« 晴耕雨読 | トップページ | ひとつ抜けた »

2003年8月29日

夏の終り

の締めくくりとして34度の気温の中、
府中&調布方面、米軍基地廃墟撮影の旅に行ってきました。
前々からずっと撮りたいと思ってたんだけど
なかなか行く暇がなかった。

最後に行ったのは2年くらい前かな。
味スタ(当時はこの名前じゃないけど)で
4人スマ(!)のコンサートがあった日。偶然前を通ったんだよね。
あれから2年だよ。良く残っていてくれた。
悠長な関東財務局には感謝だねぇ。

結構まわったけど 2年前ロケハンしていただけあって
思いのほか早く済んだと思う。
でもさすがに暑くて帰りはヘロヘロだったなぁ。

HP上にアップしようと思って撮影してきたんだけど
いざ撮ってきて実際に家でみると、
なんかこの場所にそぐわない感じもある。
なんとなく、廃墟って写真に撮るものではないのかも。
心の中に留めておけば良いというような感じ。
でも自分で撮影したということ自体は意味があった。
アップするしないに関わらず、画像を残せたというのが良かったんだ。

米軍基地跡地の中は時間が戦後から止まってるんだよね。
僕がその中から感じるのはノスタルジーとかなのかな。
広い道路とか、電柱とか。
家の形とか、昔の北海道で農地に入植した方々の
家や町並みに似ている感じもする。
戦前によくあった、べらぼうに巨大な建物とかね。
ああいう無意味にでかい建築ブツとかオブジェって
今はあんまりないから、凄くおもしろいわけさ。
当時は効率とか考えなかったんだろうな。
横田基地に感じるのもそういうところ。
飛行場がともかくべらぼうに広いし
建物の天井とかも、どれも凄く高い。
吹きぬけとかホールとはちょっと違うんだよなぁ。
ああいうところで戦前からの司令室を
そのまま今でも使っているのを見たりすると
(旧日本軍のものを接収して使用してる。すごい!)
外国人の感覚って違うな、とつくづく思うんだ。
資源を大切に使っているって感じ。
いいよね。

これで僕の遅い夏休みも終わり。
この2〜3日いろいろ出来て良かった。
また明日から通常作業です。

|

« 晴耕雨読 | トップページ | ひとつ抜けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晴耕雨読 | トップページ | ひとつ抜けた »