« 必要だと思ったものは絶対すぐに買うべき! | トップページ | 山田ズーニーさん »

2004年11月 8日

Drumer だった自分

日頃OS9の文句ばかり言いまくってるけど
少しは(爆笑部分)良いこともあったよ。

去年8mmのデジタルビデオを買って
パソで動画を作る環境が出来たでしょ?
バンド時代のライブ動画が大量に作れたのは
G4にその環境が整っていたからに他ならない。
iMovie はとっても使い勝手の良いソフトだったし
(取り込みと編集はまったく無問題だった)。
大量動画エンコードで、とてつもない苦労を経験してなければ
Windowsに逆スィッチしようと思ってなかっただろうし。
今Winで、スコスコ動画作成できるのも
G4時代の苦労や試行錯誤があったからであるし。
そういう意味では大変お世話になったのである。
(ちなみに今でもReal動画作るのはMacでやってる)


で、本題なんですが
僕にとってはバンド時代=ドラマー時代な訳で
あんまり触れたくない過去だったのよね。
同じバンドの某Bassistもそう思ってるようである。

でも去年FLAT(最後にやったバンド)の営業ビデオ
大量に見てから、気分が変わったのだよ。
まず音が良かったんだよな。自分のDrumsの音が。
今そのまま使えそうな音してるわけさ。
バンドもまとまってたし。
というか楽器担当3人しか居ないんだから
手抜きできないんだけどさ。Zeppelin状態。

バンド時代の動画作りは去年秋いっぱいかかった。
だってぇーーOS9様ったら100万回も再起動させるんですもの。

で、今年になって新曲の打ち込みを始めたとき
ドラマーだった自分の感覚が蘇ってることに気づいたのだ。
もう今は実際のドラムを叩く気もあまりないけど
でもシャドープレイの感覚というか
センスはどどどーっと思い出したのよね。
感覚は目覚めると早いね。
いろんなバンドのライブビデオとか見ても
Drumsとかにも耳が行くようになった。
つまり以前は避けてたわけだよ。すごいねえ。

人は知らないうちに、こうやって
ヴェールに隠してしまう部分とかあると思う。
嫌なことには耳を塞ぐ~って感じで。
でも、こうやって「開いてみる」のも必要だったか、と。
今さらながら思うわけだわ。

|

« 必要だと思ったものは絶対すぐに買うべき! | トップページ | 山田ズーニーさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 必要だと思ったものは絶対すぐに買うべき! | トップページ | 山田ズーニーさん »