« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日

粗食も目標があってこそだ

貧窮状態だったとき、胚芽米を炊き、それにふりかけをかけて食う、という食生活を半年ばかり送ったことがある。もちろんそれでは倒れてしまうから、時々はトマトや納豆など食ったが、週のうち半分は「ふりかけ定食」だった気がする。本当に「米とふりかけ」だけ食っていたのだ。

もちろん周りの知人達には「辞めたほうが良い」と忠告された。その忠告には、健康上の問題だけでなく、そんな暮らしをしてどうなるのか?という批判も含まれていた。

ちょうどその頃付き合ってたセンパイで、実家が寺の人がいて、既に何ヶ月も修行なんかに行ってたんだが、一時帰宅するってんで、みんなで会うことになったんだよ。

そんで集まった際に、オレのそんな食生活のことが話題になり「どうよ」って話になったんだが、意外にもそのセンパイが言うには、だ。

「オマエのことだ、何か目標があるからやっているのだろう。目標があるのなら、やる意味はあるんだ。ただ金がないとか、人生捨てたとか、そんなことでそういうことをしてるわけではあるまい。何かに繋がることなのであれば、今はそれで良いのだ。意味はあるのだ」


思いもしない肯定に一同黙ってしまった。


ちょうどそれは、前々回のエントリで書いた「あるヒトに全否定された事件」から半年後くらいのことだった。

精神的どん底状態から、なんとかやり直そうと足掻いてた頃だったと記憶する。

今思うと、粗食をすることで、無理矢理自分を飢餓状態にしていたのではないか、と。そんな気がした。禁欲生活だ*1

満足感、達成感は仕事のみで得る。他の事で簡易的に満たしてはならない。


そんな気持ちだったと思う。


今でもオレは、理由がなければ美食はしない。風俗博打その他での浪費活動は一切なし。マニアックな研究以外の趣味もない。

そんな自分は、実際は、誰よりも美食家だし飲酒もザルであり性的欲望も誰よりも激しい、と皆から言われる。煩悩過多な人間である。

しかし、それらのいずれも理由がなければ絶対に実行動に移らない。そうすることで自らを律し、エネルギーを貯めてるのだ。

思えば、それも粗食と似ている。確かに味気ない毎日かもしれん。

しかし。

目標があるのなら、それでじゅうぶん耐えられる毎日なのだ。

*1:そういえば、そのセンパイが行なっていた仏門修行も似たようなものだった。

|

2007年7月29日

匿名な音楽を創る

匿名実名論というのが、未だに飽きもせず続いてるわけだけども、オレの自論は、重要なのはその内容であって、誰が言ったかということではない、というものである*1

さて。

最近になって気付いたのだが、オレの音楽の嗜好も実は似ている。つまり、何処の誰が作ったのか、演奏しているのか、唄って居るのかはわからないが、純粋に音のみで浸透する、というのが理想だと思ってるふしがある。

これはたとえば、CMの(タイアップではない)音楽や、電車バス等で流れる音楽、放送局のジングルみたいなものなど。実はこれらの仕事がオレは大好きなのだ。先日の、大先輩である生方さんのサウンドロゴの話もあるが、もちろんオレだって手は抜かない。一瞬で耳に残る言葉とメロディ、音色、構成、ごく短い10数秒間に存在する音、すべてが計算ずくである。出来上がったときは「やったー」と思うし溜飲下げまくりだしアドレナリン放出。「おつかれ。自分」とささやかな自分褒めを行なう。

そんな代物でも、世の中のほとんどの人が、何処の誰が創って歌っているのか知らない*2。記名性ほとんどゼロ。音のみで評価されてる。これこそ究極のスタイルのような気もするわけだ。

それでも報酬はクライアントさんから頂いている。純粋に、音とそれを構築したという技術に対しての報酬だ。

そうして個人的満足感は、自分のまったく知らないところで、無記名の音が聴かれ歌われている、という事実のみでじゅうぶん得られる。

見過ごされがちだが、覚えられて歌われる、ということは実はすごいことなんである。ある種の刷り込みに近い感覚、というか。人の脳の中に、そうして無意識に浸透する、脳細胞を構築する一部分になる、ということが。

名乗って得になるのなら名乗ればいい。だけど、とりあえずオレは、自分のメロディを口ずさんでる子供の前に行き「それオレが作った」なんて野暮なこと言いたくないけどな。だってその子供は、それからというもの、そのメロディ歌うたびオレの顔思い出すんだぜ?

ちょっと遠慮したいな。


*1:過去ログのある記事で、実際にそういうことを行なって情報の流れを確認した、と書いた。今回、も少し具体的に書いてみるが、つまり非常にマニアックな詳細データを無記名でネット上に大量に流し、それ以前に常識となっていた概念と価値観をひっくり返したのだ。これは痛快だった。今でも思うね。「オマエラできるもんならやってみろ」って言いたいね。笑

*2:オレの音楽はそんなに知られてるのはないが

|

2007年7月28日

ありのままの自分を受け入れられると努力しなくなる

オレの父は家庭内では理不尽な絶対的権威を振りかざしており、子供の頃からオレは全否定され続けてきた。両親の間で争いは絶えず、オレはどちらかの味方になることを常に強要された。そんなことから、ありのままの自分を全肯定されて受け入れられたい、と常に願うようになり、人の顔色を窺うことなく自由に自分の意志のみで行動したい、という望みを持っていた。

自分は天才なのだからいつかきっと、と無理矢理自分に言い聞かせたが、それでも常に劣等感に苛まれ、自分が最低の人間であるという思いもなかなか消えず、辛い学生時代を送った。

成人した頃、まったく幸運であったが、ありのままの自分を受け入れてくれる存在と出会った。この上なく幸せな気分であった。人生の中で生まれて初めて自分が認められ思い通りになったのだ。オレは有頂天になり調子に乗り徐々に傲慢になり、やがて慢心し、気づくとすべての仲間は去り、習得した技術も衰え、感覚も鈍り、外見も激変し、最後には恋人も失い、奈落の底へ突き落とされた。

ありのままの自分を受け入れてくれるはずの人は、ありのままに振る舞った(つもりだった)自分に愛想を尽かし、去った。「あなたがいないとどうして良いかわからない」とまで言ったその人は、出会ってから3年後の冬に、あっさりとオレを捨て、くだらない他のヒトに乗り換えた(事実、最低のヒトだとみんな言っていた)。

これは未だかつて経験したことない、オレという存在の全否定だった。

これを機会にオレは自分をしっかり見つめ、何が違っていたのか、どこから道を外れてしまったのか、冷静にじっくり考えた。

そして、ありのままの自分を受け入れてくれた人に会う直前の自分が、それまでの人生の中で最高に輝いていた時期にあったことを認識した。

それは一晩でそうなったのではなく、日々の努力とか貪欲さとかによって徐々になっていったものだった、と気づき、また自分自身のことであるために、客観的に自分自身の位置、状態、レヴェルを確認することができず、結果、自分を見誤ったのだと理解した。

また、自分自身の人生で最高地点、と思っていた状態も、実は世間的には、てんで大したことがない、とるに足らないレヴェルであると認識、たかだかそんな状態で有頂天になっていた自分を心から恥じた。

そこからオレは、まず、ありのままの自分を受け入れてくれた人に出会う直前の状態(自分自身の最高の状態)に自分を戻し、そこから改めて進み始めようと決め、それを実行。そして今の状態がある。

今思うと、ありのままの自分、という言葉はとてつもなく甘い罠だった。オレは生来の怠け者であり、何もしなくてよい理由を常に探していた。努力をやめても良いきっかけを待っていた。「ありのままのあなたで良い」という言葉は、そんな自分に格好の正当さを与えた。そこに加え、かつてないほどの地位を与えられたことによって逆上せて冷静な判断力を失っていた自分もいた。

ふだん武器を持ち慣れていない人が、持つとどうなるか。普段、権力とは無縁の人が、持つとどうなるか。普段、お金とは無縁な人が...。普段、異性とは無縁な...。以下略。

今、いろんな人々をみるにつけ、その時の自分を重ねてみることも多い。「この人は持ち慣れないものを手にし有頂天な状態にある」とか、「権力を手にし横暴さが現れつつある」とか、見えてしまう。それはオレだけではないだろう。

世間の人々の直感は鋭いよ。怖いよ。簡単に見抜き、あっさり切り捨てるよ。小さな狭い世界で絶対的に振る舞っていても、それは、外の世界からみれば、他人がみれば、子供が駄々をこねているのと同じ。その世界を失えば以前の自分に、いとも簡単に戻るのだ。竜宮城。

玉手箱はすぐ横にある。気付かないけど。


追記。

これを書くに当たりなんとなくインスパイアされたエントリ


バリエーション的格言。
もともと特別なオンリーワンと言われたら努力しなくなる。

|

2007年7月23日

サザエさん音感優劣選定作戦

ひょんなことから、十数年ぶりにテレビアニメの「サザエさん」を見た。 お馴染みのオープニング。続けてテーマソング。


きょうもいい天気ーーー♪

って…。

まだ、そのままなのかよっ!!!!


その、その、その、

最後の超微妙な転調(笑)は、なんなんだよっ!!

メインテーマなんだから。

治せよっ!

しかし。

久々に何も変わってなくて嬉しかったぞ。いつ見ても同じ世界がそこにある。永遠に変わらないサザエさん。


そしてそれは。

メインテーマのエンディング編集部分も同様であった*1

こうなるとあれだ。

これで音楽教室とかで、生徒のクラス分けとかしてるんじゃん?
とか勘繰りたくなる。


「はい。今の音楽で何か変だと思った人ー!」
「よーし。わかったあなたはこっちのクラスだからね♪」


友人達との会話でも微妙なずれが生じるんだろな。

「あれ最後、変だよね?」
「え?どこがー?」


残酷だな。

こうして能力の違いを見せ付けられるんだな。


*1:今さら説明不要なくらい有名だけど、歌が終わったあとのコーダ部分(提供に差し掛かる前)に、別テイクを編集で繋いだと思われる箇所がある。その両テイクのピッチ(おそらくテープスピード)がほんのわずかながら異なるため、聞く人によっては恐ろしく気持ち悪く聴こえる。

|

2007年7月16日

CMタイアップのお知らせ。

ついに解禁ですー。

派遣会社インテリジェンスのCMタイアップが決まりました
http://www.inte.co.jp/corporate/corporate/about/cm/index.html

4番目、新庄さんの下。

作詞/ピロリーナさん。
作曲/わたし。

うた/ピロリーナ

曲は「ひろ 3/4」。

です。


長崎に来ていちばん最初に完成した曲ですね。

全長版はこちらで聴けますYO
http://www.myspace.com/karakawa

既に土曜日より放送中。
まず東北地区からということで、
その後、エリアが増えるかもしれません。

放送地区が増えたらまた告知しますね。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年7月10日

人生は言葉に引っ張られる

オノヨーコ氏が昔言った言葉の意訳です。

暗いこと、悲しいこと、ネガティヴなことを口にすると、
実際にそのような世界になってしまうから、
極力言わないようにしている、ということです。

たとえば、とっても疲れたときに
「疲れた」と実際口にしてしまうと
本当に疲れてしまった気がする。

言わなければ耐えられる気がする。

つらい、も、悲しい、もそう。

逆に嬉しいとか楽しいとか。
こういうことはどんどん言いたい。



昔ここで書きましたが、
歌詞を書くときにはそれを強く意識してる。

言葉を選ぶ時に否定的な言葉とか
あとは、断定とかも避けるかな。

し、

あとは、自分の言葉で書くようにもしてる。

たとえば以前書いた例では
なんとなく「年の瀬」と書いてしまったが
嫌だったのでリメイクで「年末」に直した。とか。

歌だけで使うフレーズとか、
小節めいた言い回しとかなんか嫌なんですよ。

自分が実際に話すみたいに歌詞を書きたいわけです。

どっかから引っ張っては来ない。
自分が実際にそう言うかどうか。

これが大事なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 4日

自分の存在の証が欲しいのです。

前回の飯島さんのエントリに関してもうひとつ書いておく。
Apple .Mac

(飯島さんの元記事が消えたので参考のためこちらをどうぞ)

ここで興味深いのは、達郎氏と製作したと言われるデモの存在だ。


オレも、それほど多くはないが、女性ヴォーカリストなどのプロデュースやアレンジなどやっている。アーティストと称する方々も実際は歌詞を書き歌っているだけ、ということも多く(別に悪いことではないが)、作曲アレンジプロデュースはこっちがやる、なんて事は多い。

この時点で、その子はオレにとってのコンテンツとなるわけだが、その扱いは非常に難しい。どうすれば喜んでもらえるか。相手の望む形にしてあげられるか。
こっちだって仕事だ。相手が満足できなければ仕事は出来ない。しかも、相手はアーティストと言う実に微妙な存在。

実際にオレは、アレンジプロデュースをした相手に「これのどこに私がいるの?あなたが居なければこういう形に出来ないってことは、これは私の作品ではないってことです。これは自分ではないです!」と、キツーク言われた事がある。

先日コンテンツを産む機械の話を書いたが(続き執筆中)、自分がそうされると不快なくせに、人にはしてしまうという、これもまた因果応報だね、と。

さて飯島さんの事例に戻るが、達郎氏だって好き勝手にしたわけではないと思う。ただあの方々(大瀧さん等)は、とかく自分色に染めるサウンドを売りとしてるところがあるので、誤解を生みやすいということはあるだろう。飯島さんの楽曲と声質、メロディライン等、綿密に分析し練り上げて、最良と思われるスタイルで提供したのだろうと想像する。

それでも飯島さんは「ここに自分が居ない」と感じた。それはアーティストとしてだけでなく、一個人としても実に真っ当な主張だと思う*1


自分が存在する証。見たいのは明確な自分印というハンコなのだ。


このエントリを考えている最中、奇しくもこんな記事に当たった。
若者はなぜうまく働けないのか? (内田樹の研究室)

これは労働に対する価値観の世代間の違いについて述べたものだと思うが*2、それは音楽をやる人間でも変わらないのだ。

達郎氏も自身のエゴのために製作したわけではないと(オレは本人ではないが)思う。自分が望まれていること、消費者のニーズ、商品としての完成度、アーティストの魅力を最大限生かすこと等、綿密に練り上げて一級品を創り上げたとしても、飯島さんが「そこにまったく自分のニオイがしない」と思いダメダシしたら、その感覚が優先するってことだ*3

完成品のなかに、自分自身の姿をほとんど見つけられなければ、自分印のハンコをポーンと押し、胸を張って人に公開するなんてことは出来ない。

いや。出来る人もいる。

しかし。

そんなの嫌だ、という人を責められない。責める筋合いもない。


これくらいデリケートだということだ。

そしてこれはアーティストに限らず、今の世の中全体がそうなっている、ということでもある。
欲しいのは報酬だけではない。それプラス、明確な「自分印」なのだ。それがあってこその存在理由であるし、やりがいなんじゃないか。


追記。
飯島さんの元記事が消えたので参考のためこちらをどうぞ。
アニオタフォース: 夕刊フジの記事に噛みついた飯島真理さん

関連エントリ。
当世プロデューサー論- POP2*0



*1:正確には、独立、という、より自分の本質を求める過程に於いてまで、他人の色に乗っかり活動する、ということへの疑問だろう。素材として使われるのはもう十分やったよ、と。
*2:ブクマにも書いたが、てっきりオレは結論を読むまで、こうした時代の変化を指摘し、雇用側を批判してるエントリだと思ってたw
*3:彼女の過去の言動等で想像すると、自分という存在をかなり重要視してる方だと思う

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »