« 歌える自分を誇りに思う | トップページ | Vocal 録音のキモ »

2004年6月17日

帰ってきたウルトラマンの歌

を、むかし友だち数人で歌ってたとき、最後の
「帰ってきたぞ、帰ってきたぞ、ウ〜ルトーラーマ〜ン♪」
の「ウ〜ルトーラーマ〜ン」の部分で、
誰も主旋律を歌わず、全員下のハモリパートを歌ってしまい
みんなで大爆笑したことがある。

アレは主旋律(上のパート)がリードヴォーカルで
下のパートは児童合唱団なんだが、その下のパートが
妙に目立つんだよね。
しかも友達は全員音楽関係つながりだったから、
この歌を歌い始めたときから、もう
それぞれが、自分こそあの下のハモリを歌うのだ!と
密かに心に決め、虎視眈々と狙っていたはずなのだ。
その顛末が、全員ハモリしか歌わなかった、
ということで見事なオチになったわけだが。

これって割と頻繁にある話で
ほかにも有名な曲(隅田川とか)でなら
じゅうぶん起こりうる話である。
もちろん初めから決めていればそんなことはないが
盛り上がった場でいきなり誰かが歌いだしたりすると
みんな唱和した段階で全員ハモリだったとか、
よくあったりする。
別に童謡とかじゃなくても
ビートルズの曲とかでもある。

ハモリや対旋律が目立っていて
メインを食っているというのは
自分としても好きなパターンなんだが
これを実際作るとなると、なかなか大変なのだ。
別に作ること自体はそう難しくもないけど
判断に迷うのだ。
当たり前の話だが、曲を作る場合、
主旋律も自分が作っている。
一生懸命考えて作った主旋律。
かわいいじゃん。
で、それにハモリを付ける。
ついつい印象的でカッコイイハモリにしてしまう。
結果、主旋律を食ってしまう。
あー、あんなに一生懸命作った主旋律なのに
目立たなくなってしまったのね、と。
そういうジレンマに陥るのだな。

特に自分でコーラスをつけた場合、
プレイバックしても、どうしても
その部分に耳が行きがちで、
いくらバランスを下げようとも
なんかコーラスのほうが目立ってるなー
ってなってしまう。

これも一人でやっている弊害だろうね。
誰かにジャッジして欲しいとすっごく思うね。
特に歌録りのときには強く思う。

監督とエディタの関係みたいな。
オレはやるだけやった、
あとはオマエが好きにブッタ切れー…みたいに。
お任せできればどんなに楽かと思うな。
でも、結局満足できずに
全部自分でやり直しちゃいそうだな。はは。

|

« 歌える自分を誇りに思う | トップページ | Vocal 録音のキモ »