« 池田裕子さん | トップページ | 晴耕雨読 »

2003年8月 2日

歌手なんです

ちょっと前、腹痛に苦しんでいても
歌を録音してる時だけ痛みが消えるという話をした。

ピアノ弾き語りの練習をしたり
新曲を作って何度も仮歌を入れてたりすると、
だんだん声が枯れてきて、ヘロヘロになってしまう。
そのたび「あー俺も年をとったもんだな」とか思っていた。

こないだ新曲のVocal正規テイクを
ずーっと録音していたんだけど
歌えば歌うほど声が出てきて、
声質もどんどん良くなっていくことに気付いた。
びっくりしましたね(最近こればっか)。
「そうだったっけ???」とか思った。
以前の録音ではあんまりそういう記憶がなかったんで。
思い当たる理由は、ライブに向けての歌の練習で
発声方法とかが変わった、とかそれくらい。

不思議な感覚だったな。
これで良いのかな?
ここで無理して良いのだろうか?とか思った。
良いものも録れたし、
適度なところで切り上げたんだけど。

なんか、ここぞという決め所で
不思議な別の力が働いてるんだろうか。

自分が果たしてこれからどうなっていくのか。
ちょっとゾクゾクする体験だったな。

|

« 池田裕子さん | トップページ | 晴耕雨読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌手なんです:

« 池田裕子さん | トップページ | 晴耕雨読 »