« カブトムシ | トップページ | マイナーの曲 »

2005年2月11日

がんばった自然体

曲を作るときの話です。

本当の自分らしさが音楽に反映されるとき。
それは「素直に作ったとき」だろうと思うでしょうね。
ところが僕の場合、とっても自分自身に素直に作ると
とてつもない駄作になってしまうらしいのですよ(笑

大昔の僕の曲に「真冬のエスキモー」というのがあります。
ほとんどヒネらず、思いのまま感情の赴くまま作ったのです。
これを作っているときは、本当に自分は楽しかったし
最高だと思って乗って創っていたし、出来たときも
「ヤターー!」と思ったんですよ。
ところが誰一人「良い」と言ってくれる人がいなかった。
ちょっとショックでしたが
「まだまだ自分の技術が及ばないんだな…」と自分を慰め、
その後、精進に励みました。

でも何年たっても、何度聞き返しても
いまだに僕自身は「真冬のエスキモー」が大好きなんです。
でもあいかわらず誰も「良い」と言わないんですね。

同じような感じで、素直に作ったのが数曲あります。
たとえば「へい獣処理場のテーマ」とかがそうなんですが
これは人気があるのですよ。「悲しみのモニカ」とかもそう。
自分も好きだし、人にも良いと言われる曲なんです。

実は、この両者には違いがあるのです。
「エスキモー」はメジャー(長調)の曲で
それ以外は全部マイナーの曲なんですよね。

それでなんとなく判ったのは
自分にはメジャーの曲を「適当に」創る能力は、
どうも無いらしい、ということでした。
僕がメジャーの曲をマトモに完成させるためには
けっこう頑張らないとだめなんだな、と。

仕事でも何でもそうだけど
好きなことと向いてることは違うとか
よく言いますよね。

僕自身はメジャーの曲が好きだし
ちゃんと創りたいと思っているのですよ。
でも自分に素直に創ると、まったく受け入れられないので
練って推敲して頑張ってしまうということですね。

でも出来たものは、音だけで聴くと
とっても自然体っぽく仕上がってるのです。

やっぱり自分自身をしっかり見せて伝えるためには
そのための努力が要るってことなんでしょうね。

|

« カブトムシ | トップページ | マイナーの曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばった自然体:

« カブトムシ | トップページ | マイナーの曲 »