« what's new | トップページ | Streaming Zep 終了 »

2005年7月30日

NS10Mをテンモニ化

ns10m1
おなじみ、蛍光カエルさんが乗ったNS10Mでありますが。
なんと先日ツィーター(片方)をすっ飛ばしてしまったのです。
20年間使っていて初。

なぜそんな事になったかというと…。
マイクが生きていたのに気付かずに、
ミキサー卓のフェーダを思いっきり上げてしまったんですね。
だはは。
もちろん華麗に大ハウリング。
そりゃあもう。超大爆音でしたよ。
近所中、どうした!!??と思ったことであろう。


それで。早速ツィーターを注文しました。

box
で、届いてみると。
10M無印じゃなく 10M-STUDIOのツィーターでした。
そりゃそうだよな。
オリジナルのツィーターが今どきあるはずないんだ。
しかし届くまで気付かなかったyo 笑
2個頼んでおいてよかったです。
危うく左右で違うツィーターになるところだった。


ura
裏です。けっこう磁力、強いよ。


omote
箱から出したところ。
10M と 10M-STUDIO のツィーターは網目の形が違うんですね。


driver
ドライバーで旧ツィーターを外す。


handa
ハンダ付けの準備。
アメリカ軍が認めNASAで使われている!とかいうハンダです。
NASAの言葉に弱いな、オレはどうも。


hand
取り外した。この後コードを切って線を剥く。


done
無事取り付け完了。
網目が角張っていてカッコいい。
これこそテンモニ。ですな。蛍光カエル君も満足。


で、肝心の音なんですが。
無印10Mと比べると上品になっています。
高域特性変えたんだと思う。

10M-STUDIOが出る前は、10Mの高音がキツイってんで
ツィーターの前に布とかティッシュを貼って聴いてる人が多かったんです。
その辺の特性を改良したのが、10M-STUDIOってわけですね。


ということで綺麗に鳴ります。
なかなかよかよ。

|

« what's new | トップページ | Streaming Zep 終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« what's new | トップページ | Streaming Zep 終了 »