« 2002年9月 | トップページ | 2003年1月 »

2002年12月31日

きたやまおさむ = 自切俳人 2

前にも書いたことだけど
あまりに慣用句と化してしまった曲とかは
頑張って探って、是非オリジナルを聴いて欲しいのよね。
プレスリーとか、昨日書いたフォークルとかもそう。
もうね。全然違うから。
たとえばね「あの素晴らしい愛をもう一度」とか
みんな歌うでしょ?今。
それだけ聴いて、こんなもんだと思って欲しくないのよ。
是非「加藤和彦&北山修」バージョンを聴いて欲しいのよ。
どんなにショボくても(笑)そこにあるのがロックだと思うんだよ。
俺はね。
オリジナルを聴くと世間一般の印象とは
全然違うことが判ると思う。

自切俳人名義でリリースされた唯一のアルバム。
今でも僕のバイブルのひとつだ。
昔の僕を知ってる人ならよく知ってるよね。
僕は今も忘れてないよ。
当たり前じゃん。忘れるわけないじゃん。
北山修氏は今でも僕の心の師匠のうちの一人ですよ。
そうです。まったく変わりませんとも。

| | コメント (0)

きたやまおさむ = 自切俳人

フォーククルセダーズが再結成してた。
僕はフォークルに関しては、それほど熱狂的ファンではないけど
北山修氏については、一時期マジで尊敬するアーティストの一人であった。
彼が自切俳人という変名でやっていたオールナイトニッポンも
ほぼ毎週聞いてたし、その名前で行っていた頃の
彼らの音楽スタイルも、とても好きだった。

いわゆる「フォーク」みたいなものは
好きじゃなかった僕でも
その良い部分だけ残してテイストを漂わせながら
新しい分野にした感じの自切俳人は、素直に聴けて
非常に好感が持てた。
その後も彼の著作とか作詞した作品とか
いろいろ探って行ったりした。

彼が自切俳人時代に提唱したのは
「シラケ世代の夢」かな。僕はそう思った。
僕は彼らの同世代じゃないし、当時はうんと若かったから
そんな荒唐無稽っぽいことでも素直に聴けたんだ。
臭さとかナルというものと無縁だったからなんだろな。たぶん。

そんなこと言うと、小田氏とかはどうなんだ?
とか突っ込まれそうだが、あの方は「素」なだけだから。
今も活動しているアーティストは、その辺上手く出きる人が多いと思う。
感情の表現方法が上手くなったんだろうな。音楽自体も巧みだし。

昨日放送されてたライブを見ながら
加藤和彦氏と北山氏のコンビって最強だったのだなと改めて感じたな。
メロディアスでありながら産業っぽくならないってのは
なかなかできないよな、とか思って。
端田氏も良い曲書くけどちょっと臭い部分もある。
加藤さんにはそれがあまりないんだよね。

北山氏、全然変わってなかったな
自切俳人のままだった。キャラも声も。
良い人がみんな辞めていく業界ってどうよ。
でも多分ね、彼の今の地位も相俟って
外からの方が影響力あると思うよ。さすがです。

| | コメント (0)

« 2002年9月 | トップページ | 2003年1月 »