« 「英語であそぼ」のミクおねえさん… | トップページ | キーボード DAY »

2005年2月26日

羽生未来さん続報。など。


思いのほか暖かい反応で救われます。

ファンサイトの書き込みも。
ttp://su.valley.ne.jp/~yutaka/miku/miku.html

それにしてもネットでの反応。すごいです。
昨日から今日に掛けていろいろ見ていたんですけど
書き込みしてる人たちもみんな言ってるけども、
ほとんど誰も煽ったり叩いたり騒いだりとかしてない。
ありえません。普通。
みんな好きだったんですね。
こんなに知っている人が多かったというのも
驚きです。

10年前、英語であそぼを見ていた人たちが
ちょうど今20代〜30代っていうこともあるでしょうね。
あと、ベネッセのとかワイワイキッズとかで
知っている人も多かったんですね。
この隠れた知名度も私はとても嬉しかったです。
未来さんの歌ったキャロルキングと英語の数え歌は
一生忘れません。心からご冥福をお祈りします。


そんなんでかなりの凹み具合でしたが
昨日、最後の歌を録り終えました。
既に水曜日、録音が済んだ部分だった(Dメロ)んだけど
全体の歌詞の中で、一番キモなのがDメロ部分だということに
その後気付きまして、こんな歌ではアカン!と
昨日改めて録り直したのでした。
その部分のハモリも
微妙にアウト・オブ・スケールになっていたので
正しく付け直し。なんとか上手くいったと思います。

ABC-ABC-D-Cとかある場合、歌詞のまとめはどうするか
いつも迷うのですが、私の場合はだいたい2番と
Dメロで言いたいことを言う、というのが多い気がします。

これって、実際に話すときと一緒なんですよね。
「これこれこうだけど、あれだよな」という感じで
結論は中盤くらいに話します。
なので、せっかちな人を相手に話すときは
話の内容が通じないこともあります。

人が喋り終わらないうちに話に割って入るような相手だと
私の言いたいことはまったく伝わらないんですね。

おもしろいもんですわ。

|

« 「英語であそぼ」のミクおねえさん… | トップページ | キーボード DAY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「英語であそぼ」のミクおねえさん… | トップページ | キーボード DAY »