって話があるけど、汚い金で買ったメシって、果たして美味いのか?って一度訊いてみたいんであって、それでも彼らは、同じメシに変わりはないって言うのかもしれないけど、オレは嫌だね。

それって役得というか、たとえばAV撮影現場だと裸見れるぜ、っていうのと変わらんっていうかさ。裸見れるからAVの中の人になったのかい?って。まぁそれは少しはそういうのあるだろうけど、そんなんで続くんだろうかって。そりゃあオレも大昔はストリップのバックで演奏なんかして、さして綺麗でもないおねいさんのオマ○コ見れましたが、その為に演奏してたってことは別にねえんだよね。

それを、就職しちまえばこっちのもんだと言わんばかりに、会社のデカイ名前に隠れて好き放題しまくるって、それも利権なんじゃないか、って思うわけだよ。やったー会社のボールペン使い放題だぜ、っていうのと、やったー2chスレ本にし放題だぜ、っていうのとさして変わらんじゃないか。

前どっかで書いたけど、プロとかメインとか、ともかくその中心たる人たちがちゃんとしないと、サブとか、セミプロとか素人とか、その区別がつかなくなるんだってば。

今はね。素人や市井の人々が凄いんじゃなくて、プロの側が凄く無さ過ぎるんだと思うんだ。底辺が底上げされた結果、自称プロだった人たちが全員その底に埋もれちゃったんだよ。

上のエントリで既出の ymScott氏エントリーより。

全員が作者になったら、それはつまり「求められるクオリティの底上げ」に他ならんですよ。芸術作品の評価は相対によるものが少なくないので。

うん。
気付いたのなら、やるなら今だよな。>自分。
まだ間に合うと思うんだけどな。

正規雇用の反対側 - アンカテ

ということで、この関連。まぁ参加のハードルは低いほうが良いんだけどね。ここ昨今の一部の不甲斐なさ(自分含む)から言えば、言われてもしょうがなくはあるね。うん。

|

« 肉体に支配される脳 | トップページ | テクノでドーパミン »