« 椎名林檎という名の壁 | トップページ | Last Tango In Paris »

2002年2月26日

Bass

差し替え部分のレコーディング無事終了。
メロディライン未決定部分の16小節間が
ずーっと仮フレーズのままだったのだが
メロディ決定に伴い
Bassも本チャンに差し替えたわけです。
当たり前ですが、ちゃんと弾くと
とてつもなく聴きやすくなります。

昔はドラマーだった俺だが、現在は
とりたててどの楽器が上手い、ということがない。
曲を創って歌う分にはそれほど弊害も無いけど
楽器を演奏した人なら判ると思うが
あの「演奏」という肉体的な運動は
実に刺激的で、忘れられないものなのだ。
ただ歌うだけも寂しいなぁと思ったり。
それに、自分の曲に自分の熱い演奏が入っていると
実にやる気が出る、というか燃えるんだな、これが。
生命が吹きこまれて行く、というか。
で、楽器演奏という分野を無くしてはいけないな
と感じた俺は
以前から好きだったBassという楽器を選択し、
日々向上に努めることにしたのだ。
本職ではないからテクニック的にはおぼつかないが
それでも独特のタイム感みたいなものは発生し
なかなか心地良い気分にさせてくれる。
そうしてある種の相乗作用により
楽曲自体のクォリティも上がってくるわけです。
いいよね。

|

« 椎名林檎という名の壁 | トップページ | Last Tango In Paris »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bass:

« 椎名林檎という名の壁 | トップページ | Last Tango In Paris »