« フィルコリ | トップページ | とはいうものの »

2004年6月 9日

8ビートは頭2拍で決まる。

このとおりです。
「愛の休日」で確認してみましょう。
2番ドあたま Drumsがインテンポになって入ってくる場所、
歌の出だしの「Ho〜」が2拍目です。
この場所にはスネアがあります。
パターン「ドッスコ・ダ」の「ダ」の部分です。
素晴らしいです。
この「ドッスコ・ダ」たった二泊だけで
このドラマーが素晴らしいということがわかります。

フィルコリの項で
8Beatについてちょっと書きました。
ロックの始まりの経緯からすると
やはり肝は8Beatだと思われます。
これが不得意だとちょっときついかな。
なので気にするようになったのだと思います。
気持ちの良い8Beatはトリップできます。

先に述べた二拍目までのタイム。
これのタイムが素晴らしい人は
優れた8Beatドラマーといえます。
オフビートが命、究極のエイトビートってわけ。
リンゴスターは実にこれが上手いんです。
左利きだねぇ。二拍目スネアの位置は利き腕。
同じ理由でポールもなかなか。
リズム自体はモタモタだけど
例えばComing Upのスタジオバージョンとか。
二拍四泊のスネアがビシッと見事です。
ストーンズのチャーリーワッツは
多分それを判ってたんじゃないかと思う。
おなじみの二拍四拍ハイハット抜き打法は
彼なりにそれを研究した成果だと思う。
クレバーだねぇ。感心します。

僕は基本的にジャストの人が好きなんだけど
この2拍目が決まっているなら、
リズムがむちゃくちゃでも
それほど苦にはならないらしいと気付いた。
これに気付いたのはデニス・ウィルソン(BB5)のおかげ。
リズム感もテクニックもめちゃくちゃだが
二拍目スネアは神がかり的素晴らしさだと思う。
なんと彼も左利きだ。
ビーチボーイズは彼のおかげでロック足りえた。
彼亡き後、グループが崩壊したのも必然だろう。
彼がいなけりゃ、ただのナツメロだ。

同じようなスタイルではELOのベヴ・ベヴァンがいる。
彼もバタバタ系だが妙にカッコイイ。

ビルブラフォードのスネアも見事ですね。
その音色といい、芸術の域でしょうね。
ただ彼は不可能に挑みすぎました。
明らかに彼にとってクリムゾンは
オーバースペックです。
はっきり言うと彼はクリムゾンを叩けてません。
UKもです。YESにいればよかったのに。
テリーボッズィオのほうがはるかに良いプレイをしてる。
残念だけど。

サイモンフィリップスもまったくだめだなぁ。
コージーじゃない、ELフィリップスは見てみたかったけど。
ビートものは彼は向いてないと思うなぁ。
なので彼のTOTOも駄目。

ジェフポーカロはとてつもなく素晴らしいです。
テクニシャンの中で唯一ドライヴ感のあるプレイヤー。
本当に惜しい人を亡くした。

そしてボンゾ!
あの「Rock And Roll」を聴いたか!
8Beatをあのように叩ける人は他にまったくいませんね。
いません。神に誓って断言。

|

« フィルコリ | トップページ | とはいうものの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィルコリ | トップページ | とはいうものの »