« Last 5 Years | トップページ | ポッドキャスト特別企画 ~ リハビリの軌跡 3 »

2005年10月26日

ポッドキャスト特別企画 ~ リハビリの軌跡 2

少年の10月

 

特別企画第二弾。
「少年の10月」はよそでもDLできるのですが
一応こちらでも上げておきます。

 

 

(下のバナーを iTunes にドラッグで Podcast に登録できます)

 

 

さて。
デジタルテープを使ったDA88のシステムに限界を感じ
遂にPowerMacG4でのHDDレコーディングへの乗換えを決意。
とりあえず「お試し」ということで、アレンジャーHW氏から
システムをそっくり丸ごと譲り受け、作業を開始しました。
(インターフェイスはMOTU。G4にはデジタルパフォーマ3が入っていた)

 

 

まったくのゼロから開始するのはちょっと大変だったし
DA88で使っていた 8mmビデオテープから
多数の素材を移さなければならなかったのもあって
まず作業はDA88とMacのシンクロから始めました。
この場合は DA88→Mac だからDAがマスターでMac側がスレーブとなる。
ビットレートあわせたりサンプリング周波数合わせたり
いろいろしなければならないことがありました。
どれも初めての作業でしたが、おもしろかったです。
サンプリング周波数変えると音程が変わったり
DA88でヴァリスピード変えると、Mac側の曲の速度も変化したり。
デジタルメディアのおもしろさを、たくさん味わった。

 

8mmテープから移動した素材は、ほとんど過去の完成品でしたが
唯一「少年の10月」だけは、メインヴォーカルが入ってなくて未完成品だった。

 

これは、こちら でちょっと書いたとおり
もともと東放学園実習用に創ったカラオケだったからなのです。
なので、最初創った時から
これにリードヴォーカルを入れるつもりがなかったんです。

 

で、僕の真髄としてはやはり「歌うたい」であるし
その作業がちゃんとできなければ始まらない、と。
まず唄録れ、話はそれからだ、ということで
この「少年の10月」カラオケバージョンに歌を入れることにしたのです。

 

そもそもそういうテスト的な企画で始まったので
これの唄録りではいろいろなことを試しました。
もちろんAutoTuneもかけたし、ファイルも細かくシフトとか
修正とか、ともかくできること全部やったな。
使い倒さないとツールは覚えないし。

 

それでDP3の可能性とか、エフェクトの色具合とか
ミックスの感じとか、いろいろ掴んでいった。
自分の演奏を目で見るファイルや波形として実際見たのも
この曲が初めてだった。
なるほど、なるほどー、って感じでおもしろかったな。

 

 

ということで、一通り好きなことをやりつくして
それで、次への作業に進んでいったわけですね。
あくまで「実験」と思っていたので発表の計画はなかったのさ。

 

それが ここ で書いたとおり「To ME」のリマスターの時に
「そうだ。これボーナストラックにしよう!」と急に思いついて
めでたく公開の運びとなったわけです。

 

 

以前から僕のことをご存知だった方には
僕の代表曲は「少年の10月」だ、と今でも言われます。
でも、これはスタジオバージョンが長らく存在せず、
ライブでしか聴けない曲だったんです。
そのスタジオバージョンが完成して、
みんなにも聴いてもらえるようになった、というのは
すごく良かった、と今思う。
新たに出逢った人とかも「To ME」収録のこの曲を聴いて
イイ!と言ってくれたり。

 

自分の中では、古い曲だしと思って
正直この曲に対する興味は薄れてました。
それが、新しい人たちに聴いてもらったことで
自分の中でのこの曲の位置がまた新しくなった気がしたのです。

 

そういう意味では「To ME」に収録して本当に良かった、と。

 

つまり、この時に作業しといてよかったな、と。
このシステム移動の時にテストでこれを使ってなければ
恐らく「少年の10月」は完成してなかっただろう。
それはホント。大げさじゃない。私リメイクってしない人だしぃ~。笑

 

ということで、HDDレコーディングでよみがえった曲、ですね。

 

 

それではまた次回。

|

« Last 5 Years | トップページ | ポッドキャスト特別企画 ~ リハビリの軌跡 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Last 5 Years | トップページ | ポッドキャスト特別企画 ~ リハビリの軌跡 3 »