« きたやまおさむ = 自切俳人 | トップページ | 山田ズーニーさん »

2002年12月31日

きたやまおさむ = 自切俳人 2

前にも書いたことだけど
あまりに慣用句と化してしまった曲とかは
頑張って探って、是非オリジナルを聴いて欲しいのよね。
プレスリーとか、昨日書いたフォークルとかもそう。
もうね。全然違うから。
たとえばね「あの素晴らしい愛をもう一度」とか
みんな歌うでしょ?今。
それだけ聴いて、こんなもんだと思って欲しくないのよ。
是非「加藤和彦&北山修」バージョンを聴いて欲しいのよ。
どんなにショボくても(笑)そこにあるのがロックだと思うんだよ。
俺はね。
オリジナルを聴くと世間一般の印象とは
全然違うことが判ると思う。

自切俳人名義でリリースされた唯一のアルバム。
今でも僕のバイブルのひとつだ。
昔の僕を知ってる人ならよく知ってるよね。
僕は今も忘れてないよ。
当たり前じゃん。忘れるわけないじゃん。
北山修氏は今でも僕の心の師匠のうちの一人ですよ。
そうです。まったく変わりませんとも。

|

« きたやまおさむ = 自切俳人 | トップページ | 山田ズーニーさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きたやまおさむ = 自切俳人 | トップページ | 山田ズーニーさん »