« 自切俳人 ≠ 北山修 | トップページ | 歌手なんです »

2003年5月21日

池田裕子さん

が出てた(今は絵門ゆう子さん)。
なんかこの人も散々な感じだなぁ。
…とか言うと、ちょっとひどいけれども。

ひと月ほど前、胃痛に悩まされて。
もう痛くて苦しくてね。
なんだか判らないんだけど
ともかく1週間ずーっと痛いわけ。
結局神経性っぽかったんだけど。
マジで、もう治らないかと思った。
治ってないかもしれないけど。

あんまり気軽に書くような内容じゃないけど
ガンの人とかって、もう
ずーっと痛いわけだよね。ずーーーっと。
ともかく、ずーーーっと。
耐えられないよなぁ、とか思った。

その時ちょうど新曲を録音していて。
ものすごく苦しいんだけど、不思議なことに
Vocalを録音している時は大丈夫なんだよ。
というか、歌えるってことが凄いよね。
ちゃんと歌えるんだよ。
歌い終わると苦しいんだけど。

フレディマーキュリーとかもそうだけど
死に際にレコーディングとかしてたわけだよねぇ。
よくできるよな、とか思ってたけど。
実際は歌えるものかもしれないな、と思った。
精神力かドーパミンのせいか判らないけど。

裕子さん、今までのワガママな生き方を
反省したみたいなこと言ってたなぁ。
当時、周囲の反応もひどかったらしいし。

俺いつも思うんだけど
横山のやっさんにしてもジョンレノンにしても
死ぬ前は迷惑がって、死んでから神扱いするって
一体なんなんだ?とか思う。
裕子さんに対しても、なんだか
今日はみんな同情的だったけどさ、
相手が弱くなると認める(ふり?)っていうのって
なんか卑怯っぽくないか?
互角に勝負しろよとか思うんだけど。
それ以上に迷惑な存在だったんだろうか。
まぁ、俺だって彼らを相手にしろ
って言われたら出来ないかもしれないけどさ。
救う方法もあると思うんだけどな。
ブライアンウィルソンにとっての
ユージンランディ氏みたいな人の存在。

関係ないけど、結局ブライアンの作品て
ペットサウンズ以降は
ランディと組んだ作品しか良くないんだよな。
イマジネーションなんて駄作もイイトコ。
結局そう言うことなんだよ。
まぁ、それを差し引いても
彼が生きているってことだけで
じゅうぶん素晴らしいのだが。

池田裕子さんとブライアンウィルソンを
関連付けて語る日が来るとは思わなかった。

|

« 自切俳人 ≠ 北山修 | トップページ | 歌手なんです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池田裕子さん:

» 言葉 [Recording Daze 2]
絵門ゆう子さんが亡くなっていたことを昨日知った。最近はメディア露出もほとんど無かったけど僕らの世代の人たちにはとても強い印象を残している方だと思う。僕も以前日記で書いています。エッセイとか講演とかで随分元気だったから、なんとなくそのままずっと生き続けら...... [続きを読む]

受信: 2006年4月16日 09:14

« 自切俳人 ≠ 北山修 | トップページ | 歌手なんです »